ピットロード 1/700 重雷装艦「大井」完成しました!

01

“作戦が悪いのよ……
あっ!いえ、私が至らなくてごめんなさい。”


重雷装艦「大井」です。
4連装の魚雷発射管を装備していますので、艦これだと大井改の状態となります。
ちなみに、大井改二は魚雷が5連装発射管になっています。

艦のほぼ半分にもおよぶ魚雷発射管用の甲板に、九二式四連装発射管を10基も搭載してしまった、一発屋な感じがたまらないです。
20射線の酸素魚雷、食らえば木っ端みじんだったでしょうが、登場した頃にはすでに雷撃戦は過去のものとなり、結局輸送艦として使われることに(T_T)

とはいえ、艦これでは雷撃能力が遺憾なく発揮されており、開幕雷撃で戦艦を吹っ飛ばすことも多数。
敵へのダメージが半端ないため、空母や戦艦を抑えてMVPを取りまくった結果、いつのまにかレベル99を達成しちゃいました。
二重人格的な台詞がきっつい大井っちですが、使っているうちにあの刺々しい台詞が可愛く思えてくるのが不思議w

1/700の艦船模型を作るときは、なにか新しい試みを一部でもいいのでなるべく取り入れるように心がけてます。
今回トライしたのは
・魚雷運搬軌条のエッチングパーツによる再現
・窓パーツの徹底的なエッチングパーツ化
・浮き輪、オールの再現
といった感じです。

 

02

エッチングパーツを使って再現してみた、魚雷運搬軌条。
どうみてもオーバースケールですが、立体になったほうが雰囲気は出ますね。
しかも、大井は甲板部分がかなり広いため、立体感がないとのっぺりしてしまいます。
アクセントにもなりますので、是非とも運搬軌条はエッチングパーツ化したいところです。

使用したエッチングパーツは水上機運搬軌条のものなのですが、一番小さいレールは魚雷運搬軌条として使えるということで購入したのですが… 大井はレールの長さがどえらく長いため、パーツが足りませんでした。
よって、オーバースケールには目をつぶり、一番ストックが多かった レールを使用してます。

 

03

ファンネルキャップはクラフトナイフと0.3mmのドリルを使って穴開け。
横から見ると穴が空いていない状態なのでちょっと微妙ですが、そのままよりはいいかな…と。

ジャッキステーを付けてみましたが、なかなか上手に接着できません。
ライオンロアのエッチングパーツは薄くてふにゃふにゃなので、取り扱いが難しいですね。
ジャッキステーの接着ですが、煙突に接着するには細かく接着剤を付けるよりも、ぐるっと一周させてしまい、重なる部分を接着剤でとめたほうが仕上がりが綺麗になります。
この頃は細かく付けていたので、微妙な感じになってしまってますね…

 

04

キットに付属する魚雷発射管は、シールド無しのタイプになっています。
簡易シールドが付いていたという乗組員の方の証言もあり、今回はシールド付きに改造してみました。

0.3mmのプラバンを加工してシールドを作成します。
上と左右の板をそれぞれ切り出し、接着剤で繋げて作ります。
左右で形が違うので、5つずつ作成しました。

 

05

小物である浮き輪も作ってみました。
細く伸ばした伸ばしランナーを0.3mmの真鍮線に巻き付けた後、100℃のお湯につけて形を覚えさせます。
その後、クラフトナイフで切り出して、切断部分を瞬間接着剤で輪っかにして形を整えます。
最後に、エナメル塗料で塗装して完成。

カッティングボードの格子が1cm四方なので、小ささがわかると思います。

 

06

カッター用のオールも作ってみました。
伸ばしランナーの先に0.1mm厚のプラペーパーをくっつけ、形を整えます。
ほんとうは柄の部分はもっと細くしたかったのですが、
伸ばしランナーだと曲がったり折れてしまったりするので
0.2mmの真鍮線がほしいところです。

 

07

完成した大井。

エッチングパーツのマスト、説明書だと取り付けが前後逆というトラップが…
手すり、窓枠、ボートダビットはエッチングパーツとなります。
張り線はいつものようにナイロン 0.15号の鮎釣り用テグスを使用しています。

