Olasonic D1のボリュームが勝手に変わる故障を直してみた

しばらく前から、Olasonic D1のボリュームが勝手に大きくなったり小さくなったりと、安定しません。
正常に使えない状態なのでしばらく放置していましたが、修理に出すと数万円ということで、DIYで修理することにしました。

中身を分解してみると、抵抗値が変わるパーツはポテンションメーター(可変抵抗器)のみの様子。
試しにポテンションメーターの端子にテスターを当ててみましたが、特に値は変動せず。
しかし、他にボリュームが勝手に変わる故障を起こすパーツも無さそうなので、部品を交換することにしました。

使われているパーツは、台湾AlphaのRD901F-20E1-20F-B10Kという型番のもの。
データシートは以下にあります。
http://www.taiwanalpha.com/downloads?target=products&id=113

国内で探してみたのですが、見つかるのは基盤に垂直に取り付けるタイプのもので、これは脚の向きが違うので使えません。
そこで困ったときの駆け込み寺、AliExpressで探してみたのですが、上記のタイプは見つかりませんでした。なんてこったい。
シャフトの長さが短い、RD901F-20E1-15F-B10Kであれば売っていたので、こちらを買ってみました。
ボリュームのつまみは6角ナットで留められていますが、ネジ痕を確認したところ、シャフトの根元だったので、シャフトの長さが20mmではなく15mmのものでも、ボリュームの取り付けには問題が無さそうです。

購入用のURLは以下となります。
https://ja.aliexpress.com/item/33046351379.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.54694c4dOw6JL4
送料込みで$2.85なので、だいたい300円程度でしょうか。

届いてみて、取り外したボリュームと見比べてみたところ、大きな問題が発覚。
それは、シャフトはD字になっていて、ボリュームノブが空回りしないように一部が削られているのですが、その削られている向きが180度違うのです…。
つまり、そのままボリュームを付けると、ボリュームも180度回転した状態になってしまうのです。
なんとなく気になるので、シャフトの反対側の面をルーターで削り取り、強引にボリュームノブを正常な向きで取り付けられるようにしました。

これは取り外したポテンションメーター。
パーツを取り外すのに、40Wクラスの半田ごてのほかに、HAKKOのSUPPONがあると便利です。
パーツ固定用の脚が太く、ポテンションメーター背面のプレートに繋がっていて熱が逃げるため、20Wの半田ごてだとちょっと厳しい感じです。

パーツの取り外し、シャフトの加工、取り付けで作業時間は30分弱くらいでしょうか。
組み立て直したところ、ボリュームが勝手に変わる症状は無事解決、問題無く使えるようになりました。
部品代は300円程度ですから、数万円の修理費用を考えると極めて安上がりです。
これでしばらくは使えそうです。良かった良かった。

屋外まで電波が届く!Bluetooth 5対応ドングル

仕事でヘッドセットを使っているのですが、今まではintel AX200内蔵のBluetoothを使用していました。
PCI-e形状のカードに搭載しているため、金属製のPCケース内部ということもあって、机の周りでは良いのですが、隣の部屋に行くと電波が弱くなり、ベランダに出ると完全に切断されてしまいます。

せっかくのBluetoothヘッドセットなので、せめて家の周り、庭などで問題無く使えるといいんだけどなーと思っていたところ、USB接続の外部アンテナ式Bluetoothドングルを発見したので、購入してみました。

RealtekのRTL8761Bを搭載したUSB2.0接続のBluetoothドングルです。
特徴は、外部アンテナ方式であること。
アンテナは無線LANと同じSMAコネクタなので、より高利得タイプのアンテナに交換すれば、通信距離が伸びるかもしれません。

Amazonのレビューを見ていると、Windows10の標準ドライバでは認識はするものの、ペアリングができないというものがいくつか見受けられますが、私の環境ではドライバーをインストールせず、Windows10環境のPCにそのまま装着したところ、Realtekのドライバが適用され、問題無くペアリングできています。
ドライバの日付が2021/4/1と新しいため、おそらく最近のUpdateによって、自動的にRealtekのドライバが適用されるようになったと思われます。

