ソフトバンク光&BBユニットの組み合わせで、高速ゲーミングルーターを使ってIPv6高速通信環境を手に入れる!

ソフトバンク光でIPv6を使う場合に必要な、BBユニット。
IPv6ハイブリッド通信を行うには、オプション契約のBBユニットが必要なのですが、このBBユニット、使いづらい上に性能がよろしくありません。
WarGamingのWorld of Tanksのパッチダウンロードでフリーズすることもあったくらいの代物で、ゲーミング用途どころか、日常用途でも不安たっぷりです。

そこで、BBユニットを取り外し、BuffaloのWXR-1750DHPを使ってIPv6でPPPoE接続を行っていたのですが、このWXR-1750DHPもかなりくせ者で、World of Warshipsでプレーしている最中に、pingが4000msを超えて(!)カクカクどころか気づいたら沈没している始末。
多人数プレーのオンラインゲームなので、迷惑どころの話ではありません。
また、無線の感度もかなりシビアで、受信側のアンテナの位置を少し変えただけでも電波状況が大きく変わったりして、なかなか安定しませんでした。

さすがに我慢できず、違うルーターにしよう…と、BBユニットを外してIPv6でPPPoE可能なBuffaloのルーターをサイトで探していたのですが、やはりソフトバンクのIPv6ハイブリッドを使うならBBユニットを繋いだ方が良さそう。
BBユニットを生かして、ルーターだけ他社製品を活用できないか…ということで何か方法がないかと考えていたところ、BBユニットにはDMZ機能があることが判明。
DMZとは非武装地帯の略で、ルーター側がDMZで指定したIPの通信は、外部からのパケットがそのまま届く、いわばインターネットに直接繋がった状態となります。
PCをDMZのアドレスで使うのはセキュリティ的にオススメできませんが、BBユニットのDMZのIPに、別のルーターのWAN側IPを指定してやれば、BBユニットのルーター機能はほぼ無視した状態で、高性能なルーターを活用できそうです。

高性能なWi-Fiルーターは何を買うべきか

ルーターは何が良いかと悩んでいたのですが、購入にあたって重要視したのは、
・障害に強い2.4GHz帯でも最低600Mbps以上あること
・なによりも安定すること
・壁掛けできること(設置場所の関係で壁掛け必須)
という条件です。

そのような条件の中、購入したのは前々から興味のあったASUSのゲーミングルータ、RT-AC88Uとなりました。
11ac 2167+1000Mbpsという超高速、1.4GHzデュアルコアプロセッサーに512MBメモリと、ルーターとしては破格なスペックを誇ります。
その分値段も2万5千円~といった感じでかなり割高ですが、たまたま付属品一部欠品の中古が、秋葉原で14,800円だったので即買いしてきました。

BBユニット+RT-AC88UでIPv6ハイブリッド環境を構築してみる

設定は、以下の手順で行います。
RT-AC88Uの箇所は、別のルーターをお使いの方はそのルーターに置き換えてみてください。

  1. BBユニットにPCを繋ぎ、管理画面からログイン、DMZを有効にし、無線LANを無効にする
  2. RT-AC88UのWAN側IPをBBユニットで指定したDMZに設定する
  3. BBユニットのLANコネクタと、RT-AC88UのWANコネクタをLANケーブルで繋ぐ
  4. RT-AC88U経由でインターネット接続できることを確認する

接続図は下記のようになります。

BBユニットでIPアドレス 192.168.3.100に対してDMZを有効にし、RT-AC88UのWAN側IPを196.168.3.100の固定IPにします。
これでRT-AC88UのWAN側はDMZとなりますので、あとはルーターを使ってLAN側のIPを192.168.11.1にして、各デバイスを接続します。

手順1:BBユニットのDMZを有効にする

作業にあたってはノートパソコンがあると便利です。
まず、BBユニットのLAN端子にPCを接続します。ネットワークの設定はDHCPにしておきます。
有線LANが無いときは、無線LANでBBユニットに繋いだ状態でも作業可能です。

BBユニットのIPアドレスは、出荷時に192.168.3.1となっていますので、BBユニットとPCを繋いだら、ブラウザを開き、192.168.3.1にアクセスします。
ユーザー認証がありますので、ID:user、パスワード:userを入力して管理画面にログインします。

管理画面にログインしたら、「ルーター機能の設定」を選択します。

ルーター機能の設定画面に、「DMZ設定」がありますので、クリックしてください。

DMZ機能を「有効」にチェックを入れます。
IPアドレスは、192.168.3.100を設定します。
設定を保存するをクリックして設定を保存してください。
これで、IPアドレス192.168.3.100で接続した機器はDMZとして扱われます。

手順2:RT-AC88UをDMZに接続する

続いて、ルーター側の設定を行います。
BBユニットとは繋がない状態でRT-AC88Uの電源を入れ、RT-AC88UとPCをLANケーブルで繋ぐ、あるいはWi-Fiで接続詞て、設定画面に進みます。
RT-AC88Uの管理画面へは、ブラウザに192.168.1.1を入力するとアクセス可能です。

