2242までのM.2 NVMe SSD専用!コンパクトかつ高速なUSB SSDエンクロージャ ElecGear NV-2242Aのレビュー

2242サイズまでのSSDに限定することで、サイズがとてもコンパクトなSSDエンクロージャー、ElecGear NV-2242A。
本体に直接USB TypeA端子が付いているので、そのままPCに差し込むことができてとても便利です。
このElecGearのSSDエンクロージャー、端子がTypeAとTypeCの2種類、対応するSSDがNVMeとSATAの2種類、計4種類がラインナップされています。
今回購入したのは、TypeA・NVMeのNV-2242Aとなります。



ElecGear NV-2242Aの外見、付属品

パッケージの中には、NV-2242A本体のほか、SSDサイズ変換アダプタ、ドライバー、熱伝導シート、ストラップ、マニュアルが入っています。

本体はアルミ素材を切削加工されているようで、加工精度はとても高く蓋も寸分違わず取り付けが可能で、ぐらつくことは有りません。
キャップにはマグネットが内蔵されており、本体と磁力でピタッとくっつきます。
キャップを使わないときは、磁力を利用してスチールのデスクなどに貼り付けておくことも出来ます。
表面は黒のアルマイト加工されており、本体側の縁は1mm弱程度角を落としており、高級感があります。

SSDの変換アダプタですが、長さを変更するためのもので、調整するサイズにあわせて基盤をカットします。
2230→2242、2260→2280、2230→2260、2242→2280、2230→2280の5通りの長さに調整可能です。
今回は2242サイズのSSDを利用しますので、変換アダプタは使いませんでした。

熱伝導シートですが、12mm×12mm、1mm厚のサイズのものが10枚入っています。
NVMeのSSDは熱を持ちますので、本体に熱を逃がすためにもSSDと本体のアルミケースが接着するように、熱伝導シートを利用しましょう。

今回は、付属のものではなく、手持ちの熱伝導シートを使用しました。
使用したSSDはWestern Digital製のSD SN520 256GBですが、コントローラーチップ側に2mm厚、フラッシュメモリ側に1mm厚を挟むとちょうどケースとぴったり接触できました。
基盤裏側には、JMicronのUSB3.1 Gen.2 to PCI-Express Gen3 x2ブリッジコントローラーのJMS583が搭載されていますが、こちらは1mm厚の熱伝導シートを載せると、裏蓋とぴったりでした。

SSDは何を選んだら良いか

ElecGear NV-2242Aに搭載されているブリッジコントローラーのJMS583ですが、PCI-E Gen3 x2の対応となりますので、理論値の帯域は16.0Gbps(2oooMB/s)が上限となります。
ただし、接続するUSBが3.1 Gen2ですので、最大10Gbpsが上限となりますので、ブリッジコントローラー側の帯域はあまり考える意味は有りません。
今回は、書き込み性能がUSB 3.1 Gen.2の理論値に近い、シーケンシャル最大読取2400MB/s、最大書込950MB/s、ランダムIOPS最大読取170K、書込120KというスペックのWestern Digital WD SN530を組み込むことにしました。
Amazonで販売されているものもありますが、中国?の聞いたことがないメーカーのものばかりでしたので、Western Digital製のSSDのほうが安心感は圧倒的です。

SN530使用時のベンチマークスコア

AMD B550のUSB3.2に接続した際のベンチマークスコアです。
Readは最大速度の半分以下ですが、USB3.1 Gen2の上限値10Gbpsに近い速度が出ているのでUSBメモリとは比にならないくらい高速です。
Write側はSSDのスペックの最大値に近い数値をたたき出しています。
ランダム性能も優秀で、持ち運べるサイズのUSB接続のデバイスでこれだけの速度が出れば十分かと思います。

なお、性能をフルに引き出すためには、10GbpsのUSB3.1 Gen2(またはUSB3.2 Gen2)に接続する必要があります。
USB3.0(USB3.1 Gen1、またはUSB3.2 Gen1)は5Gbpsが上限のため、ベンチマークでも500MB/s弱の速度しか出ません。

気になる動作時の温度

発熱が大きいNVMeのSSDを使うだけあって、温度が気になるところです。
Crystal Disk Markのベンチマーク実行中の温度を、放射式温度計で測定してみました。

最大で50度弱くらいの表面温度となります。
触るととても熱く感じるけど、やけどするほどでもない、といった温度でしょうか。
SN530のサーマルスロットリング発動温度は85℃とのことなので、まだ十分にマージンはありそうです。

ただ、外付けのデバイスですので、抜き取る際に50℃という温度は、あまり積極的に触りたくありません。
そのため、リング状のストラップが付属しているのだと思います。
リングに指をかけ引っ張れば、本体に触れずに取り外すことが可能です。

1000MB/sに近い転送速度、小型で持ち運びが便利、コネクタ付きでケーブル不要と、とても便利な一品。

ElecGear NV-2242Aで気に入っているところは、

  • 2242サイズとしたことで、本体がとても小さくて持ち運び簡単
  • アルミ素材のボディのため放熱に優れる
  • USBコネクタが本体に付いているので、扱いがとても簡単

という点です。
特に、サイズの小ささとコネクタが付いているので直接PCに取り付けが可能な点は、とても便利。
長時間使っていると本体がかなり熱くなりますが、気になる点はそれくらいでしょうか。
高速かつ小型のUSBストレージを探している方には、お勧めの製品だと思います。

SSDを組み込む際に1点、重要な注意点です。
かならず、本体のアルミケースとSSDのチップが接触するよう、付属の熱伝導シートで調整してください。
厚みが足りないところは2枚重ねれば2mm厚になりますので、適宜調整して取り付ける必要があります。
熱伝導シートの厚みが足りず、ケースに放熱できない状態だと、SSD側の温度があっという間に上昇し、サーマルスロットリングが発動して動作が遅くなる、あるいは最悪の場合SSDの故障に繋がる可能性もありますので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください