Tier8日巡、最上の面白さについて語ってみる

WoWsのTier8巡洋艦、最上。
最初は軽巡洋艦として155mm砲を搭載していましたが、もともと203mm砲を積むように設計されていたこともあり、後に改装され203mm砲に換装されました。
WoWsでも実史同様に、155mm三連装砲と203mm連装砲に換装が可能です。

Tier8なのでTier10マッチングもあり得る艦ですが、Tier6~8のマッチングだと使いようによっては無双を誇り、Tier8~10のマッチングでは油断すると即バイタルを抜かれ大ダメージと、日巡っぽいピーキーさが楽しい艦でもあります。
癖が強い分、使い込むほどに面白くなるというか、強さを引き出せる艦だと思います。

最上のメリット

  • 155mm三連装砲×5基と、射角は限られるが最大1斉射で15発も撃てる主砲。
  • 火が付きづらいHE弾でIFHEでさらに燃えにくく…といっても数撃ちゃ燃えるので、戦艦にもそれなりにダメージを与えられる。
  • 隠蔽特化で発見距離9.5km。射程距離10Kmの置き魚雷がかなり使える。
  • 155mmでも腹を見せた巡洋艦にたたき込むAPは威力抜群。

最上のデメリット

  • 装甲が…ボトムマッチングだとボコボコにされる。縦でもバイタル抜かれる。
  • 日巡らしく対空火力が貧弱で、高Tierの空母が怖い。爆撃機で10Kダメージとか持って行かれる…
  • ヘイトを稼ぎやすく、集中砲火を浴びやすい。特に高Tierだと真っ先に狙われる。

最上はやっぱり面白い

上のメリット・デメリットを見て頂ければわかるように、慣れないと使いづらいというか、あっという間に沈む艦です。
ただ、ヘイトを稼ぎやすい=敵からすれば面倒な艦なわけで、上手く乗りこなすと活躍してくれる艦でもあります。

最大のメリットはなんといっても5基15門という数の暴力を誇る155mm砲。装填時間10秒で、1分あたり90発もの主砲を撃ち出せます。
駆逐艦に乗っている場合、最も出会いたくない敵の1つだと思います。
まあ、だから真っ先に戦艦や重巡から狙われるんでしょうけどね…あと、空母。

そんなピーキーさが際立つ最上ですが、気づいたら約3500戦中800戦と、ダントツにプレー回数が多い艦となっておりました。

最上の戦い方

マッチングによって異なりますが、基本的なプレースタイルは同一です。

  • できれば島影などの死角から敵艦を燃やす。
  • 無理して後部の第4・第5砲塔は使わず、角度を抑えて前方の主砲3基を使う。
  • 隠蔽特化はオススメ。戦艦に追い回された時など隠蔽魚雷がかなり役立つ。
  • 開けた場所で撃つときは状況をよく見る。場合によっては即ボコボコにされる。
  • 高Tierマッチングの場合、むやみに撃つとすぐに見つかるので、撃たない我慢も必要。
  • かといって芋ってると火力として貢献できないので、時には前にでることも必要。

あっさりとバイタルを抜かれることもあり、最前列に立って撃ちまくるのは避けた方が良いです。
かといって主砲の射程距離が15.7kmなので後ろで芋ってるとまったく活躍できません。
島影をうまく使いつつ、隠れながら攻撃し、時には大胆に攻め入る、あるいは置き魚雷で撤退戦を粘る、といった戦い方になります。

隠蔽特化+置き魚雷はかなり使える組み合わせで、高Tierのマッチングでボコボコにされて瀕死の状態でも、9.5kmという被発見距離を生かして、向かってくる敵艦に12km弱くらいの距離から魚雷を置いておくと、案外よく当たったりします。

Tier10のマッチングでTOPの成績を取れると、かなり嬉しかったりします。
Tier2つ分の性能差は正直かなりでかいです…

1年以上前になりますが、だいぶ活躍できた時の戦果。
魚雷命中6ってのは、かなり良い結果だと思います。通常、当たっても2、3発くらいかなぁ…

現時点での、最上の戦果。かろうじて勝率5割を超えるくらいです。厳しい…。
艦艇撃沈数が1を切る0.8と、悲しい数字になっています。
艦艇へのダメージが、自HPを上回っているのがまだマシなところか…。個人的に、艦艇へのダメージが自分のHPを上回らないと、仕事したことにならないように感じるのです。

