マウスカーソルが動かず、故障したと思ったMX Masterが修理で復活した件

先ほどの投稿を書き終わり、他にもMX Masterを分解している人がいるのかな?と思って、分解記事を探していたところ、以下の記事を発見しました。

MX Master でマウスカーソルが動かなくなった場合の対処法

症状としては、

  • マウスカーソルが動かない
  • スクロールや左右のクリックは問題なく働く

ということらしいですが、んんん?症状まるっきり同じでないですか。
このサイトの記事だと、ジェスターボタンが押下しっぱなしになってしまい、カーソルが動かないとのこと。
そこで、再度分解し、ジェスチャースイッチを横から見てみると…確かに常時押下状態になっている!!!

ジェスチャースイッチは他のスイッチと違い、プラパーツのバネの上にゴムが被った形状になっています。
ゴムが硬化する、あるいは変形するなどすることで、スイッチが戻らない状態となってしまい、ずっと押された状態が続いてしまうように見受けられます。

ゴムの劣化ということは起こりやすいと思いますし、同様の症状で故障したという方も多そうです。

 

 

分解して外したジェスチャースイッチ基板。
このスイッチが常時押下状態になってしまい、マウスカーソルが動かなくなってしまいます。

 

修理方法は簡単、プラスチックパーツ側にある、凸部分をニッパーでカットしてしまいましょう。
ニッパーが無ければ、カッターで削っても良いかと思います。
上の写真はニッパーで切断した状態で、ちょうどスイッチにあたる部分の出っ張りがなくなっているのが解るかと思います。

この状態でマウスの電源を入れたところ、見事にカーソルの動作が復活!!!
いやー、良い記事を見つけました。感謝です。

MX Masterの分解については、下記の記事を参考にどうぞ。

Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ
http://blog.pastime.ne.jp/personal_computer/hardware/2484

 


Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ。

ある日突然ポインターが動かなくなった、MX Master。
クリックとかは反応するので、レーザーセンサーの故障っぽい。
補償を確認したら2年と半年…orz
Logicoolは3年補償のモノもありますが、MX Masterは2年補償。
ということで、早速バラしてみましたよ。

 

裏のソールを剥がし、ネジを取ります。
左側のネジはトルクスですが、マイナスドライバでも取り外し可能です。

 

ネジを取ると、こんな感じでパカッと2つに分解できます。
真ん中のハーネスはコネクタで固定されていますが、レバーを起こせば簡単に外れます。

 

バッテリーはコネクタ式ですので、ケーブルを切断してつなぎ替えれば交換できそう。
バッテリーの容量は3.7V、500mAhでした。
一般的なリチウムイオンバッテリーですので、ガラケー用とかコンデジ用のバッテリーとかが流用できそうですね。
見たところ、バッテリーの上部には少し隙間がありましたので、もう少し厚い、700mAhとかに交換することも可能そうです。

 

マイクロスイッチはOMRON製のD2FC-F-7N。
マウスの故障原因でチャタリングをよく見かけますが、マイクロスイッチを交換すれば良いので修理は簡単です。
スイッチ以外が壊れたマウスからスイッチを外しておくと、後に役立ったりしますよ。

 

凝った作りのホール。
クリック有り無しを制御しているのは、押しボタンではなく、電動モーター。
このモーターのおかげで、回転数に応じて自動的にロックが外れる仕組みを実現しています。

 

メイン基板。
真ん中に実装されているのが、故障したと思われるレーザーセンサー。
左側の3ピンコネクタはバッテリーのもので、上から押し込むタイプ。
上のコネクタは別基板に繋がるコネクタで、センサー上部のコネクタがホイールのモーター制御用。
右側にある2つの黒い部品は、ホイールの回転検出用の光センサーです。

 

裏側のパーツ。
左の透明プラパーツは、3台のPCを切り替えるときの表示用のもの。
レーザーセンサーの周囲には、おそらくノイズ防止と思われるシールドが取り付けられており、アース端子を介して基板に繋がるようになっています。

 

こちらは上部パーツ。
これでもか!と別基板や別パーツが取り付けられており、複雑な構造をしています。
お金掛かってますよね…

というわけで、簡単ですが分解してみたレポートでした。
バッテリーを交換する場合は、適当な容量のバッテリーを買ってきて、オリジナルのバッテリーのケーブルを切断、+と-、あとはT(温度検知)のケーブルを間違えないように繋いで取り付ければ、使えると思います。
昔、MX Revolutionでバッテリー容量UP改造をしたことがありますが、同じように容量UPしても使えそうですね。
バッテリーがへたってきたという方、交換してみるのも良いかもしれません。

※バッテリー交換は下手すると出火したりと危険が伴いますので、個人のリスクで行ってください。
なにかあっても、当サイトでは責任を負いかねますので…


WoWs:ラグだらけのソフトバンク光ルーターを交換してみた

2階に置いたPCでWoWsをプレーしているのですが、回線がソフトバンクの光回線なのです。
回線自体は悪くはないのですが、問題は純正のルーターがあまりにも使えない、という点。
WoWsのクライアントアップデートですら暴走してフリーズする有様で、ゲーム中もラグが300msを超えたりして、まともにプレーできませんでした。
そこで、今回安価なルーターとWi-Fiアダプタを購入し、そこそこ快適な回線環境を整えてみよう、ということを試してみました。

今回購入したのは、以下の製品。



無線LANルーターは、安価でも割と使えるルーターを作っている、Buffalo。
今回は866Mbps通信が可能な製品をチョイスしてみました。
無線LANカードは、USBタイプもありますが、より高速さを求めて、PCI-E接続のものをチョイス。
intelのLANカードは性能も安定していますし、なによりドライバ類が探しやすくていいのです。
あとは、M.2タイプのWi-Fi無線LANカードをPCI-Eに変換するためのアダプタを購入。

変換アダプタに無線LANカードを装着し、カバーを取り付ければLANカード完成。
あとはPCI-Eスロットに装着すれば、勝手にドライバが適用されます。

無線ルーターのほうは、Yahooの接続情報を探してきて、あとはPPPoE接続の設定をすればサクッとつながりました。
ソフトバンクの標準ルーターではなくても使えますから、フリーズしまくってまともに使えない純正のルーターはとっとと返却して、お好みのルーターを使った方がいいと思います。

さて、ゲームはどうなったかというと、遅延も40msレベルに安定し、パッチのDLでも止まることがなくなりました。
素晴らしいですね…。
ただし、家の対称となるくらい離れているところにルーターとPCがあるためか、リンク速度は833Mbpsにはまったく及ばない、175.5Mbpsくらいで止まってしまっています。

無線LANで高速通信って、なかなか安定しませんね…。