Wireless Set No.19 Case Spare Valves:No.19無線機用真空管交換キット

メインで使っているアンプが6SN7+6V6+2A3PP+5U4Gという構成なのですが、モノ×2台ということもあって、真空管の予備というかコレクションが増えつつあります。
6SN7だけでもECC32、6N8S Hole Plate、5962、その他諸々と10本くらい。
他にも6V6もあるので、20本くらい転がっています。

今までは木材にφ20mmの穴を開けたものに真空管の足を立てて飾っていましたが、ホコリも付くし、場所も食う…ということでいいモノがないか探していました。

何気なくebayで6V6を探していたところ、見つけたのがWireless Set No.19 Case Spare Valveというもの。
何かというと、No.19というイギリス陸軍が1940~70年代にかけて使っていた無線機用の、スペア真空管セットです。
中には15本の真空管がコンパクトに収められており、軍用だけあって頑丈なスチールケースでできています。

なかなか程度が良かったことと、全て真空管がセットになっていたので、中身の6V6ほしさ次いでに購入してみました。
金額は1万円なのですが、送料が8千円…まあ、海外からですし、しょうがないですね。

Wireless Set No.19 Case Spare Valves

Wireless Set No.19 Case Spare Valvesとは


http://www.mapleleafup.net/vehicles/cac/churchill2.htmlより

上記の写真はチャーチル Mk.7に搭載された、No.19無線機。
この中身に、真空管が詰まっていて、そのための一式がセットになったものです。

中身

中身はこんな感じで、真空管がぎっしり。
蓋の部分には、使われている真空管の内容が記された布が貼り付けてあります。
布の裏は分厚いフェルトになっていて、衝撃にも耐えられるようになっています。

引き出すと下の部分にも真空管が。

布の取っ手を引っ張ると、鉄板でできたベースごと引き出せます。
表には12本、裏に3本の計15本がセットになっています。
このうち、実に13本がUSオクタルソケットなので、6SN7や6V6の保管用に使えるのです。
ソケットも、実際に配線すれば使えるものですので、ソケット代だけを考えても真空管15本が付いて1万円ならお買い得でしょう。

汚かったので掃除して綺麗に

真空管の作りから見るに、おそらく1950~60年代頃のデッドストック品のようでした。
ということは、余裕で半世紀前か…。
長年の保管でかなり汚れが付着していたので、綺麗に洗ってヒンジ部分にはシリコンスプレーを少し吹いて、取っ手のベルトも取り外して洗浄しました。
おかげでかなり綺麗に。

真空管保管用の箱としては、インテリアとしても雰囲気ありますし、とてもいい感じ。
ただし、真空管の取り外しがちょいと面倒ですが…

WordPress 5.2へ更新したら投稿画面が表示されなくなった件

やっと、WordPressを5.2にUpdateしました。
そしたら…やっぱりというか不具合発生。
内容としては、投稿の新規追加画面が表示されない、というもの。

ページは真っ白ですが、ChromeのDevToolsで確認するとDOMは展開されているけれど、JSのエラーが大量に吐き出されているので、内容から察するに、エディタ系のプラグインかなにかが悪さをしているような感じ。

現在使っているプラグインをメモして、一気に停止してみたところ、正常に画面が表示されることを確認しました。
あとは、プラグインを最新版にして、 1つずつ 動作確認なのですが…結果的に、予想外のプラグインが問題でした。

エラーの原因になっていたのは、Google AdSenseというプラグイン。
こいつを有効にすると、編集画面が真っ白になります…。
とりあえず停止して、今は正常に動いているようです。

World of WarplanesでThrustmaster T.Flight HOTAS Xを使う方法

やっとベータテストが始まったWorld of Warplanes

やっと日本でもベータテストが始まった、World of Warplanes(WoWp)。
戦車、戦艦と続いて今度は飛行機です。
アメリカなどでは数年前から公開されていましたが、日本では2.0になったタイミングでのベータテスト開始です。

どんなゲームかは、下記の動画がわかりやすいかと。

WoWpですが、入力デバイスはマウスの他にジョイパッド、ジョイスティックに対応しています。
フライトシミュレータ…というかフライトアクションゲームなので、せっかくだからジョイスティックでプレーしたいところ。

開発元のWarGamimgが公式で掲載している対応しているジョイスティックは、

  • Logitech Extreme 3D Pro
  • Thrustmaster T.16000M
  • Thrustmaster T.Fight Stick X
  • Saitek Cyborg V.1 Fight Stick

の4製品です。
Thrustmaster T.Flight HOTAS Xはリストにありませんが、T.Fight Stick Xにスロットルが付いたものなので、大丈夫だろう…ということで買ってみました。

Thrustmaster T.Flight HOTAS Xについて

ジョイスティックやハンドルコントローラーなど、コアなゲーマー向けに本格的なゲーミングデバイスを作っているThrustmaster社の、ジョイスティックのエントリーモデルです。

3軸(ピッチ、ロール、ヨー)対応のジョイスティックにスロットルがついて、実売9000円前後というお買い得モデル。
ジョイスティック単体で買うのに比べ+3000円くらいでスロットルが付きます。
ただ、サイズはかなりでかいので設置場所には気をつけましょう…。

私のゲーム環境。
キーボードと比べると、ジョイスティックの巨大さがおわかりかと思います。

WoWpでThrustmaster T.Flight HOTAS Xは使えるのか?

結論からいうと、使えます。
ただ、ゲームの設定でThrustmaster T.Fight Stick Xを選ぶと、スロットルが使えません。
Saitek Cyborg V.1 Fight Stickを選ぶとHotas Xのスロットルも使えるようになります。なんでや…

WoWpはカジュアルに遊べるように、マウスで機体のコントロールが可能です。
追尾したい方向にマウスをすすすーっと動かすと、そっちに勝手に機首を向けてくれます。
しかし、ロールもピッチもヨーも無視した動きなので、フライトSim好きとしては正直微妙なところ。
ゼロ戦使うなら左捻り込みをやっぱり使いたいものです(できるかはわからないですが)。

ジョイスティックを使うときは、そのままの設定だと操作が敏感すぎて敵機を追うのがかなりつらいです。
ですので、ジョイスティック曲線調整で、ジョイスティックを微妙に動かした際の感度を下げます。

ということで、WoWpでThrustmaster T.Flight HOTAS Xを使うには

  1. WoWpのジョイスティック設定でSaitek Cyborg V.1 Fight Stickを選ぶ
  2. 使いやすいようにジョイスティックの感度を調整

という感じになります。
しかし、ジョイスティックって慣れないとなかなか照準に敵機を捉えられず、余計に力が入ってしまいます。
なかなか難しいですね。