艦これで艦船模型をはじめた方に : メーカーごとの特色について

大層なタイトルをつけていますが、艦これがきっかけでプラモを作り始めた私が何隻か作ってみて、思ったことなどをだらだらと書いてみよう、というそんなコーナーです。

メーカーごとの特色

1/700の艦船模型は、タミヤ、ハセガワ、アオシマ、フジミ、ピットロードといったメーカーが様々なモデルを販売しています。
かつては
静岡模型教材協同組合に所属していたメーカー各社がくじ引きによって各種艦艇をモデル化していましたが、フジミが静岡模型教材協同組合を脱退し、シーウェイモデルを独自展開するようになってからは、各社からいろいろなモデルが登場するようになっています。
そんな各社の特色を、主観バリバリにご紹介します。

■フジミ

フジミのキットは雪風、扶桑、高雄、愛宕あたりを持っていますが、最近のキットはどれもとても細かいですね。
米粒大のパーツも大量にあり、作るのにはかなりの難易度を伴います。
パーツが細かいのはいいのですが、プラスチックパーツだとどうしてもオーバースケールになりがちなものもあり、適度に省略した方が良いのでは?と思うところも若干あったり。
ただし、このあたりは純正品や社外品も含め、エッチングパーツのアフターパーツが充実しているので、交換してしまうのも一つの手です。
また、真鍮線などを使って代替することもすることも出来ます。

いきなり最初にフジミのキットは、ちょっと敷居が高いかもしれませんが、素組みでも十分に見栄えがしますのでオススメです。
ただし、空母や戦艦をいきなり作るよりは、駆逐艦~巡洋艦くらいをまず作ってみるほうがいいかもしれません。

■アオシマ

昔からいろいろな艦船をリリースしていますが、昔のモデルはかなりモールドも貧相で、ダメダメな出来が多かったようです。
ただし、最近リニューアルされたキットはかなり力が入っており、フジミほどのやり過ぎ感はありませんが、十分に素組みでもしっかりとしたディティールを保っています。

痛アイテムも得意とするアオシマですので、艦これとのコラボ製品も数多くリリースしています。
艦これパッケージ仕様のモデルもリリースしていますが、キャラクターエッチングプレートなどが付いてくる分、かなり高くなっています。
個人的にはキャラクタープレートではなく、ディティールアップ用のエッチングパーツを付けて欲しいところではあります…

最近リリースされている艦これシリーズのモデルは、パッケージは新しいですがキットの中身はアオシマやタミヤの古いままですので、注意が必要です。
特にタミヤの島風とかは、1970年代のキットですからね…

■タミヤ、ハセガワ

古いキットしか持っていませんが、最近は新製品の投入には熱心でないようで、リニューアルしたキットなどはあまりないようです。
キットが古いためパーツ数も少なく、すぐに作れてしまう良さはありますが、かなりビミョーな感じもするので、アフターパーツによるディティールアップは必須でしょう…
積極的に買いたい、と思うキットではありません。

特に、フジミが静岡模型教材協同組合を脱退したあとは、今まではタミヤやハセガワしか出していなかった艦船を独自にキット化していますので、購入するならフジミ製のほうがオススメです。

島風と伊168、阿賀野、天龍などを持っていますが、どれもかなり古いキットで、滑り止め鋼板のモールドなどもなく、とてもアッサリしています。
見栄えするように作り込むにはエッチングパーツによるディティールアップは必須とも言えますので、難易度はかなり高いと思われます。
微妙にパーツが合わない、バリがある、反っているなんてのもよくありますしね・・・

ハセガワが久々にリリースした1/700の赤城はかなり気合いが入っていて良作らしいです。

■ピットロード

ニッチな艦船プラモをリリースすることで有名なメーカーです。
ディティールはそれなり、といった感じで、細かさから言うと、フジミ>ピットロード≧アオシマ>タミヤ・ハセガワ、といった感じです。
小型艦船はピットロード製のキットなのでかなりモールドも細かいのですが、大型艦船は中国のトランペッターに製造を委託しているため、かなりビミョーな出来のものが多い様子。
あと、キットの値段が若干高めなような気もしますです、はい。

とはいえ、ピットロードしかキット化しない艦船も多数あり、貴重なメーカーでもあります。

 

(私が作った中で)最初に作るのにオススメのキット

ぶっちゃけ、一番気に入っている艦娘のキットを作るのが良いと思いますが、いきなりフジミの赤城とかはチャレンジすぎな気がします。
私はまだ空母には手を付けていませんが、理由は「作り始めるとかなり大変そう」なため。
構造が複雑な上に木甲板シート、エッチングパーツなどのアフターパーツも数が多く価格も高いため、フルセットを揃えると1万円近くになってしまいます。
その上、エッチングパーツの取り付けなどにきわめて高度なテクニックが要求されますので…空母はしばらくは手を出さない方がいいのでは?という感じです。

今まで作ったキットは数が少ないのですが、オススメするとしたら以下の様な感じでしょうか。

アオシマ 利根

ちょっと古いキットですが、パーツ数が少ない割にはしっかりと利根型のディティールを捉えており、組みやすくて良いキットだと思います。
ストレートで組むも良し、手すりやラッタルを取り付けるだけでもぐぐっと存在感が増します。
魚雷がある甲板の部分が塞がれている(航海中は塞いでおいたらしい)ので、ここは開口して魚雷発射管を取り付けたいところ。

フジミ 雪風

かなり細かいパーツも付属しますし、作りがいがあるキットです。
有名な艦なのでアオシマ、ピットロード、フジミからリリースされていますが、ダントツにフジミのキットが一番細かいですね。
浦風と2隻セットで入っていますが、浦風ではなく他の艦として作るのもアリです。

フジミ 金剛
私が最初に作ったのが、フルハルの金剛。
フルハルとは水面下の船体部分までキット化されているものです。
最初に作ったので出来としては微妙ですが、それなりに見栄えもする、良いキットだと思います。

なんといっても、絶大な人気を誇る艦娘なだけに、作る方も多そうな感じ。
できればエッチングパーツを使ってディティールアップしたいところですが、素組みでも十分にいけてます。
ただ、パーツが多いのでちょと手こずるかもしれません。

フルハルだと他の艦と並べられませんので、フルハル版を買うと良いかもしれません。

ピットロード 1/700「菊月」 勝手に迷彩ver

036

“悪いが、ここが貴様らの墓場だな!”


睦月型駆逐艦9番艦、菊月。
1,315トンと小型ながらも、3連装魚雷発射管2基を備えています。
菊月にこの迷彩が施されていたかは不明ですが、睦月型初期の迷彩塗装を再現してみました。
筆塗りなので厚ぼったく…色は白黒、グレーのツートンといろいろ考察があるみたいですが、グレーのツートンに仕上げてみました。

 

01

今回は試しにいろいろチャレンジしてみました。
・リノリウム押さえの塗装による再現
・ボート押さえ用のベルト?を付けてみる
・艦首ポールを0.5mm→0.3mm真鍮線に変更、強度テスト
・ウェザリング塗装
・その他諸々

 

02

エッチングパーツが柔らかいため、手すりが微妙にひん曲がってますな…
艦橋の窓もエッチングパーツにしてみましたが、元のモールドされていた高さに合わせてパーツを選んだら妙に窓がちっこくなってしまいました。
もう一回り大きなものを使わないとバランス変でしたね、これ。
次回から気をつけよう…

デカールはマークセッターをあらかじめ塗った上で貼り付けてみましたが、これ、めちゃくちゃ便利ですね…
マークセッターのありなしで全く仕上がりが異なります。
これは必需品だ。

 

03

ダメコンの木材も再現してみました。
他の方の作例を見つつ置き場所を確認してみましたが…ここでいいのか?!
割り箸を薄く切り出した後に折れないぎりぎりの薄さ(0.7mmくらい?)に削り、棒状に切り出したものを細い電気ケーブルの芯線を使ってまとめています。

 

04

艦尾方向から。
ファインモールドのキットなのですが、結構細かく出来ています。
艦尾のレール、これって機雷投下用…?
菊月からは掃海具を積んでいたので、レールの再現って不要だったのかなぁ。
この辺、時代考証とか割といい加減に、説明書を見つつ適当にディティールアップしてますw

 

05

トップヘヴィ番長こと初春型の子日とのツーショット。
子日も1400トンとほとんど変わらないものの、かなり巨大に見えます。
ブリッジもデカいし、砲も重たそうだし…こりゃ転覆しかねないわ。
武装欲張りすぎですよね。

 

06

上から来るぞ気を…見るとこんな感じ。
艦首フレアが大型化されていることもあって、頭が巨大に見えます。

艦これ仕様に台座もつくってみました。
で、写真を撮るのを忘れていたので、贈呈先の下小川さんが撮影された写真を無断拝借。

img

 

使用したのはダイソーの100円の展示ケース。
台座はカラーレーザープリンタを使って、コート紙に印刷、断面を黒で塗りつぶして貼っています。
艦は裏から木ねじで固定。
もうすこし大きな艦ならM4ナットで固定しますが、睦月型はちっちゃいしね。

キャラ絵とロゴを配置したら、結構良い感じに仕上がりました。

アオシマ 1/700 雪風を陽炎(改修前)に改造してみた

091

“やっと会えた!陽炎よ。よろしくねっ!”


LionRoar製の陽炎型エッチングパーツセットを使ってフルカスタマイズするために購入したのですが…キットは割と簡略化されている感じ。
船体に窓も一切なし、舷外電路もなし、艦尾の爆雷投下軌条もなければドアのモールドもかなりビミョーな感じ…というようにかなり手を入れる必要があったため、フジミの雪風を買い直してそちらをフルカスタマイズして作ってみました。
で、残ったアオシマの雪風をどうするか…と思って放置していたのですが、扶桑を作るついでに一緒に塗装していたら、いつの間にか完成してしまいましたwww
結局、そのまま作っても雪風がダブるので、改装前の12.7cm連装砲×3に改造して、陽炎として作ってみました。
01

艦橋脇のカッターを支えているボートダビットは実際には違う形状なのですが、キットに付属していなかったので違うもので代用。
本当はもっと寝ている、潰れた?マークに近い形状のものだったりします。
鎖は思ったよりもディティールがしっかりしていたので、キットのモールドをそのまま使っています。

手を入れた箇所は、
・艦橋の窓のエッチングパーツ化
・手すりおよびリノリウム押さえの追加
・マスト自作
・一部扉のエッチングパーツ化
・張り線
といったところ。
全体的に簡略化されているキットなので、あまり細かいところまでは手を入れていません。
また、スキッドビームなどの一部パーツはフジミの雪風のパーツを使用しています。
フジミのパーツ、プラスチックのインジェクション成型にもかかわらずちゃんと穴が抜けていたりと、細かいんですよね~
02

マストは電探が載っていないため、シンプルな形状になっています。
改装後のキットのため、改装前のマストを自作しました。
後部マストと太さをあわせるため(手抜きで前部マストだけ自作)、柱は0.5mmの真鍮線を使い、横に伸びている部分は0.3mmの真鍮線を、一番上の部分だけ0.2mmのピアノ線をハンダ付けしています。
横方向のトラス?は伸ばしランナーを使いました。
03

艦名を入れないと浦風と違いが分からないので、艦名を記入してみました。
文字はどうやって入れようか…と悩んだのですが、結局
1,Webから写真を取り込む
2,photoshopで印刷時に1/700サイズになるようにdpiを変更
3,Illustratorに貼り付けてパスにトレス
4,宛名ラベルに印刷
5,クラフトナイフで文字の部分を切り取り、マスク
6,白で塗装
という方法にしました。
黒い影の部分は細すぎるので入れていません。

ウェザリングは本体がかなりアッサリしていることもあって、かなり強めに入れてみました。
いつもながらのお気軽適当ウェザリングで、実質30分ちょいくらいしかかかってません。

 

04

改装後は25mm機関銃が載っているところに、12.7cm連装砲の2番砲が載っています。
あと、艦橋の後ろにある電探操作室?がありませんので、外見はスッキリしています。
窓の位置を適当に開けてしまったため、実はだいぶずれていますorz
05

徐々に増えてきた我が艦隊。
いやー、駆逐艦が多いですねぇ。