 

さて、期待していた通信距離はというと…家の周りは完全にカバーでき、大満足です。
田舎な我が家は敷地が110坪強あるのですが、2階の仕事部屋に置いたPCから、庭を含め家の敷地は100%カバーされるようになりました。
最大通信距離100mと謳っていますが、30m程度であれば、家の壁のような構造物があっても通信可能なようです。

アンテナが外付けのドングルなので、出来ればUSB延長ケーブルを一緒に買っておくと、アンテナを好きな位置に取り付けられるのでおすすめです。
個人的におすすめは、台座付きのもの。
これにドングルを刺せば、アンテナの台座として使用できるので便利です。

エルゴトロンLXのOEM、ちょっぴり安価なAmazonベーシック モニターアーム

モニターアームといえばエルゴトロン。アルミとブラックのツートンカラー、洗練された機能美といった、まさに王道のモニターアームです。
でも、高いんですよね…。
そんな高嶺の花だったエルゴトロンのモニターアームですが、Amazonベーシックモデルとしてエルゴトロン LXモニターアームがOEM提供されており、こちらだとセールのタイミングに合わせると1万円を切るお値段で購入できます。

エルゴトロンLXは11.3kgまでのモニターに対応しています。
スタンドを除く重量が11.3kgですから、一般的なモニターであれば十分ではないでしょうか。
私はEIZOのEV3895を取り付けて使っていますが、ディスプレイ部分の重量が9.5kgあるモニターでも問題なく取り付けられました。
ただ、重量級のモニターを取り付ける際の注意点は、机が揺れるとモニターも揺れやすい、という点。
大型モニターを取り付ける場合は、耐荷重ギリギリではなく、余裕のあるモニターアームを選んだ方が、安定性という点では優れていると思います。

Amazonベーシック モニターアーム。見た目もまんまエルゴトロンLXです。
ただし、色がブラックで統一されていることと、台座にAmazon Basicと書かれたプレートが填められているところが違いです。
台座のAmazon Basicロゴ、ダサいですよね…。

こちらはエルゴトロンLX。ブラックとアルミのツートン、やっぱりかっこいいです。
とはいえ、大型モニターを取り付けるとほぼ見えない部分なので、だったら安いAmazonベーシックでいいか、となります。

台座にあるAmazon Basicのロゴ部分ですが、上からカーボン柄のラッピングフィルムを貼って隠してしまいました。
この方が見た目は良いですね…。

以前は、サンコーの3軸モニターアームを使っていましたが、今回エルゴトロンLXに乗り換えて気づいた点があります。
それは、モニターまでの距離を大きく取れる、という点。

かなり極端な図ですが、エルゴトロンLXは、モニターアームのポールが台座の後ろギリギリに位置していることと、アームを後ろにせり出すとモニターをかなり奥まで移動することができます。
その分、机の上を有効活用できますし、モニターまでの距離が離れるので目が疲れにくくなります。

また、エルゴトロンをはじめとする高級モニターアームの特徴は、モニター部分の移動がとてもスムーズというメリットがあります。
実際使っていてモニターを移動することはあまりないのですが、便利なのがケーブルを接続する際に、気軽に前に引き出せるということ。
これはかなりのメリットで、サンコーのモニターアームもモニターの移動はできますがクランプを緩めるとモニターが下にずり落ちるので、あまりやりたくない作業でした。
このあたりは、やはり高級モニターアームだけあります。

モニターの重量に応じて、矢印部分のネジを締めることでアームの堅さを変えられます。
すぐに沈み込んでしまう場合は、ネジを締め付ければアームの反発力が上がりますので、モニターが沈まないようになります。
逆に、軽いモニターで浮いてしまう場合は、ネジを緩めると反発力が下がるので、ちょうど良い位置でモニターを動かせるようになります。
この辺も考えられてますね。

ちょっと値の張るモニターアームですが、モニターアームを使ったときの机の上の広さは、一度使ってしまうと便利でやめられません。
ぜひ、使ってみてはいかがでしょうか。