ヘッドフォン沼へようこそ(HIFIMAN ANANDA/Beyerdynamic DT 1990 PRO/SENNHEISER HD 6XX/SHURE SE535)

今まではテレワーク中もスピーカーをメインで使っており、ヘッドフォンは夜くらいしか出番がありませんでした。
しかし、真空管アンプは電源食うし部屋も暑くなる…ということで、徐々にヘッドフォンの出番が増えてきました。

ヘッドフォンは長らくAudio TechnicaのATH-M9Xを使っていました。
1990年頃の製品なので、すでに30年以上前になりますが、ハイレゾ感はないもののモニターヘッドフォンたるストレートな音質と、ネオジムマグネットを使った強力なドライバーが相まって、今でも通用する名作ヘッドフォンだと思います。

なのですが、なんとなく買ったBeyerdynamicのDT 1990 PROのあまりのすごさに衝撃を受け、気づいたらいくつかのヘッドフォンを買うに至ってしまった、という訳。
ちなみに、数年前にSHUREのSE535も買って持っていますが、個人的にIEMはどうも音源が耳に近すぎるというか、スピーカーになれているというか、そんな感じであまり積極的には使っていなかったりします。

左から、

  • オーディオテクニカ ATH-M9X
  • Beyerdynamic DT 1990 PRO
  • SENNHEISER HD 6XX(HD 650同等品)
  • HIFIMAN ANANDA

となります。
ANANDA、デカすぎだろ…

スピーカーに対するヘッドフォンの良いところは、複数持っていても使い分けが簡単にできる、という点でしょう。
スピーカーって良くても2セット程度が限界で、あまり多いと置く場所に困ります。
また、スピーカーと異なりセッティングが不要、というのも良いところです。
スピーカーの場合、セッティングや部屋のサイズなどによって、かなり音って変わってきますからね…。

そんなこんなで手軽に買えてしまうヘッドフォン、スピーカーと違って沼になりやすいジャンルような気もします。
置き場所に困らないIEMとかはもっと沼かもしれません。

なんか、いろいろ買っていたら、AKG 812が余裕で買えそうな出費になってしまった気もしますが、それだと1種類の音しか楽しめないのに対し、4台もヘッドフォンがあると気分次第とかで使い分けができるので、それも楽しいものなので良しという感じです。

使い分けとしては、

  • オーディオテクニカ ATH-M9X → バックアップ機、特に出番無し…
  • Beyerdynamic DT 1990 PRO → 本気(?)で音楽を聴く時用、あとはたまにリスニングで
  • SENNHEISER HD 6XX(HD 650同等品)→ 仕事時に、高音域がキツくないリラックスした感じで聴きたいときに
  • HIFIMAN ANANDA → 常用ヘッドフォン。たいていこいつを使用

といった感じです。

一通り気になるヘッドフォンは揃ったので、これで打ち止めかなー。
もっとも、仕事しながら聴くことが多いので、そこまでガッツリハイエンド!っていうヘッドフォンじゃなくてもいいような気がします。
AKGの812/872も気になるのですが、価格がね…。5万円前後だとそこそこ気合い入れれば買えるのですが、さすがに10万を超えてくると、スピーカー買った方がよくない?!となりそうな感じで。
BS310 IndiesBlack → BS312とかにアップデートしてみたい気もしますし。

オーディオって、ある程度の上がりを決めておかないと、ズルズルと沼になってしまいやすいので、要注意です。

DOMIKEY DOLCHが届いたのでMaestro 2sに取り付けてみた

早速取り付けてみました!
日本語キーキャップ部分は既存流用するしかないので、できるだけ色味と書体が似ているものでないと違和感があるのですが、DOLCH、良い感じだと思います。
濃い色のキーキャップなので文字色が白文字ですが、それもアクセントになっています。
DOMIKEY、全て揃えると2万円近い高級キーキャップなのですが、モールドの精度がとても高く、5千円強で購入できる2色成型のキーキャップとは出来が違います。

