1/700艦船模型用の滑り止め鋼板を複製して安価に使ってみる

現在、タミヤの島風を作っていますが、1972年のキットということもあり、かなりいろいろなところが端折られています。
甲板で最も目立つのは、やはりリノリウム押さえが無いのと、滑り止め鋼板の凹凸がなく、のっぺりしているということでしょうか。
今回作るに当たり、滑り止め鋼板を使って凹凸を再現してみることにします。

 

滑り止め鋼板の複製

購入した滑り止め鋼板は、ライオンロア製のLE700056という製品。
ライオンロアの製品らしく、かなり凹凸模様が細かく再現されています。
真鍮で、かなり薄くなっていますので取り扱いは比較的簡単そうかも。
写真のプレートは一度下記で紹介する複製処理をした後なので、水の汚れが付いてしまっていてきたなくなっていますが、凹凸模様には影響がありませんので塗ってしまえば大丈夫です。

しかし、問題は滑り止め鋼板が高い、ということ。
これ1枚で1000円くらいします…
しかも、模様に向きがあるため、切り出す方向が限られてしまい、どうしても無駄が多く出てしまいます。
貼る範囲が広いと、複数枚必要になってきてしまうんですよね。

そこで、どうにかこれを複製して使えないか、チャレンジしてみることにしました。
いろいろ方法がありそうですが、作業に時間がかからず、簡単に作れそうな瞬間接着剤を使った複製方法を試してみます。

用意したのは下記のものとなります。

・LE700056 滑り止め鋼板エッチングプレート
・おゆまる(相当品)
・タミヤ製ハケ塗り瞬間接着剤
・瞬間接着剤効果促進剤(スプレー)

1,おゆまる的なものでパターンを複製、接着剤を塗る

滑り止め鋼板の複製

今回使ったのは、「おゆまる」ではなく「かたとりまる」という、いわば類似品。
80℃程度のお湯に数分浸すと柔らかくなる熱可塑性樹脂をつかったもので、冷えると硬化します。
この樹脂がポリプロピレンのような性質で、瞬間接着剤が付きません。

柔らかくしたかたとりまるをLE700056に押し当て、モールドを転写します。
この際、しっかりと凹凸が付くように、また、模様がずれないよう、端から徐々に押し当てて広げていくといいと思います。
かたとりまるの表面が接着剤を弾くため、塗りやすくするように型を取り終えたあと、中性洗剤を使って洗っておくと次工程が作業しやすくなります。

型取りがおわったら、瞬間接着剤を塗布します。
広い面積に塗りますので、筆塗りタイプのものがオススメです。
薄く、かつ穴がないように均一に塗っていきます。
ブラシの先でぐりぐりとこすりつけるようにしてから均一に塗ると、樹脂が接着剤を弾きにくくなります。

2,瞬間接着剤を剥がす

滑り止め鋼板の複製

接着剤を塗り終わったら、しばらく放置して固まるのを待ちます…でもいいのですが、作業を迅速化するために瞬間接着剤効果促進剤をスプレーします。
一瞬で固まりますので、かたとりまるから取り外します。
取り外す際に注意することが、瞬間接着剤で作ったシートは折れやすい、ということです。
無理に力を入れるとパキッとすぐに折れますので、かたとりまるのほうを剥がしていく感じで、徐々に剥がしていきます。

これで、複製は完成。
実際にはりつけていきます。

3,貼り付け用の型を作成

この方法で便利なのは、パーツが透明であるということ。
つまり、貼り付ける対象物の大きさに加工がしやすいんですね。
また、接着剤が固まったものなので、カッターで簡単に加工できるのも便利なポイントです。

欠点は、曲げすぎると簡単にパキッと折れてしまうところ。
また、カッターで切り取るときは、刃を引いて切断しようとすると、すぐに切ろうと思う方向とは別の方向に割れますので、上から刃を押し当てて少しずつ切断する必要があります。

 