 

img

ウェザリングは錆をメインに入れてみました。
艦底パーツが別になっているのですが、そのまま取り付けると
モールドの凹みが気になるので、
一度接着→パテ埋め→やすりがけ→マスキングして塗装、というように仕上げています。

 

08

ブリッジ周辺。
単装砲って、何気にわびさびよね~

浮き輪が良い感じでアクセントになっています。
マストの見張り台?には窓枠の一番小さいものを使用して
梯子を再現してみました。

 

09

メインマストの張り線は、外側のものを二重にしてみました。
次回は滑車とかつけて作り込んでみますか。

それにしても、単装砲がおまけみたいな感じですな…

 

10

後部甲板の内火艇&カッターなどなど。
手すりやオールを付けてみたので、精巧な感じになってます。

内火艇用のエッチングパーツセットとかもあるのですが、高いんですよね…
ファインモールドのナノトレッドもディティールすごい細かいのですが
これまた高いのよね…

艦尾にある梯子?っぽいのは、おそらく爆雷投下軌条。
大井に爆雷を搭載していたかは謎らしい(あまりにも情報が無い)のですが、他の方の作例にあったので伸ばしランナーで作ってみました。

 

11

奥から足柄、大井、子日と横に並べてみました。
こういった楽しみ方もできるのも、ウォーターラインシリーズの楽しいところです。

 

12

大きさはこれくらい違います。
やはり重巡洋艦、大きいですね…
大井の低重心っぽい姿と比べると、子日やばそうですw

 


ウォーターライン制作に必要な工具・接着剤など

プラモを作る上で必ず必要なのが、接着剤。
最近のガンプラとかはとかは接着剤なしで組み立てられますが(凄い!)、ウォーターラインシリーズを作る際には必須となります。
接着剤といってもいろいろありますが、私がよく使うのはプラモ用の接着剤と、瞬間接着剤。
といっても、種類もいろいろありますので、オススメの接着剤をご紹介。

■流し込みタイプ接着剤

一度使ってしまうと、元に戻れないのがこのこの接着剤。
粘度がまったくなく、さらさらなので毛細管現象で細かいところまで接着剤が行き届きます。
通常タイプのものも持っていますが、流し込みタイプ接着剤を使ってしまうとまったく出番無し。

オススメはタミヤセメント 流し込みタイプ。
においが気になるかたは柑橘系植物の成分で作られたリモネンセメント 流し込みタイプもあります。
船体パーツの取り付けだけではなく、リノリウム押さえの固定にもつかえます。
ただし、プラスチックを溶かして接着するため、金属だと接着力が激減しますので注意してください。

img

リノリウム押さえを接着してみたのがこちら。
極細銅線の芯線をばらし、直線に伸ばしたものを流し込みセメントで固定しています。

■瞬間接着剤

エッチングパーツや張り線の処理で必要なのが、瞬間接着剤。
個人的にオススメなのが、スティックタイプのもの。
スティックの先でてすりなどの細かいパーツの隙間に流し込めますので、とても便利。
あとはブラシタイプのものと、ゼリー状瞬間ですね。

硬化剤は吹き付けてしまうと、近くに別のパーツを接着しようとする際に接着前に硬化してしまうため、あまり使いません。
どうしても使う時は、筆の先に少しだけ硬化剤をスプレーし、近くに筆をかざして気化した硬化剤で反応させるようにしています。

瞬間接着剤を使う際に必須なのが、アセトン。
間違って瞬間接着剤でエッチングパーツの穴が埋まった!とか、位置がずれて外したエッチングパーツに付着した瞬間接着剤を剥がすのに使います。
専用のリムーバーもありますが、効果が薄いので、オススメはアセトンです。
ネイルのリムーバー剤としても売られていますので、入手は比較的簡単かと思います。
揮発性が高いので、使う時はスポイトで少量ずつ小皿に移すのがオススメ。
アセトンの中にエッチングパーツを入れ、しばらく放置してから筆の先で擦ると簡単に接着剤を除去できます。
ただし!プラスチックを溶かすので、プラパーツへの使用は厳禁です。

■ニッパー

パーツを切り出すときに必須なのが、ニッパー。
プラスチックパーツ専用のニッパーが1つあると便利です。
真鍮線でマストを自作するようになったら、金属用のニッパーを別途揃えるといいでしょう。
ニッパーでお勧めは、定番のタミヤの薄刃ニッパー。迷ったときはこれを買っておけば、まず問題はありません。


フジミ 1/700「雪風」 エッチングパーツフルカスタマイズver 完成!

yuki

“不沈艦の名は、伊達じゃないのです!”