Maestro 2sで交換可能なキーキャップについては、下記で詳しく説明していますのでよろしければどうぞ。
Maestro 2s / Maestro FL 日本語レイアウトのキーキャップ交換完全ガイド

日本語レイアウトのMaestro 2Sのキーキャップをどうにかして交換したい

キースイッチをいろいろ交換してみたMaestro 2Sですが、最終的に

  • 極めてスムーズ、メインで使いたいTTC Gold Pink
  • たまにタクタイルで打ちたい時に使うFeker Holy Panda
  • 少し重ための気分なときにZealPC Tealios V2 + 50G Spring

という組み合わせになりました。
仕事で使うキーボードとしては、文章を長時間入力するならTTC Gold Pinkがイチオシです。
37gと絶妙な軽さのキースイッチで、ファクトリールブされていることもあり、動作はとてもスムーズ。
Tealios V2よりも安価で、オススメのスイッチです。

スイッチの比較については、別サイトでまとめていますのでご参考にどうぞ。
Cherry MX 互換軸比較

とうとう4台に増殖した、Maestro 2S。
このレイアウトが好きなので、換えは効かないのであります…。

どうにかして、キーキャップも交換してみたい

キースイッチについては、これ以上いろいろやっていると沼から抜け出せなくなってしまいそうなので、まずはこれで打ち止めにしました。
さて、キースイッチが決まったら次はキーキャップをちょっといじってみたいところ。
といっても、これがなかなか難しいのです…。

なぜかというと、「日本語レイアウトだから」という点に尽きます。
世界中見ても、日本語れいあうとのキーボードのキーキャップを交換する人なんてものすごいマイノリティなので、交換用のキーキャップが売られていないのです。

方法①:Filcoのキーキャップを使う

日本語のキーキャップとしては入手しやすいのは、FilcoのMajestouch用の交換用キーキャップでしょう。
ただし、Maestro 2Sで使うには、1.25uのFnキー、1uのShiftキーなど、Maestro 2S独自のキーサイズがいくつかあるので、完全に交換は出来ません。
また、MajestouchのキーキャップはOEMプロファイルと思われる形状なので、Maestro 2Sのキーと高さが違うので、混在させると違和感があります。
ですので、解決方法にはならなそうです。

方法②:AliExpressで売られている日本語キーキャップを使う

では、AliExpressで売られている日本語キーキャップを使えば良いのでは?という気もしますが、これもNGです。
というのも、AliExpressで売られている日本語キーキャップは、US配列のキー配列に、“クールな日本語を追加した”ものなのです。
どうやら、日本語キーキャップはクール…というか、外国では一定のニーズがあるようで(アニメの影響とかかな?)、日本語の記載があるキーキャップが数多くラインナップされています。

一見、使えそう?!と思いますが、よく見ると左上が「ろ」になっていたり、「む」のキーが1.5uの幅だったり、()が8と9ではなく9と0だったりと、US配列がベースになっているのが解ります。
ですので、そのまま取り付けると一部のキーが無い、あるいは印字とズレているという状態になり、使い勝手がイマイチよくありません。

方法③:遊舎工房とかで探してみる

購入者を募り、最低ロットに達したら製造する日本語キーキャップがあったようですが、現在ではすでに申し込み不可。
たまに販売されている?らしいのですが、入手の難易度としてはかなり高いと思われます。

というわけで、独自仕様のキーが存在するMaestro 2S日本語版のキーキャップの完全交換は、なかなか一筋縄ではいきません。
では、どうすれば良いかというと、「一部のキーを交換する」、これが一番の解決方法な気がします。
Maestro 2Sに使われているキースイッチは1.5mmの肉厚のものですので、キーの打鍵感はカチッとしていて好感が持てます。
ですので、交換用のキーが見つからない日本語レイアウト独自部分はそのまま残し、交換可能なキーだけを交換してみよう、ということです。

Maestro 2SはCherryプロファイル?