滑り止め鋼板の複製

まず、滑り止め鋼板を貼り付ける場所にピッタリと合う形に加工するため、模型の実寸台コピーを作ります。
デジカメを使って(出来れば歪みが少ないレンズがあると良い)模型を真上から撮影します。
レンズが1本しか無い、またはコンデジなどをお使いの方は、画角の周囲いっぱいまで使わずに、望遠気味にして距離を少し離してからレンズの中心部分で撮影し(画角の7割くらいで映るように)、あとで中心部分だけを切り出せば歪みは少なくなります。

次に、写真をPhotoshopなどに取り込み、船体以外の部分を消します。
この部分の加工が難しい場合は、模型を白い紙に載せて撮影し、コントラストだけ上げてそのまま印刷してもOK。
ついでに、加工がしやすいようにコントラストを高めておくといいかと思います。
加工がおわったら船体の左右ギリギリで画像を切り出し、dpiを船体の実寸サイズに変更、プリンタで印刷すれば等倍のコピーが作成できます。

※プリンタで実寸印刷するには…
画像の向きを、船体が横or縦になるように変更します。
つぎに、船体がギリギリ収まるサイズに画像をトリミングします。
最後に、船体の長さに合わせて、dpiを指定します。PhotoshopやGIMPなどがあると作業しやすいかも。
Photoshopであれば、画像解像度から再サンプルのチェックを外し、ドキュメントのサイズを模型の大きさに設定すればOK。
大型の艦はA4縦じゃないと収まらないと思いますので注意です。

4,切り取り→貼り付け

作ったコピーの上に複製したシートを載せ、切り出していきます。
滑り止め鋼板の模様には向きがありますので、向きには注意して下さい。
作業しやすいよう、向きを油性ペンなどで裏側にマークしておくと便利かと思います。

 

滑り止め鋼板の複製

実際に切り出したパーツ。
この精度で一発で切り出せるのは、瞬間接着剤を使ったシートならではの利点です。
真鍮製パーツだとフィッティングが大変そうですからね…

 

滑り止め鋼板の複製

船体への貼り付けは、流し込みタイプの接着剤を使います。
隙間がなくなるように、比較的多めに流し込みます。
この際、船体側のプラスチックが接着剤で溶けますので、上から押したりすると凹んであとが大変です。
硬化するまで放置しましょう。

また、注意点として凹凸があると綺麗に貼れませんので、甲板上の小物はすべて除去しておくことが必要です。
細かい部分を切り抜いてもいいのですが、それよりも別パーツで新たに作って固定したほうが見た目も良くなります。
プラパーツを滑り止め鋼板上に固定する場合は、プラスチック用接着剤だと強度が足りませんので、瞬間接着剤を使用してください。

5,着色

DSC_2166

上記の方法で作成、着色した滑り止め鋼板。
良い感じに模様が複製されています。

 

島風 1/700

こちらは実際に貼り付けた甲板部分。
ウェザリングを入れていますので、凹凸がより強調されています。

作例の島風はこちら→島風
1枚のエッチングプレートがあれば、何度でも作れますからコストパフォーマンス抜群ですね。

注意

一度型を取ったかたとりまるは何度でも使えますが、瞬間接着剤効果促進剤を使う場合は、毎回中性洗剤での洗浄が必要となります。
かたとりまるスプレーしてしまうため、次に塗ろうとするといきなり硬化をはじめてしまいます。

 

不幸型…もとい、扶桑型戦艦「扶桑」(フジミ 1/700 with エッチングパーツ)完成!

026

“主砲の火力だけは自慢なの。
……へ?防御力と速力?そんなの……欲しいけど……。”


「不幸型戦艦」とも言われる、扶桑型戦艦の姉のほう、扶桑。
艦これではドロップしやすいように、レア設定が低くなっていることもあり、最初に入手した戦艦が彼女、という方も多いと思います。
ウォーターラインのキットとしては、フジミからは昭和10年、16年、19年の3つのバリエーションモデルがリリースされています。
今回製作したのは、昭和16年、1941年の最終改装の一つ前の状態となっています。
レイテ沖に突入し凄惨な最期を遂げた際は、至る所に機関銃が増設されていましたが、1941年ではわずかに25mm連装機銃×4基となっており、外見としてはこちらの方がスッキリしています。