重雷装艦 大井に続いての建造は、陽炎型駆逐艦8番艦、雪風となりました。
幾度もの激戦をくぐり抜け、最後まで生き残った不沈艦として有名ですね。
艦これではかなりのレア艦ですが、驚異的な運を誇り敵の弾幕を避けまくっています。

雪風は有名な艦ということもあり、アオシマ、フジミ、ピットロードからそれぞれキットが発売されています。
ディティールの細かさでいうと、フジミ>ピットロード>アオシマといった感じでしょうか。
最初、アオシマのリニューアルキットを買ってみましたが、思ったよりも大味な感じだったのでフジミのキットを買い直してこちらを作ることにしました。

今回は純正エッチングパーツではなく、ライオンロア社の陽炎型エッチングパーツ フルコンプリートセットを使用して、ディティールアップの限界に挑戦することにしてみました。
このエッチングパーツセットはエッチングプレート4枚に真鍮砲身6本が付属する、どえらい細かなものとなっています。

もともとライオンロア社のエッチングパーツはかなり薄いステンレスを使用していますが、今回使ったものは電探など、これって本当に組み立てられるのか…?といったレベルのパーツがてんこ盛りで、ある意味モデラーへの挑戦状といった気がしますw

駆逐艦 雪風 性能諸元
・排水量 基準:2,033トン
・全長 118.5メートル(1/700スケールで17cm)
・全幅 10.8メートル(1/700スケールで1.5cm)
・吃水 3.8メートル
・機関 艦本式衝動タービン2基2軸 ロ号艦本式缶3基 52,000馬力
・最大速力 35.5ノット
・航続距離 18ノット/5,000海里
・兵員 239人

兵装一覧
・50口径三年式12.7cm連装砲:2基
・九六式25mm3連装機銃:5基
・九六式25mm単装機銃:14基
・九二式61cm四連装魚雷発射管:2基
・九四式爆雷投射機:1基
・爆雷投下軌条:2基
DSC_1138

完成した雪風。
全パーツを装着後、つや消しクリアーを吹いて全体の光沢を整えました。
ウェザリングや墨入れで使うエナメル塗料が、つや消しではあるんですが微妙に光沢があり、3/4光沢の軍艦色とはかなり異なる光沢に仕上がります。
そこで、最後にアクリルのつや消しクリアーを薄く吹いて光沢を整えることで、違和感が少なくなるようにしています。

主砲、魚雷発射管などのジャッキステーや窓枠、マスト、ブリッジの窓枠などはすべてエッチングパーツです。
窓を塞ぐ板もエッチングパーツを1枚ずつ接着しています。
舷外電路もエッチングパーツが付属しましたが、キットのモールドが割と良い出来だったので、こちらはモールドを使っています。
ただし、断面が“)”状になってしまっているため、エッジ部分をクラフトナイフで削り、“]”状に加工しています。

九六式25mm3連装機銃および九六式25mm単装機銃はファインモールドのナノトレッドを使用しています。
これ、プラパーツとは思えないくらい細かく出来ており、エッチングパーツを使って作り込むには最適ですね。
ただ、価格が高いので大型の艦船で使うにはかなり勇気が必要です…
DSC_1148

艦橋周辺のアップ写真。
マスト下部はエッチングパーツがあまりにも薄く張り線するのは不可能だったためエッチングパーツの折り目から各パーツを切断、0.3mmの真鍮線を支柱にして切り離したパーツを貼り付けて作成しています。
マスト上部は0.3mmの真鍮線で自作しました。
支柱とはハンダ付けで処理していますが、ハンダの量を限界まで減らしてしまったため強度に不安を抱えることに…

マストへの張り線は0.15号の鮎釣り用のラインを使用していますが、先に6本をまとめて瞬間接着剤で固定したあと、船体に貼り付けます。
その後、マストに2本単位で接着していけば割と綺麗に貼ることができます。
DSC_1157

後部マスト付近。
改装後は50口径三年式12.7cm連装砲の2番砲が撤去され、かわりに対空機銃が増設されています。
後部構造物のドアは足柄であまったエッチングパーツを使用して、開いている状態を再現してみました。
ついでにジャッキステーもつけてみましたが、他の艤装パーツを付けたあとからの作業だったので、かなり大変でした…

このサイズだと見にくいですが、船体には手すりも付けてあります。
フジミの純正エッチングパーツと比べるとライオンロアの手すりはどえらく薄っぺらい、ふにゃふにゃな手すりですが、きわめて細いこともあり、取り付けてみても違和感がありません。
ダメコン用の木材は0.2mmのプラペーパーを角材状に切断、複数本まとめて金属ワイヤーで縛って載せています。
0.3mmだと思ったより分厚かったので、0.2mmくらいがちょうどよさげです(0.2mmだと14cm角) 。
DSC_1152

こちらは煙突付近。
カッターにはエッチングパーツのオールをセット。
ボートダビットはエッチングパーツを使用していますが、ちょっと薄すぎかな…?
ボート固定用のバンドは、マスキングテープを使用して再現しています。
マスキングテープの表面は剥離用のコーティングがされており、塗料を弾いてしまうためエッチングパーツ用プライマーを塗り、その上からエナメルのつや消しホワイトを塗って仕上げています。
DSC_1161

艦尾方向から。
写真ではぼけてしまっていますが、艦尾の出っ張り部分と爆雷投下軌条もエッチングパーツとなります。
DSC_1166

艦首、艦尾のポールは0.2mmのピアノ線です。
真鍮線は柔らかいので0.2mmクラスになると、個人的にはなかなか折れ曲がらないピアノ線が使い勝手が便利です。

ウェザリング塗装は作る方によっていろいろ表現が異なるところですが、私はなんとなくこんな感じなんじゃね?というノリで塗ってしまってます。
舷側のすぐ上に構造物があると、たぶんそこから汚れが下にたれるハズ…とか、舷外電路の折れ曲がっているところは汚れが溜まりそうだ…といった感じでまずは見当を付けます。
塗装はタミヤのエナメル塗料を用います。
サビ用にレッドブラウン、汚れ用にシーブルーとブラックを中心に濃いめで汚れを入れてから、エナメル溶液を筆につけて、エッヂ部分を擦るような感じでグラデーションに仕上げていきます。

DSC_1169

上部より。
リノリウム押さえは電子工作用のケーブルの被膜を剥き、中の芯線をほぐしたものをまっすぐに伸ばして使っています。
巡洋艦以上は真鍮製だったそうですが、駆逐艦はブリキということらしいので銀色のケーブルを使用しました。
リノリウム部分は単調になりがちなので、良いアクセントになったと思います。
DSC_1172

今までに作ったウォーターラインシリーズの艦と並べてみました。
制作順序としては、足柄→子日→大井→雪風という順序ですが、今から足柄を見るとだいぶ改善の余地あり、といった感じですね。

最後に、今回手を入れた箇所をずらーっとご紹介。

・艦首・艦尾ポールを0.2mmピアノ線で自作
・アンカーチェーンは極細の模型用鎖を使って置き換え
・錨、窓蓋、ジャッキステー、艦橋の窓枠などはライオンロアのLE700105を使用
ただし、舷外電路等の一部パーツはプラスチックのモールドをそのまま使用
・リノリウム抑えの表現
・25mm機銃にファインモールド ナノトレッドを使用
・手すりにキャンバス地の表現
・0.2mmプラペーパーを使ったダメコン木材の再現
・水密ドアが開いた状態の表現
・救命具の製作・実装
・張り線
・マスト自作など

さーて、次は簡単に作れる伊号潜水艦を作ってから、扶桑にチャレンジですよ~!

おまけ
Arqspinなるサービスを使って、ぐるぐる回して見られるようにしてみました。
塗装ブースの回転台に乗せて撮影しているので、ビミョーにガタガタしてますね…orz