一部のキーを流用する場合に重要なのは、キーキャップの形状(プロファイル)を一致させる必要があることです。
自作キーボード用に販売されているキーキャップには、いくつかの種類があります。

※https://www.eloquentclicks.com/guide-xda-sa-cherry-dsa-keycap-profiles-explained/より

上記は、キーを横方向から見た形状となります。
一番上がCherryプロファイル、2番目がOEMプロファイルです。
見た感じですが、Maestro 2SはCherryプロファイル、FilcoはOEMプロファイルと思われます。
Maestro 2S販売元のArchissの説明では、

このような説明がありますが、おそらくR1形状のキーを横から比較したものと思われます。
FilcoはOEMプロファイルと思われますので、同じキーでもこれだけ高さが異なります。
このため、2種類のプロファイルのキーキャップを混ぜて使うとかなり違和感が発生してしまうので、オススメ出来ません。
Maestro 2Sのキーキャップのプロファイルを確かめるため、試しに一部のキーがセットになったCherry Profileのキーキャップを購入してみました。

水色のキーが、Cherryプロファイルのものですが、どうでしょう、ぴったりではないですか。
ということで、Maestro 2SはCherryプロファイルで間違いなさそうです。

AliExpressでCherryプロファイルのキーキャップを探す

プロファイルが解ったので、交換用のものを探してみることにします。
探す条件は、

  • Cherryプロファイル
  • 1.25uの[fn]、1uの[Shift]、テンキーでは1uの[0]があること
  • [半角/全角][無変換][変換][ひらがなカタカナ]キーの代わりになるものがあること
  • 既存キーキャップを生かすので、書体に違和感がないこと
  • 肉厚キーキャップで、打鍵感に違和感がないこと

が条件となります。
なかなかに厳しい条件ですな…。

しかし、さすが圧倒的な商品数を誇るAliExpressだけあって、いくつか良さそうなものを見つけました。

Domikey Vintge Cherry Profile abs doubleshot keycap for mx stem keyboard
https://ja.aliexpress.com/item/1005003617620026.html

探してたのはこれですよ、これ!
日本語レイアウト独自キー部分がない、ファンクションキーと修飾キーをメインにしたMODと、1uの0もあるNUMPAD、MOD PLUSには無変換キーなどにも使えるものもありそうです。
アクセントに使えるALT COLORのキーキャップもファンクションキー、ESCキーがあるなどツボを押さえたラインナップになっています。
このDomikeyのキーキャップ、様々な色のラインナップがありますので、既存キーキャップと組み合わせても楽しめそうです。

しかし、Domikeyの欠点はお値段が高い、ということ。
MOD+MOD PLUS+NUMPADを買うと1万円くらいするのです。
見た感じ、ダブルショットで品質はとても良さそうなので、買ってみたいと思っているのですが、いきなりフルセットを買って形が違ったりするとまずいので、一番安価なALT COLOR(1500円くらい)を手配してみました。
使ってみて良い感じであれば、残りを揃えてみたいと思います。

173 Keys Double Shot GMK Clone DMG Olivia Arctic Striker Bingsu Keycap Cherry Profile ISO Enter
https://www.aliexpress.com/item/1005003728273426.html

もう一つ使えそうなのがこちら。
ダブルショットのキーキャップで、フルセットで5000円しないのはお買い得と言えると思います。
色の組み合わせも豊富で、見ているだけでも楽しいですね。
ISOのEnterキー(2段使う縦長のもの)が2色付属するのも良いところ。
気になるのは、ダブルショットされた文字のフォントのウェイト(太さ)が太めな気がするので、既存のキーと組み合わせた時に違和感がないかな、という点です。
品質的にはDomikeyには劣るように見えますが、実際に買ってみないと解らない点ではあります。

そんなに高くないものなので、一つ試しに買ってみようかと思います。

ということで、届いたら交換後の状態をお伝えしたいと思います。