カインズホームのロールカーテンを使ってサンルームの日よけを安価にDIYする

我が家にはサンルームがあるのですが、冬場はいいものの、さすがに日差しが強くなってくるこのシーズンは日よけがないと中は灼熱です。
プラスチック容器とか変形してるし、軽く50度くらいはあるんじゃないかなぁ…。
しかし、日よけを後付けするにしてもそれなりに高いし、なによりメーカー不明のサンルームなので、何が適合するかもわからない。
かといって、すだれを上に載せるのは見た目もダサいしやりたくない…ということで、安価なロールカーテンを使ってみることにしました。

あいにくの雨模様ですが、空が見渡せるサンルーム。
洗濯物もあっという間に乾きます。
冬はいいのですが夏は悲惨なのであります…
かといって、上にすだれやビニールシートかぶせるのもね…。

材料紹介

材料は全て、カインズホームで揃えています。

我が家のサンルームは、幅が3600mm、奥行きが1800mm程度です。
そこで、1800mm×2100mmの遮光ロールカーテンを2つ買ってきました。

遮光チェーン式ロールスクリーン 180×220 グレー

当初、チェーン式ではなくスプリングの力で戻るタイプのロールカーテンにしようと思っていたのですが、チェーン式の方がテンションを調節できるのと、引き出すのが楽なのでチェーン式としました。
長さは少し弛むことを考えても、2200mmあれば十分です。
夏の日差しを遮るため、遮光タイプのロールカーテンを選びました。

引き出したロールカーテンを止めるために、T字金具を購入。
ロールカーテンの終端にある、バーを引っかけるようにして固定します。

素材は一式購入して、約13,000円でした。

  • ロールカーテン 180cm×220cm 5,980円×2
  • T字金具(大) 4個セット 179円
  • 黒スプレー 198円
  • M4ネジ 18mm 8個入り 98円

組み立てに必要な工具はすでに持っているので予算には含んでいません。
ドライバー、ペンチなどのほかに、サンルームのアルミフレームに穴を空けるためのドリルが必要となります。

組み立てる

T字金具をこのような感じに折り曲げます。
折り曲げたところに、ロールカーテンの下部に付いている棒状のパーツを引っかけて固定します。

サンルームの壁側の部分のフレームに穴を空け、ロールカーテンを固定するためのパーツを取り付けます。
アルミ板が薄いため、裏側に補強のため金属製のプレートを挟みました。
固定用の金具と壁の間には、5mm~1cm弱の隙間が必要です。
壁ギリギリに取り付けてしまうと、ロールカーテンのフレームが取り付けられません。

ロールカーテンを取り付けてみました。
ちょうどピッタリでいい感じです。
開閉用のチェーンは、窓のアルミサッシに引っかけておく予定。

サンルームの庭側には、こんな感じで先ほど曲げたパーツを取り付けます。
金具の折り曲げた部分を、ロールカーテンの棒の隙間(ロールカーテンを巻き込んでいる部分)に差し込んで固定します。

ロールカーテンを展開してみました。
遮光タイプなのでいい感じに日差しをブロックしてくれています。
内側に付けるタイプなので、カーテンの上の空間は暑くなりますが、それでも無いよりは遙かにマシかと。

サンルーム内に物干し竿があるので開閉が少し面倒ですが、チェーンタイプなので先にカーテンを延ばしておいて、端を引っかけてからテンションを掛けるといい感じに取り付けができます。

ドリルは必要ですが、材料費は13,000円程度とリーズナブルで、作業時間も1~2時間くらいで取り付けできます。
これからのシーズンにオススメなDIYだと思います。

ワンバイ(1×4とか)を使って、ちょっとかっこいい、ゴミ収集箱を作ってみた

飼っている犬のほか、大型とかの保護犬が常に2~3匹いるので、毎日のゴミがすごいことになっています。
庭もドッグランというよりもトイレになっていて、大型犬の存在感のあるうんこさんがあっというまにそこら辺に…。毎日拾っても、よくこんなにうんちするなぁ…という感じです。

そんな状態なので、ゴミもすごい量が出る上に、臭うゴミが多いのです…。
ウッドデッキに置いていたのですが、外から見るとまるでゴミ屋敷なので、これはいかん!ということでゴミ収集箱を作ってみました。

どうせ作るなら、ある程度見た目がかっこいいものを作ろう、ってことで、安いワンバイ材を使うことに。
ワンバイ材というより、ツーバイフォー(2×4)とか言った方がわかりやすいかも。
2×4は幅89mm、厚さ38mmというように規格化されており、厚さ19mmのものはワンバイ(1×4とか1×6とか)と呼びます。
近所のホームセンターでは、1×4の1830mmのものが税別198円なので、かなりお安く買えます。

