Stable Diffusionで”カワイイ”を描こう!

Stable Diffusionの公開と同時に職人…というかマジックキャスターの方々が次々と素晴らしい呪文を開発してくださるので、あっという間にStable Diffusionで”カワイイ”を描くのが簡単になりつつあります。
といっても、得意なのは顔と服で、顔は呪文が当たるとバストアップショットであればほぼ崩れなくなりますが、全体のポーズだとどうしても打率が低くなりがち。
また、手先・足先はかなり厳しく、ビキニのように露出度が高い服だと、胸のラインなどもかなり微妙な感じです。
全体の雰囲気は良いのに、どこかがガッカリ…ということも多く、多数の画像を生成し、奇跡の1枚を発掘するという作業が主になってきます。

しかし、顔が崩れているけど、構図や背景との組み合わせが素晴らしい絵とかって結構あるんですよね。

・ポーズ
・衣装
・顔や指などのディティール
・背景
などのイラストの要素のうち、どれかを諦めれば結構良さげなイラストを生成してくれます。
では、お気に入りのイラストをどうやって生成するかというと…諦めた要素は描いてしまえば良いのです。

さて、この1枚ですが、構図も良く、服も可愛くて言うことなし…なのですが、両手が怪しいのと、瞳がダメですね、これ。
というわけで、手を加えて直していってみたいと思います。

使用するツールは何でも良いのですが、使い慣れたPhotoshopを使います。
また、タブレットは必須だと思います。
私は、昔買って使ってなかった、intuos CTH-680を引っ張り出してきました。
Wacomのドライバーからはデバイスが見つかりません、と文句を言われますが、OS標準ドライバで動いているので良しとします。

まずは顔ですが…

 

こいつはいけません。瞳が死んでます。
ということで、
・瞳のハイライトを入れる&ディティール描き込み
・鼻と口もついでに書き換え
してみたいと思います。

瞳を書き直してみました。
瞳の輪郭を強調し、ハイライトを入れただけのお手軽作業です。

だいぶ雰囲気が変わってきました。
あとは、顔の輪郭が気になるのと、眉毛がないので足してみましょう。

だいたいできあがってきました。
あとは、何本か細い髪の毛を描き足して、ディティールを精細にします。

とりあえず、これで完成としましょう。
コツは、1pxの細いブラシで描いていくことです。
もともと低解像度のため、太いブラシだと違和感が残ってしまいます。

あとは、こうなってしまっている手を…

こんな感じに適当に書き直して…

完成したのがこちら。
左がafter、右がbefore。
この解像度であれば、まあ、あまり違和感はないでしょう。

 

というわけで、StableDiffusionが出力した、惜しいイラストを加筆して可愛くする方法のご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください