ピットロード 1/700「菊月」 勝手に迷彩ver

036

“悪いが、ここが貴様らの墓場だな!”


睦月型駆逐艦9番艦、菊月。
1,315トンと小型ながらも、3連装魚雷発射管2基を備えています。
菊月にこの迷彩が施されていたかは不明ですが、睦月型初期の迷彩塗装を再現してみました。
筆塗りなので厚ぼったく…色は白黒、グレーのツートンといろいろ考察があるみたいですが、グレーのツートンに仕上げてみました。

 

01

今回は試しにいろいろチャレンジしてみました。
・リノリウム押さえの塗装による再現
・ボート押さえ用のベルト?を付けてみる
・艦首ポールを0.5mm→0.3mm真鍮線に変更、強度テスト
・ウェザリング塗装
・その他諸々

 

02

エッチングパーツが柔らかいため、手すりが微妙にひん曲がってますな…
艦橋の窓もエッチングパーツにしてみましたが、元のモールドされていた高さに合わせてパーツを選んだら妙に窓がちっこくなってしまいました。
もう一回り大きなものを使わないとバランス変でしたね、これ。
次回から気をつけよう…

デカールはマークセッターをあらかじめ塗った上で貼り付けてみましたが、これ、めちゃくちゃ便利ですね…
マークセッターのありなしで全く仕上がりが異なります。
これは必需品だ。

 

03

ダメコンの木材も再現してみました。
他の方の作例を見つつ置き場所を確認してみましたが…ここでいいのか?!
割り箸を薄く切り出した後に折れないぎりぎりの薄さ(0.7mmくらい?)に削り、棒状に切り出したものを細い電気ケーブルの芯線を使ってまとめています。

 

04

艦尾方向から。
ファインモールドのキットなのですが、結構細かく出来ています。
艦尾のレール、これって機雷投下用…?
菊月からは掃海具を積んでいたので、レールの再現って不要だったのかなぁ。
この辺、時代考証とか割といい加減に、説明書を見つつ適当にディティールアップしてますw

 

05

トップヘヴィ番長こと初春型の子日とのツーショット。
子日も1400トンとほとんど変わらないものの、かなり巨大に見えます。
ブリッジもデカいし、砲も重たそうだし…こりゃ転覆しかねないわ。
武装欲張りすぎですよね。

 

06

上から来るぞ気を…見るとこんな感じ。
艦首フレアが大型化されていることもあって、頭が巨大に見えます。

艦これ仕様に台座もつくってみました。
で、写真を撮るのを忘れていたので、贈呈先の下小川さんが撮影された写真を無断拝借。

img

 

使用したのはダイソーの100円の展示ケース。
台座はカラーレーザープリンタを使って、コート紙に印刷、断面を黒で塗りつぶして貼っています。
艦は裏から木ねじで固定。
もうすこし大きな艦ならM4ナットで固定しますが、睦月型はちっちゃいしね。

キャラ絵とロゴを配置したら、結構良い感じに仕上がりました。

アオシマ 1/700 雪風を陽炎(改修前)に改造してみた

091

“やっと会えた!陽炎よ。よろしくねっ!”


LionRoar製の陽炎型エッチングパーツセットを使ってフルカスタマイズするために購入したのですが…キットは割と簡略化されている感じ。
船体に窓も一切なし、舷外電路もなし、艦尾の爆雷投下軌条もなければドアのモールドもかなりビミョーな感じ…というようにかなり手を入れる必要があったため、フジミの雪風を買い直してそちらをフルカスタマイズして作ってみました。
で、残ったアオシマの雪風をどうするか…と思って放置していたのですが、扶桑を作るついでに一緒に塗装していたら、いつの間にか完成してしまいましたwww
結局、そのまま作っても雪風がダブるので、改装前の12.7cm連装砲×3に改造して、陽炎として作ってみました。
01

艦橋脇のカッターを支えているボートダビットは実際には違う形状なのですが、キットに付属していなかったので違うもので代用。
本当はもっと寝ている、潰れた?マークに近い形状のものだったりします。
鎖は思ったよりもディティールがしっかりしていたので、キットのモールドをそのまま使っています。

手を入れた箇所は、
・艦橋の窓のエッチングパーツ化
・手すりおよびリノリウム押さえの追加
・マスト自作
・一部扉のエッチングパーツ化
・張り線
といったところ。
全体的に簡略化されているキットなので、あまり細かいところまでは手を入れていません。
また、スキッドビームなどの一部パーツはフジミの雪風のパーツを使用しています。
フジミのパーツ、プラスチックのインジェクション成型にもかかわらずちゃんと穴が抜けていたりと、細かいんですよね~
02

マストは電探が載っていないため、シンプルな形状になっています。
改装後のキットのため、改装前のマストを自作しました。
後部マストと太さをあわせるため(手抜きで前部マストだけ自作)、柱は0.5mmの真鍮線を使い、横に伸びている部分は0.3mmの真鍮線を、一番上の部分だけ0.2mmのピアノ線をハンダ付けしています。
横方向のトラス?は伸ばしランナーを使いました。
03

艦名を入れないと浦風と違いが分からないので、艦名を記入してみました。
文字はどうやって入れようか…と悩んだのですが、結局
1,Webから写真を取り込む
2,photoshopで印刷時に1/700サイズになるようにdpiを変更
3,Illustratorに貼り付けてパスにトレス
4,宛名ラベルに印刷
5,クラフトナイフで文字の部分を切り取り、マスク
6,白で塗装
という方法にしました。
黒い影の部分は細すぎるので入れていません。

ウェザリングは本体がかなりアッサリしていることもあって、かなり強めに入れてみました。
いつもながらのお気軽適当ウェザリングで、実質30分ちょいくらいしかかかってません。

 

04

改装後は25mm機関銃が載っているところに、12.7cm連装砲の2番砲が載っています。
あと、艦橋の後ろにある電探操作室?がありませんので、外見はスッキリしています。
窓の位置を適当に開けてしまったため、実はだいぶずれていますorz
05

徐々に増えてきた我が艦隊。
いやー、駆逐艦が多いですねぇ。

フジミ 1/700「足柄」純正エッチングパーツ使用 完成しましたー!