設定は簡単で、WAN側の設定を以下のようにするだけです。

  • WAN接続タイプ:静的IPアドレス
  • IPアドレス:192.168.3.100
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:192.168.3.1
  • DNSサーバー:8.8.8.8および192.168.3.1

これだけで完了です。
LAN側のセグメントはデフォルトで192.168.1.xxxになっていますが、私の環境は192.168.11.xxxでしたので、他の機器の設定をやり直すが面倒なため、RT-AC88UのLAN側のアドレスを変更して使用することにしました。

あとは、BBユニットのLANコネクタとRT-AC88UのWANコネクタを接続し、デスクトップPCなどの機器をRT-AC88UのLAN側に繋ぐだけです。
インターネットに接続できているかは、RT-AC88Uの管理画面でネットワークの状況が確認できます。

回線速度を測定してみる

WXR-1750DHPと比べ、BBユニット+RT-AC88U環境ではどれくらい高速になったのか、確認してみたいと思います。
テストに使ったPCには、RT-AC88Uの性能を100%生かせる、11ac 2167+1000Mbpsを誇る無線LANアダプタのPCE-AC88を取り付けています。

なお、WRX-1750DHPを使っていた頃は、ダウンロード70Mbps、アップロード50Mbps程度となります。

Googleのインターネット速度テストでは、ダウンロード277Mbs、アップロード68Mbpsとなりました。
アップロードはそれほどでもありませんが、ダウンロードが軽く200Mbpsを超えています。


fastの値では、なんとダウンロード290Mbps、アップロード350Mbpsを記録。
圧倒的な速度向上です。

AU光の達人サイトの速度計測です。
ダウンロードは482Mbps、アップロードは317Mbpsと圧倒的な速さ。
無線LANでこれだけ出ていますから、速度的には文句なしです。

ルーターをWXR-1750DHPからRT-AC88Uに交換してみた感想

今まで不安定で、ゲーム途中にラグで止まってしまうことも多々あったWXR-1750DHPと比べると、RT-AC88Uの安定っぷりは素晴らしく、とても安心感があります。
しかも、今まではアンテナの位置をあれこれ微妙に変えないと電波状況が芳しくなかったのが、RT-AC88Uに交換すると、適当にPCE-AC88のアンテナを置いた状態でも1300Mbpsで繋がり、速度も素晴らしい数値が出ています。
今までは無線LANがボトルネックになっていましたが、RT-AC88Uに交換してから、その不満もなくなり、大満足です。

いろいろルーターを買い換えてきましたが、少し高いですが、最初からRT-AC88Uにしておけば良かったと思いました…

USB-HDMI変換アダプタ DisplayLink DL-3500 と Fresco Logic FL2000 を比較してみる

会社のPC環境を、トリプルディスプレイにするために購入した、Flesco Logic FL2000搭載のUSB3.0-HDMI変換アダプタ。
とても便利ではあったものの、CPUに高負荷がかかると、ディスプレイが度々真っ黒になるという症状が発生していました。
不定期に画面がブラックアウトするのはやはり気になるので、Flesco Logicではないメーカーのチップを搭載したではこの症状は起こらないのでは…と考え、DislplayLinkのDL-3500を搭載したものを購入してみました。
異なるメーカーの製品が2つ揃ったので、簡単にレビューしてみたいと思います。

 

左がDisplayLink DL-3500搭載のアダプタ。
Fresco Logic FL2000よりも高い解像度に対応するのが特徴で、公式サイトだと
・Ultra-high resolution support (up to 2560×1600)
・Supports VGA, DVI, HDMI 1.3, and DisplayPort 1.1* monitor connections
と謳われています。
Amazonでは2560×1440のWQHDに対応する旨の記載があります。


右はFresco Logic FL2000を搭載したアダプタ。
こちらは1920×1080のフルHD(1080P)までの対応となっていますが、上のDL-3500搭載のアダプタと比べると、安価かつD-sub&HDMI対応、という特徴があります。
出力端子は2つありますが、出力される画面はクローンモードのみとなります。
拡張デスクトップは使えませんので要注意です。


DisplayLink DL-3500とFresco Logic FL2000どちらがオススメ?

前提として、フルHD液晶での利用という条件での比較となりますが、結論から言えばDisplayLink DL-3500のアダプタをオススメします。
理由は、高負荷時の安定性。
Fresco Logic FL2000では高負荷時に画面が突然暗くなり、1秒くらいすると復帰することがかなり高頻度で発生します。
また、組み合わせるPCにもよると思いますが、ドライバーがエラーを出すことがしばしばあります。

上のように、Fresco Logic FL2000では「USB 3.0 VGA Display The device is not compatible with this graphics card driver.」というエラーが接続するたび表示されてしまいます。
ノートPCはメーカーがカスタマイズしているドライバーだからかもしれませんが…。
ただし、エラーが出ても正常に使えるので、謎ではあります。

この点、DisplayLink DL-3500ではエラーも出ず、画面のブラックアウトもなく、至って安定して動いています。

DisplayLink DL-3500とFresco Logic FL2000で性能に差はあるのか?

