使って解った、EV3895の深い魅力。公式サイトには無い視点でレビューしてみる

今まで、DELLの34インチ曲面モニター、U3415Wを使っていましたが、EIZOのEV3895に買い換えてみました。実際に使ってみて解った、EV3895の良さについて、簡単にレビューしてみたいと思います。DELLのU3415Wのメリット3440×1440pxの解像度を持つウルトラワイドモニターで、気に入っていた箇所は以下となります。3440×1440pxの解像度。特に縦がフルHDを超える1440pxなのが魅力ゲームなどで便利なアスペクト比21:9のウルトラワイドモニターPCとUSBを連動させて2台まで切替可能なKVM機能ユーザーがカスタマイズ可能なファ… [続きを読む]

Amazonの安価な壁掛け・天吊り用スピーカースタンドを試してみる

デスクトップ用に使っている、ElacのCL310 JETですが、今まではTAOCのSPB-300DLの上に設置していました。モニター買い換えに伴い、さらに設置間隔を広げる必要があったのですが、すでに120cmの机は限界。これ以上外に押し出すと落っこちてしまいます。どうにかスマートにできないのか…と悩んだ結果、壁掛けにすることにしました。壁掛けするにあたっての基準は、小型のCL310でもしっかり取り付けられること。幸い、CL310には底面に純正スタンドを取り付けるための1/4インチねじ穴が2カ所あります。そこを使って、スタンドに固定することにしました。購入… [続きを読む]

AfterShockz OpenCommがWindows10で音が出なくなる問題を解決する、Bluetoothサウンドアダプタ B10

Aftershokz OpenCommをWindowsで使っていたら問題発生WindowsでAfterShockz OpenCommヘッドセットを使っていますが、音楽などは正常に聞こえるのに、ヘッドセットのイヤホンのみ使えない(マイクは使える)という症状になり、動いたり動かなかったりとどうも安定しません。症状からするに、OPENCOMM by AfterShokz Stereo側(A2DP/AVRCP)は正常に動作しており、OPENCOMM by AfterShockz Hands-Free AG Audio(HSP/HFP)だとなぜかマイクしか有効にな… [続きを読む]

これで完璧!エアコン室外機の振動による騒音対策について考察してみる

私の部屋で使っているエアコンはCS-228CGXというものなのですが、この室外機からの振動がベランダの床材を共振させるらしく、ベランダの真下になる1階のリビングでは、低周波のノイズがものすごく、頭痛が起こるレベルです。試しに防振ゴムをひいてみたり、コンクリートブロックを置いてみたりしましたが全く効果が出ず、すべて無駄でした。室外機を変えるか、床置きではなく壁に付けないと無理か…と思っていたのですが、防振素材を変えてみたところ、嘘のようにピタッと騒音がやみました。同じ悩みで困っている方もいるかもしれないので、私の対策についてお伝えしたいと思います。購入した… [続きを読む]

ついに実用に耐えるレベルに進化した、骨伝導ヘッドセット OpenComm Light Grey AfterShokz

一昔前の骨伝導といえば、単なるスピーカーで外に音がダダ漏れだったり、イマイチ聞こえづらかったりと微妙なものが多かったのですが、このOpenComm Light Grey AfterShokzはきちんと骨伝導で実用的な音質を確保しており、極めて便利です。このヘッドセットを使う前は、PlantronicsのVoyager Legendを使っていましたが、骨伝導のヘッドセットを使ってみて便利だと思ったのは、以下の点となります。両耳にかけるのでバランスが良い、落ちない骨伝導なので音漏れしづらい耳を塞がないので外の音も完全に聞こえる一日付けていても耳が痛くならない… [続きを読む]

Windows Helloに特化したWebカメラ、 Lenovo 500 Full HD Webカメラを買ってみた

赤外線を併用した顔認識でログインできる、Windows Hello。使っている方は少ないと思いますが、一度使うと便利すぎて手放せなくなります。Lenovo ThinkPad X1 CarbonがWindows Helloに対応したカメラを搭載していたので、デスクトップ機で使うWebカメラも、同様にWindows Hello対応のものにしてみることにしました。それにしてもWindows Hello対応カメラって少ないですね。数機種程度しかなく、カメラの性能もイマイチな割にはお値段はそこそこ。通常のWebカメラと比べると顔認識に必要なハードウェアが必要でコス… [続きを読む]

DIGIFORCEの窒化ガリウム 65W 小型ACアダプタをThinkpad X1 Carbonで使ってみる

Amazonを見ていたら、40%OFFで販売されていたこのACアダプタが気になったので、購入してみました。今まではこのLenovo純正の超小型45W ACアダプタを使っていたのですが、本体は小さいもののコンセント部分が飛び出しているので、いまいち鞄の中での収まりが悪かったのです。DIGIFORCEのACアダプタは小型でコンセント部分も折りたたみ式、しかもUSBがType-AとType-Cの2系統出力があるのが魅力。本体に2ポートしかないUSB Type-Aポートを潰さずに充電できるのはありがたいです。この手のACアダプタ、出力は大きくても1ポートあたりの… [続きを読む]

AMD Ryzen 7 5800xを使って久々にPCを組んでみた

テレワーク中心になったこともあり、趣味で使っているPCと業務用PCは別けよう…ということで、久々にPCを組んでみました。前回PCを組んだのは初代Threadripper 1950XのPCで、2018年3月でした。ということは3年ぶりですね。今回のPCで用いたパーツは以下となります。CPU:AMD Ryzen7 5800xマザーボード:ASRock B550 Steel Legendメモリ:DDR4 PC4-21600 16GB ×4 CL19SSD:WesternDigital Black SN850 1TB(OS、仕事用)SSD:Crucial MX3… [続きを読む]

高儀 EARTH MAN 電気かんな PLA-110を買ってみたので簡単にレビュー

Amazonのプライムセールで安くなっていた、高儀 EARTH MAN 替刃式 電気かんな PLA-110。お値段なんと3,980円ですよ…。激安の電気かんなですが、どれくらい実用に耐えるのか、軽くテストしてみました。手動かんなと電気かんなの違いまずは、簡単に手動かんなと電気かんなの違いを。手動かんなは、本体から飛び出ている刃の分だけ、木材を削ります。削る厚さは刃の出っ張りで調整します。電気かんなは、内部で刃が付いたドラムが回転していて、刃よりも前の部分の高さで削る厚さを調整します。極端に言うと、電気かんなは刃の前後で段差があり、そのまま置くと斜めになり… [続きを読む]

165mmの丸鋸用チップソー、刃数72T 高剛性タイプ(造作用) A-42771を試す

家で使っている丸鋸は、リョービのW-1700というモデル。安価で使い勝手の良い、定番品です。チップソー(木材切断用の丸鋸の刃)が付いてきますが、長年の使用で切れ味も悪くなり、切断面が荒れてきました。そこで、よく切れそうな刃に交換してみました。選んだのは、マキタの造作用チップソー、A-42771という製品。チップソーには、刃数が52と72の2種類の製品が主流のようです。刃数52は一般的な用途で、切断スピードと仕上がりがバランス良い感じです。刃数72のチップソーは刃数が多いのできれいに切れますが、抵抗が大きいので切断スピードは刃数52に劣ります。さて、実際に… [続きを読む]