057

出撃よ! 戦場が、勝利が私を呼んでいるわ!”


フジミのスポット生産品、特SPOTシリーズのNo.10、足柄です。
フジミ純正のエッチングパーツが付属しますが、かなりパーツ数も多く、精巧に作り込むことが可能です。
このキットは3隻目に作ったものなので、出来映えとしてはうーむ…といったところも多々あります。
フルハル金剛→フルハル長門→足柄→子日→大井→雪風→伊168→浦風→陽炎→まるゆ、という順序で建造して、現在は扶桑と阿賀野に仕掛中。

フジミのエッチングパーツって純正のフィッティングの良さと適度な厚みもあって、加工もしやすくてオススメです。
精密さにおいてはLionRoarやFlyHawkなどの方が上ですが、こちらはかなり薄く、扱いは格段に難しいと言えます。
01 

02

船体が反っていたので、補正中の図。
艦の左右にスペーサーがわりのやすりを置き、接着剤で底面を固定したあと、HDDを重石代わりにおいて反った状態をなおします。

03 

窓はすべて0.5mmのピンバイスで穴を開け直します。
誤って1本ドリルを追ってしまい、買い直すことに…
これだけでも、かなりディティールが細かくなった印象になります。

04

アンカーチェーンは模型用の鎖を使って再現。
引き込み口は0.8mmのピンバイスで穴を開け、中に鎖を押し込みます。
キャプスタンは伸ばしランナーの細いものを接着、チェーンを巻き付けて上に太めの伸ばしランナーのスライスを乗せて接着しています。

05 

窓枠を付属のエッチングパーツに変更。
ブリッジ左右にある対空機銃のスポンソンもエッチングパーツに交換しています。

06

煙突はキャップパーツを装着後ルーターで穴を開け、ファンネルキャップなどのエッチングパーツを取り付けます。
重巡独特の曲がった煙突が特徴的です。
手すりも切り取ったエッチングパーツを曲げて、瞬間接着剤で固定していきます。

07 

別の角度から。
サーチライトや対空機銃用の台座がものすごく細かいです…
これだけ作るのに、平日と言うこともあって2~3日くらいかかっています。

08 

ブリッジの屋上にある双眼鏡を作ってみました。
実際の双眼鏡は20cmだそうですが、今回作ったものは0.4mm程度なので28cmくらいになってしまっています。
これ以上小さいと、逆に円筒形に見えなくなってしまうので、これくらいが妥協点かな…

 

09 

どれくらい小さいかを比較するため、PCで使うミリネジと比較。
すげー小さいのがわかると思います…

10 

ホースリールはエッチングパーツのものと交換。
ホース部分は伸ばしランナーを白く着色して輪切りにし、エッチングパーツに固定しました。

11

徐々に組み立てが進んでいます。
見ているだけでも楽しいひとときですw
12

一度張った空中線を撤去、再度0.15号ワイヤーで貼り直し中。
2番砲塔、4番砲塔上の空中線支柱はあまりにも細すぎるため、最上部の柱のみ後ろからエッチングパーツを削り出したものを接着、2重にして強度を上げています。

以下、完成した足柄です。
13

完成した足柄。
空中線はとりあえず近所で売っていた1号のテグスを使用してみましたが…うーん、やっぱり太いか。
マストの部分とか補強が必要なので、今度0.1号買って貼り直しすることにします。

やっぱり納得がいかないので、すべて0.15号のナイロン糸に張り替えました。
船首のポールは空中線のテンションがかかることを考え、0.3mmの真鍮線に交換。
なるべく深いところまでピンバイスで穴を開け、しっかりと固定しています。
14

ブリッジ中心。
主砲は旋回できるように固定されていませんが、空中線を張ったため触ることは不可です。
もっとも、エッチングパーツの塗装が剥げやすいので、お触り厳禁。
触ると怒られます。

手すりやクレーン、階段などエッチングパーツによる細かいパーツてんこもりなので、1/700とは思えない細かさ。
っていうか細かすぎて肩こりまくり。
15

16
設計者の平賀譲氏が出張で不在なのをいいことに、勝手に海軍が設計図を書き換えて搭載してしまった魚雷発射管が特徴的です。
上部にカタパルトと艦載機のスペース、下部に魚雷発射管としていますが、艦内に爆発物である魚雷があるのは誘爆する可能性を考えるとかなり危険そう。
17 

正面。
巡洋艦ならではの精悍な顔立ちです。
18 

ブリッジの後ろの空中線は結構難儀しました。
凄い方々はここに滑車まで再現していますが、今回はストレートに配線するにとどめました。
1/700は奥が深い…
 19

上部より。
うーん、美しい艦ですねぇ。
20 

艦載機のプロペラはアオシマの長門に付属したエッチングパーツの残りを流用。
2枚ペラだったので、プロペラだけ切り落とし、瞬間接着剤で固定しています。