コンセプトは、なんちゃってウエスタン風。
中にゴミを入れる関係で、臭いがこもらないように、すのこ状にして通気性を確保。
中を水洗いできるように、底面には排水用のスリットを設けます。
内側のサイズは、幅120cm、奥行き55cm、高さ50cmちょいなので、満タンになった45リッターのゴミ袋が3~4個は入る計算です。

購入する材料

必要な木材は、PDFの図面に記入しました。
作る前にどのくらい木材が必要なのかを、Illustratorでシミュレーションすることにしています。
縮尺1/10で作っていますので、ご参考にどうぞ。

PDFファイルをダウンロード

※PDFに記載の寸法は、カットの誤差により5mm~1cm程度ずれることがあります。
現物合わせで調整が必要です。

底にする板は、ゴミ袋から中身が漏れ出ても、板にしみこまない、コンパネ用にコーティングされたものがオススメです。
防腐処理されたワンバイ材もありますが、高いので家で防腐処理したほうが安くすみます。
今回は、クレオトップ油性16リットル缶が家に買い置きしてあったので、それを使いました。

木材は飼ってきたら最初に防腐剤を塗ったほうがオススメです。
接合部などはあとから塗れませんので…。
乾くまで1日ほど放置しましょう。

作り方

正面、奥、側面、底、天板をそれぞれ個別に組み立てます。
その後、設置する場所にパーツを持って行って接合します。

底の板は、コーティングしてあるコンパネを利用しました。
ゴミから染み出た汚水が木に染みこむと、目も当てられません…。
真ん中の隙間は、雨水や中を洗ったときの排水溝。
隙間を均一にあける場合は、写真のように端材を挟むと便利です。

組み立てたパーツ一式。
実は、蓋のサイズを間違っていまして、このあとやり直しになる訳ですが…orz
設置場所にこの状態で持って行って組み立てた方が楽です。
組み立てるとそこそこの重量になりますので。

こんな感じで組み立てていきます。
内側からネジを使って留めているので、表からはネジは見えません。
天板は、若干斜めにしてみました…が、5cmしか高低差がないので、ほぼ意味がなかった感じです。

組み立てる時には、電動工具はあった方が良いというか、必須です。
木材のカットはホームセンターでやってもらえますが、現物合わせでカットすることも多いので。
コードレスのインパクトは必須です。ワンバイ材は柔らかいのでのこぎりで切っても良いのですが、丸鋸があると便利です。

完成写真

完成するとこんな感じ。
蝶番や取っ手など、なんちゃってウエスタンな感じに仕上げてみました。

DIYなゴミ収納箱

ゴミ収納箱ではなく、普通に物置としても使えそうなデザインになりました。
蓋は、幅を間違えたのでカットして1×4材を左右に付けてみました。結果としては、このほうがデザイン良かったかも。
ヒンジは小さくて強度が無さそうですが、とりあえずは壊れるまではこれで。
もっとしっかりしたウエスタン蝶番があれば良かったのですが。
天板の一番奥は、長さをミスって切ってしまったので、継ぎ足しています(泣

空けるとこんな感じ。
ほとんどのネジは内側から打っていますので、外側からは見えません(自己満足)。
木工用ボンドも併用しようと思ったのですが、先に油性の防腐剤を塗ってしまったため、くっつきづらくなったため、ネジ留めonlyです。
脚の部分にはレンガを入れて少し浮かせています。

このあと、防腐剤を2度塗りして完成です。

制作費ですが、材料が、木材と釘、蝶番、取っ手を買って、ほぼ1万円ちょうど。
製作時間は、朝9時から作り始め、完成したのが15時なので、昼飯と休憩時間を挟んで、実質約5時間程度。
全日の防腐剤塗装は別途1時間くらいだったかな。
電動工具フル活用なので、手でノコギリを使って切断した場合は、倍くらいかかるかも…。

ASUS RT-AC88UとRT-AC68Uを使ってmeshネットワークを組んでみる

我が家のインターネット環境ですが、光回線を引き込んでいるのが北西の2階の部屋で、部屋の中心からはだいぶ離れてしまっています。
このため、ルーターとは反対の部屋では電波強度がかなり弱くなってしまっていました。
さらに、テレワークということでVPNが設定済みのルーターを設置する必要があるのですが、テレワークは1階の南東の部屋で行うため、ここに有線LANを引かないといけません。

Wi-Fi meshとはなんぞや

そんな状況を一気に解決したのが、ASUSのルーターが備えている、AiMesh機能。
Wi-Fiルーターは中継モードを持つものも多く、また、安価なWi-Fi中継器も多数で回っていますが、やはりmeshには勝てません。
では、中継とmeshなにが違うの?というと、一言でいえば「同一SSIDのままWi-Fiエリアを拡張できる」点に尽きます。