今回作成した扶桑は、キットが新しく、しかも細かさには定評のあるフジミ製ということで、かなりモールドも細かく精密な出来でした。
扶桑の艦橋の立体感を出す為、細かい箇所もスミ入れおよびウォッシングによる陰影の表現をおこなってみました。
グレー1色での着色だけの状態とは異なり、かなりリアリティが出たのではないかな、と思います。

使用したアフターパーツは、
・フジミ製 純正エッチングパーツセット
・フジミ製 純正木甲板シート
・ライオンロア 35.6cm真鍮製砲身セット
・ファインモールド ナノトレッド 大型艦ボートダビット、菊花紋章
・ライオンロア 艦名プレート
となります。
また、このほかに
・0.5mm、0.3mm真鍮線(マストおよびクレーンのポール)
・0.2mmピアノ線(艦首、艦尾ポール)
・0.05号メタルライン(張り線)
・極細チェーン(アンカーチェーン)
を使用しています。

フジミ純正のエッチングパーツは、もう少し真鍮板が薄くてもいいのでは…?と思うときもありますが、逆に分厚い分加工も楽なのはメリットですね。
特に、副砲が並んでいる関係で舷側のラインがかなり凸凹していますが、純正のエッチングパーツの手すりは折り曲げるところが薄くなっていて、綺麗に折り曲げることができます。
柱もちゃんと折り曲げるところに位置するようになっていて、このあたりは純正のエッチングパーツでないとなかなか再現が難しいですね。

 

1/700 戦艦 扶桑

前方から見た扶桑。
違法建築とも称される、高さ50mにも及ぶ艦橋がなんともステキです。
元々はここまでえらいことにはなっていなかったのですが、改装されるに従い、どんどん上に積み重ねられてしまった結果、ジェンガ状態になってしまいました。
※低いところからでは遠方の敵は水平線の下になり見えないため、主砲で射撃を行うには高いところに測距儀を設置する必要がある

一次近代化改装した際に艦橋の後部にある3番砲塔の向きを前に変更したため、主砲がブリッジに干渉しないよう、土台部分をえぐられた形となりました。
なんとも味がある、独特のフォルムです。
姉妹艦の山城は3番砲塔が後ろを向いているためこのような不安定な形状にはなっておらず、見分けるポイントとなります。

 

1/700 戦艦 扶桑

艦首部分。
アンカーチェーンはいつもながら極細チェーンを使っています。
ウェザリングはいつもながらのお手軽ウォッシングです。
艦首のポールは、0.2mmのピアノ線を使い、ピンバイスで穴を開けて埋め込んで固定しています。
真鍮線では柔らかすぎ、簡単に曲がってしまうため、ピアノ線のほうが強度があり折れにくいのでお勧めです。

マストについても同様で、真鍮線は0.3mmくらいが限度かな、と思います。
私はマストを自作する際、0.2mmの線を使う箇所はピアノ線をハンダ付けして使っています。

 

1/700 戦艦 扶桑

少し下から見上げたアングル。
おそらく、他の艦から見るとこんな感じだったと思われます。
高くそびえる艦橋が存在感ありまくりですね。
張り線は0.05号のあゆゲッターメタルラインで、直径0.03mmです。
メタルラインだと、このように重力でたわんだ状態を再現できるのがいいですね。
ただし、激細なので表面積が少ないため接着剤があまり付かず、強度も頼りなく作業には相当気を遣います。

 

1/700 戦艦 扶桑

煙突は純正のエッチングパーツを使っていますので、かなり精巧にできています。
しかも、純正だけあって取り付けも簡単なのがメリット。
主砲を6基も積んでしまったため、甲板上に置いてあるボート類は主砲が旋回する際に邪魔にならないよう、微妙な位置に固定されています。
探照灯はクリアーパーツだったので、裏面をシルバーで塗装してから、グレーで塗装し、内部が反射するようにしました。
ただ、つや消しを吹いたらあまり光が目立たなくなってしまった気がします。