対応する解像度など、ハードウェアのスペックには差がありますが、では1080Pの液晶で使った場合に差はあるかと言うと、特に体感でわかる差はない、といえます。
両製品とも、1080Pフル画面での動画再生もコマ落ちもなく、仕事でブラウザ、Excel、Photoshopなどを使う上で“描画がもたつく”と感じることはありませんでした。
USB3.0対応ということもあり、とてもスムーズに操作できますし、モニターを拡張する手段としてはとても便利な製品だと思います。

ソフトバンク光で、光BBユニットを市販のルーターに交換して、IPv6で接続する方法

今の回線はソフトバンク光なのですが、付属する光BBユニットが使えなさすぎて、光BBユニットを外し、BuffaloのWHR-1166DHP3を使って接続していました。
どう使えないかというと、WW2前後の時代の軍艦で撃ち合うWorld of War Shipsのパッチでフリーズする始末。WiFiの電波も弱かったですしね。
しかし、市販ルーターに交換するのには一つデメリットがあって、IPv6接続が使えない、ということです。
ソフトバンク光はIPv6で使うと速いというネットの記事を見つけたのと、WXR-1750DHPの中古品が1980円だったため、思わず飛びついて買ってしまったので、IPv6で繋いでみることにしました。

■BuffaloのWXR-1750DHPを用意

ネットで探した情報では、WXR-1750DHPでIPv6に繋がったという情報があったので、同じものを用意しました。
あくまでも私の予想ですが、おそらく現行機種のWXR-1750DHP2もハードウェアはほぼ同一らしいので、問題ないと思います。


■ソフトバンク光はオプション契約の光BBユニットが必要

光BBユニットを契約しないと、そもそもIPv6が使えないらしいので、オプション契約が必要です。
467円/月のオプションですので、ルーターを使わずにIPv6のためだけに契約すると考えると微妙ですな…

■WXR-1750DHPを使ってソフトバンク光に繋いでみる

設定自体はものすごく簡単です。
LANケーブルをWAN側に繋いで、PPPOEのID(数字@ybb.ne.jp)とパスワードを入力すれば完了です。
管理画面は http://192.168.11.1、IDはadmin、パスワードはpasswordです。
インターネットに繋がったか確認したら、IPv6の有無による速度比較を行ってみましょう。

■Softbank光+WXR-1750DHPによるIPv4での接続

詳細画面にて、IPv6の接続状況を確認してみます。
IPv6を使用しない、になっており、接続状態が無効になっていますので、IPv4での接続となります。
速度の測定は、googleで「インターネット 速度」で検索した時に表示される、回線速度測定アプリを使います。

速度テストの結果は、以下となりました。

うーん、FTTHと考えるといまいち微妙だけども、ソフトバンク光としては検討しているか…?といった数値。
せめてアップロードとダウンロードが逆だったら…。

■Softbank光+WXR-1750DHPによるIPv6での接続

さて、接続方法をIPv6に切り替えてみましょう。
切り替え方は簡単で、詳細設定→インターネット→IPv6のメニューを開き、有効にするだけ。

設定項目は「インターネット@スタートを行う」にしました。
これで問題なく使えましたので、大丈夫でしょう。
下にある「IPv6ブリッジを許可する」のチェックですが、これはチェックしない方が良いです。
というのも、IPv6ブリッジを許可してしまうと、IPv6接続時にファイアーウォールが効かずに、ルーター配下のネットワークがそのままインターネットに繋がってしまいます。
要するに、IPv6のアドレスがわかれば、外部からPCの中身を見られてしまうだけではなく、ファイルの削除や書き込みなども可能になってしまいます。
セキュリティ上極めて危険と思いますので、IPv6ブリッジは許可せず、NDプロキシを使うことをオススメします。

実際にIPv6で繋がっているか、確認してみましょう。

IPv6の項目が、接続状態「NDプロキシ」になっていることが確認できます。

IPv6での速度ですが、以下のようになりました。

おおお…IPv4時に比べて、大幅に速度が向上しています。
よく「ソフトバンク光が遅い場合はIPv6を使うと良い」というネットの情報を見かけますが、きちんと数値を測定しているものがあまり見当たらず、光BBユニットをレンタルすることを目的としたステマ的なものが多いように感じていましたが、我が家では効果はあったようです。
測定については、数回試しておおよそ同じくらいの値が出たものを使っていますが、あくまでも簡易測定なので、ご参考までに。

■残課題

ここまでは良かったのですが、1つ大きな問題が。
我が家は1階にルーターがあり、2階の部屋ではWHR-1166DHP4をWDSモードにして有線LANに変換して使っています。
WDS部分がなぜか速度が全く出ず、5MB/sくらいに落ち込んでしまいました…。
とりあえず、チャンネルの重複など、設定周りを見直してみようと思います。