今まではTPLinkのRE305やBuffaloのルーターの中継モードを使って無線LANエリアを拡張していましたが、これらの方法では、別のSSIDを使うこととなります。
そのため、2階の寝室では親機のSSIDに接続し、1階のリビングでは中継器のSSIDに繋ぎ直す…という面倒な手間がかかります。

mesh機能の良いところは、SSIDは同じため、スマホなどの無線機器が、自動的に電波が強いルーターに接続してくれるという点です。
いちいちSSIDを選び直す必要が無いのは、とても楽です。

ASUSのルーターはあとからmeshを構築できる!

mesh対応のWi-Fi機器は最近では多数リリースされていますが、既存のネットワーク機器を総入れ替えするのであれば、mesh対応のルーターセットに置き換えるのが簡単だと思います。
しかし、これだと初期コストもそこそこかかってしまいます。

ASUSのルーター(一部機種を除く)は、AiMeshという機能に対応しており、この機能を有効にすることで、あとからノード機器(中継器)を増やすことができます。
しかも、ノードは有線、無線どちらでも接続できますので、有線LANが無い環境では無線LANを使って手軽に拡張、有線LANがあればLANケーブルで接続して安定的な通信の確保が可能です。

また、実際に使ってみた利点としては、アンテナ外付けのルーターであるため、電波強度が優れているという点。
別のところでNetgearのOrbi proをセットアップしたのですが、アンテナが内蔵されていると設置する向きをどうすればいいのか悩みますが、ASUSのルーターのようにアンテナが外に飛び出ていると、アンテナの角度や向きを変えることで、簡単に電波強度を最強にできます。

ルーター本体にLANのハブがあるのも良い点で、ノード機器をWi-Fiから有線LANへと変換する、メディアコンバータとして利用できます。
からLANケーブルで各LAN機器を接続すれば、無線LANの無い機材もWi-Fiネットワークに接続できます。
家の好きなところにノード機器を置けるので、有線LANを拡張するのにもとても向いています。

AIMeshを構築する

AiMeshを使うには、ASUSのAiMesh対応ルーターが2台以上必要です。
同一モデルではない場合、一番電波が強力(アンテナが多い、値段が高い…)なモデルを親にすると良いかと思います。

設定方法については下記を参照してください。

AiMeshの設定方法
https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1035087/

我が家の構造

我が家の構造を簡略化してみました。
2階の北西に親機のAC-RT88Uが、1階の南東にノードのAC-RT68Uを設置しています。
距離を計算したところ、12.5m程度でした。
家は木造なのですが、距離も離れていることもあり、Wi-Fi機器によっては、親に直接繋ぐと電波が不安定になることもありました。

ASUSのルーターには、スマホ用の管理アプリもあり、細かい設定などもPCが無くても簡単に設定可能です。
このアプリで表示した、AiMeshに繋いだ状態が以下の通りです。

デバイスは全11台、このうち親のRT-AC88Uに6台、ダイニングに設置したRT-AC86Uには3台のデバイスが繋がっているのがわかります。
ノードをさらに追加する場合は、ノードを追加ボタンを押せば簡単に追加ができます。

ノードの状態も確認できます。
家の一番離れた場所に設置しているにもかかわらず、5GHzで電波状況は最良となっています。

AiMeshに切り替えてみた感想

今までは、BuffaloのWXR-1750DHPに、中継器としてWHR-1166DHP4、あるいはTPLinkのRE305を使っていましたが、そのときと比べると、電波強度、速度、使い勝手全ての面で状況が改善され、これ以上無いくらい便利になりました。
無線ルーターは20年ほど、いろいろなメーカーのモデルを使っていますが、ASUSのルーターの無線強度は、Buffaloなどとは比にならないくらい強いような気がします。

AiMeshに対応した機器は以下となりますので、Wi-Fiが安定しない、という方はmeshに移行することをオススメします。

最新のWi-Fi6に対応した、AiMesh対応ルーター

2,167+750Mbps対応のゲーミングルーター

AiMesh対応の最安値モデル

ノード側に使うのは、個人的にはRT-AC68U、あるいはRT-AC67Uが一番いいかなぁ、と思っています。
中古でゲーミングルーターのRT-AC87Uが安く出回っていますが、こちらはAiMesh非対応なので注意してください。

ゲーミングルーターだと、Adaptive QoSを使ってゲーム用に帯域を確保?する機能もあるようで、たとえばスマホからだと、モバイルゲームブースト機能なんてものがあるようです。

また、PCだとゲームサーバーへのpingを高速化するWTFastがルーターに組み込まれているので、無料で使えちゃったりします。