 

1/700 戦艦 扶桑

後部艦橋付近にある高角砲ですが、主砲を避けるためかかなり高い位置にあります。
後部艦橋の付け根の、下の方に写っている白いイモムシみたいなのはボートの幌です。
本当は骨組み状態にしたかったのですが、スクラッチするととてつもなく面倒そうなので、キット付属パーツを使ってしまいました。
他の艦船では、旭日旗を付けるとすぐに切れて無くなってしまうので旭日旗は付けないのですが、今回は旭日旗を掲揚してみました。
やはり日本帝国海軍艦船は旭日旗が似合います。

第5砲塔左右にあるボートダビットは、ファインモールド製のナノトレッドに交換しています。
ナノトレッド、一度使ってしまうと戻れません…
特に、ボートダビットはエッチングパーツだと薄すぎるので、ナノトレッドがとても良い感じです。

扶桑独特の、艦橋の根元がえぐれた部分が良いくびれになっているのが目立ちますね。
ちょっと古めかしい感じのする、舷側にずらっと並んだ副砲が特徴的です。

 

1/700 戦艦 扶桑

後部の水上機搭載場所は、エッチングパーツを使ってリノリウム貼りを再現しています。
リノリウム押さえの処理が、エッチングパーツを塗装したあと押さえの金具部分の塗料を削るだけでいいので、とても楽なのでいいですね。
キットに付属する95式水偵を2機搭載してみました。

 

1/700 戦艦 扶桑

後部をアップで。
95式水偵のプロペラはエッチングパーツを使用しました。
複葉機の翼を繋げるパーツは、取り付けるか迷ったのですが、主翼にパーツを取り付けるための大きな凹みがあったこともあり、エッチングパーツのあまりの部分を使って取り付けることにしました。
艦尾にある「うさふ」の文字ですが、ライオンロアのエッチングパーツを貼り付けています。
このパーツ、綺麗に取り付けるにはちょっとしたコツが必要です。
手すりの後ろの方にあるのは、救命具の投下装置だと思われます。

 

1/700 戦艦 扶桑

左右の舷側にある、アーチ状のものは折りたたんだボートダビットです。
甲板は木甲板シートを使っているので、とてもリアルです。
リアルな表現には欠かせませんね。
しかも、レーザーカットされているので、裏のフィルムを剥がして貼り付けるだけという、お手軽なのもとても良いところ。
ただし、厚みが0.5mm程度ありますので、違和感がないように甲板を削って下げておく必要があります。

 

1/700 戦艦 扶桑

艦橋ですが、かなりの高さ(50m程度?)があったんじゃないかなぁ…一番上とか、かなり怖そうです。
艦橋にある航行灯?は、台座部分にはキットパーツを使用し、上はクリアパーツのランナーを伸ばしてくっつけてみました。
結構良い感じだと思います。
艦橋と後部マストを繋ぐ張り線は、4本を平行に張る必要があるのですが、これがけっこう大変でした。
ナイロンラインのように、テンションをかけてピンと張るのであれば簡単ですが、自然にたわむようにすると、少しでも向きが違ったり、よれたりすると悲惨なことになります。
4本の線のたるみ方、間隔を均一にして貼り付けるため、複数回やり直しています。
横から見たときに、キチッと4本揃ってないと、見た目かなりバランスが悪いんですよね…

 

1/700 戦艦 扶桑

後部マストの上部ですが、図面をもとに張り線を行ってみました。
写真に映っているだけで、後部マストのみで24本、艦橋や艦尾のポールと繋がる線もすべて合計すると38本を接着しています。
エッチングパーツのクレーンのワイヤーがとても太く見えます。

 

1/700 戦艦 扶桑

正面から撮影してみました。
幅が広い船体に主砲がどーんと構えている構図は、迫力ありますね…

 

1/700 戦艦 扶桑
左舷前方から撮影。
戦時中はこまめに掃除や塗装する暇もなかったと思うので、かなりウェザリングをきつめにいれてみました。
ウォッシングしてウェザリングを表現していますが、コツは少し強めにいれておくこと。
最後につや消しクリアーを吹くと、つや消しの粒子と光の反射の関係で、色が少し薄くなって見えます。
また、ウォッシングをしていると溶けた塗料が筆に吸収されますので、この塗料を使うと微妙なグラデーションを表現することが可能です。
イメージとしては、最初に強めに入れた汚しの塗料を、溶剤を使って船体全面に薄くのばしていく感じです。
手軽に全体的に汚しを入れることができるので、お勧めです。

 

1/700 戦艦 扶桑

ほぼ真後ろに近い位置より。
あとから付けた水上機用クレーンの膨らみがかなり目立ちます。。
このクレーン、主砲を撃つときに邪魔になりますから、航海中は倒して格納していました。

 

1/700 戦艦 扶桑

最近作った、阿賀野と雪風を従えてみました。
やはり戦艦だけあって、存在感抜群です。
ちなみに、国産初の超弩級戦艦ということもあって、主砲を欲張りすぎた結果、いろいろ問題ありまくりな艦となってしまいました。

登場したころはよかったのですが、すぐに速度が遅いことも相まって使いづらい艦となり、停泊しているほうが圧倒的に多い、という悲しい結果に。
高速性を生かして機動部隊の護衛が可能だった金剛姉妹とくらべると、とても対照的。
主砲の配置の関係で改装しにくかった缶ですが、1935年にやっとてこ入れされ、40,000馬力から75,000馬力にパワーアップ、速度も24ノット超を出せるようになりました。

ちなみに、約40,000トンの扶桑に比べ3,000トンと1/13ほどの排水量の駆逐艦島風ですが、なんと出力は75,000馬力と扶桑と同じだったりします。
いかに島風のスペックが凄まじいか解りますね…

 

1/700 戦艦 扶桑

最後に、我が家のウォーターラインシリーズを一同に並べてみました。
左から、伊168、浦風、阿賀野、足柄、扶桑、まるゆ、大井、雪風、陽炎、子日となります。
まるゆ、一瞬縮尺が違うんじゃないか?!と思うくらい、ちっちゃいですね。

 

1/700 戦艦 扶桑

 

さいごに、扶桑の艦橋付近をもう1枚。
甲板が明るいので、ひときわ存在感があります。
実際にはもっとくすんだ色になっていたと思いますが、模型ですし、これくらい明るくてメリハリあってもいいかな、と思います。

以上、扶桑の紹介でした。

1/700 扶桑、徐々に完成

少しずつ進捗している扶桑ですが、やっと形になってきました。

扶桑

艦橋の張り線を終え、艦橋やら主砲やらを固定した扶桑。
このアングルから見ると、扶桑独特の不安定なパコダマストが際だって格好いいですな。
さすがは違法建築とか言われるだけあります。

姉妹艦の山城は下部がえぐれた形状にはなっていないので、高さはありますが安定感があります。
扶桑は主砲の向きを反転させた関係で、干渉する艦橋部分をごっそりえぐった形になっているため、かなりインパクトがあります。

 

扶桑

少し上から見るとこんな感じ。
艦橋や主砲などの構造物には、すべてウォッシングでシャドウを入れていますので、かなり立体感が出ていると思います。
塗装しただけではこの質感は出ませんので、手間はかかりますがお勧めです。

 

扶桑のマスト

0.05号のメタルラインを使って張り線を終えた、扶桑のマスト。
前部で27本の張り線を行っていますが、使っているのが0.03mm程度の極細ラインのため、スッキリ収まっていると思います。

 

扶桑のマスト

斜め上から。
しかし、この梯子を上まで登るのって、かなり根性いりますよね…

 

扶桑のマスト

出来上がったマストを船体に固定してみました。
やはり張り線を行うとぐぐっとリアリティ増しますね。

残るはカッターなどのボートの搭載、艦載機の搭載、手すりなどの装着、張り線、ウェザリングといったところ。
もう一息なので頑張りますよ~