皆さんも、是非最上で遊んでみましょう。
…とかいいつつ、最近はアンカレッジが楽しくなりつつあります。
煙幕持ちっていいよね…

WoWs ボーナスコード配布(先着4名)

WarGamingより、World of Warshipsのボーナスコードが届きましたので、皆様にお裾分け。
といっても、利用可能なのは4クーポンで、1人1コードまで。
4人先着ですので、既に使われていた場合は諦めてください…。

コードで入手できるものは、以下となります。

おお、初プレーの方はプレミアム30日分ですか…!
いきなりTier3の天竜ってのも良いですね。最初はクレジット貯めるのも大変ですし、Tier3なら、慣れてなくても楽しめると思います。

気になるボーナスコードは下記となります。

CRET-RDRDU-KKFEH

CRET-RDRKA-XZ597

CRET-RDRW8-Y2NT5

CRET-RDRXF-7579H

使い方ですが、World of Warshipsのサイトに移動し、ログインして「WarGamingコードの使用」画面から、上記のコードを入力してください。
繰り返しますが、1人1回まで1コードのみ使用可能です。
使用済みのコードは使えないと思いますので、使えなかった場合は、誰かが既に使ったということですので諦めてくださいませ…。

ソーラーパネルが白く濁ったLEDガーデンライトの復活方法

庭に設置するのに便利な、ソーラーパネル付きのLEDガーデンライト。
中国製の価格破壊が進み、1本数百円で購入できるものも。
耐久性が気になるところですが、購入してあまり時間が経たないのに、点灯時間が短くなった!という方もいると思います。
点灯時間が短くなったガーデンライト、ソーラーパネルの樹脂が白濁していませんか?
樹脂の劣化によりソーラーパネルが十分な日光を得られず、発電量が低下している可能性があります。

白濁したソーラーパネル

白濁したソーラーパネル。
下のパネルがまったく見えない状態になってしまっています。
これだと、発電量がかなり落ちてしまいます。

ソーラーパネル復活に必要なもの

ソーラーパネルを復活させるために必要なものは、以下となります。

サンドペーパーとコンパウンドは、白濁した樹脂を削り取り、表面を仕上げるために必要です。
サンドペーパーだけだと光沢面に仕上げられませんので、コンパウンドは必須です。
コンパウンドだけで作業は可能ですがかなり大変なので、併用するのがお勧めです。

クリアースプレーは、白濁を抑えるためにソーラーパネル面を塗装で保護するためのものです。

白濁したパネルをサンドペーパーできれいにする

サンドペーパーで下処理

サンドペーパーの#2000を使って、白濁した部分を削っていきます。
耐水ペーパーなので、水で濡らしてから削りましょう。
荒いペーパーを使うと深い傷ができてしまうので、#2000がお勧めです。

サンドペーパーで処理し、白濁が消えました。
縁にまだ残っていますが、ここは発電には影響ないのでこのままでも大丈夫です。
気になる方は端のほうもきちっとサンドペーパーをかけておきましょう。

コンパウンドで磨き上げる

続いて、コンパウンドで磨き上げます。
キッチンペーパーまたは適当な布にコンパウンドの極細を適量取り、磨き上げます。

磨き上げると、こんな感じでピカピカになります。
このままでも良い気がしますが、放置するとまたすぐに白く濁ってしまうので、塗料で保護します。

ソーラーパネルを塗装する

最後に、ソーラーパネルをクリアースプレーで塗装して、白濁しないように保護します。
ソーラーパネルサイズに切り抜いた厚紙を載せて、余計な部分が塗装されないようにします。

厚紙にソーラーパネルサイズに穴を開け、ソーラーパネルにスプレーします。
使用するスプレーは、クリアーであれば何でも良いと思いますが、日光にさらされますので、自動車用のものを用意しました。

仕上がると、こんな感じになります。

いい感じにきれいになりました。

購入当時は晴れの日だと夜1時頃まで明るかったのですが、パネルが白濁してからは10時過ぎには暗くなってしまっていました。
パネルを掃除したところ、購入時と同じ1時過ぎまで明るさを保ってくれるようになり、大満足です。
簡単に修理できますので、すぐ消えてしまう、という方はソーラーパネルの白濁を直してみてはいかがでしょうか。