ThinkPad X1 Carbon (Gen3 2015)をPCIe対応SSDに交換する

仕事のメインマシンとして使っている、LenovoのThinkPad X1 Carbon。
モデルとしては3代目、20BSと呼ばれるモデルです。
Core-i7、2560×1440ドットの14インチ・ノングレア液晶搭載、8GBメモリ、250GB SSDと仕事をする上ではまったく不満がない…強いていえばメモリが16GBあると嬉しいのですが、今でもバリバリ現役で使えます。

…のですが、長らく使い続けていたらOSが重たくなってきたので手持ちのWindows10のメディアでクリーンインストールすることにしました。
今時のメーカー製PCってBIOSというかUEFI内にWindows10のシリアルが入っているので、リカバリが手軽でいいですね。

250GBモデルのSSDはM.2のSATA接続なのですが、このX1 Carbon、実はPCIe接続のM.2 SSDも使えます。
しかし制限があって、2280サイズのAHCI方式のものである必要があります。
現在出回っているM.2のSSDは、NVMeかSATAですので、AHCIのものはほぼ見かけません。
256GBの容量のモデルですと、

  • Samsung SM951 MZHPV256HDGL
  • Kingston HyperX Predator 240GB
  • Plextor PX-G256M6e

あたりがAHCI方式のSSDとなります。
AHCIはSSDに最適化されていないため、現在販売されているM.2 PCIeのSSDはほぼNVMe方式です。
Amazonで在庫があるモデルを探してみましたが、

あたりは在庫がありますが、SM951に関してはほぼ全滅のようです。
PX-G256M6eとHyperXですが、速度はHyperXの方が高速ですのでおすすめです。

幸い、手元にKingston HyperX Predator 240GBがありましたので、今回はこれを使って交換してみたいと思います。

 

裏蓋を外せば、すぐにSSDが見つかると思います。
ネジも+ドライバーで外せますので、裏蓋を外すのはとても簡単です。
SAMSUNGのMZNTE256HMHPが搭載されていました。SATA方式の256GBモデルです。

 

今回交換に使用したのが、このKingstonのHyperX Predator SSD。
PCIe 2.0 x4に対応し、最大読み取り速度1400MB/秒、最大書き込み速度1000MB/秒を誇るSSDです。
NVMeのモデルでは倍以上の速度をたたき出すものもありますが、AHCIのものでは高速な部類だと思います。

 

交換自体は簡単で、SSDを取り外し、取り付けるだけ。
あとは裏蓋を取り付ければ完了です。

 

取り付けが完了したら、F1キーを連打しながら電源を入れ、BIOS画面を呼び出します。
Boot Priority Order画面でSSDが認識されていればOKです。

OSの移行ですが、現在使っているものをそのまま使う場合は、EaseUS Todo Backupなどの個人であれば無料で使えるバックアップソフトを使って、外部メディアにバックアップするか、あるいはM.2スロットを複数備えたマザーボードに装着して、ドライブごと複製するのが良いかと思います。
今回は新規インストールでしたので、このあとOSのセットアップを行いました。

EaseUS Todo Backup
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

EaseUS Todo Backupを使ってシステムを移行する場合、M.2 SSDを2枚以上装着可能なマザーボードがあれば楽ですが、そのような製品を持っている方はごく一部だと思いますので、USB接続のHDDを繋いでバックアップイメージ作成→SSD交換→EaseUS Todo Backupのブートメディアから起動&リカバリが一番良いと思います。
方法についてはgoogleなどで「todo backup ssd 移行」などで検索すると出てくると思いますので、参考にどうぞ。

 

交換前後でどれくらい速度が変わったか、比較してみました。

こちらは標準搭載のSAMSUNG製SSD。
SATA接続ですので上限が550MB/s弱で頭打ちです。
ライトが全体的に遅めですが、SATAのSSDとしては悪くない数値だと思います。

 

KingstonのHyperX Predator SSD。
PCIe接続だけあって、SAMSUNGと比べて遙かに高速です。
OSドライブに入れているためかWriteは公称の1000MB/sには届いていませんが、シーケンシャルでは交換前の3倍ほど高速化されています。
体感での差はOSを新規に入れ替えたことで条件が異なるため比較できませんが、ファイルの保存などは気持ち早くなったような気もします。

今ではなかなかAHCI方式のSSDを見つけるのは難しいですが、第3世代のX1 Carbonであっても、PCIeタイプのSSDが使えるのだよ、というお話でした。

Windows 10 April 2018 Updateで言語入力方式の切り替えショートカットを無効にする方法

Photoshopなどを使っているとビミョーに不便なのが、Windowsの入力言語(IME)切り替えのショートカットキー。
MicrosoftのIMEだけ使っているような場合は良いのですが、私はATOKを使っているので、PhotoshopやIllustratorを使っているとショートカットキーが重複しているため、ATOKとIMEがコロコロと切り替わってしまうのです。

というわけで、さっさと入力方式切替用のショートカットは無効にしてしまいましょう。

しかし、このショートカットキーの設定画面、どえらくわかりづらいところにあります。
Windows10ってコントロールパネルとWindowsの設定とで、設定画面が2つに分割されてしまっており、いっこうに統合される気配がありません。
こっちはコントロールパネル、あっちはWindowsの設定…というように画面を行ったり来たりするの、どうにかならないのでしょうか。

入力方式切替用のショートカットを無効にする方法は調べるといろいろと紹介されていますが、どうも最新のUpdateでメニューが変わったっぽいので、自分用のメモの意味も含め、まとめてみました。

1,Windowsの設定を開く

2,「時刻と言語」を選択

 

3,左側のメニューから「地域と言語」を選択

 

4,右側のメニューから「キーボードの詳細設定」を選択

 

5,キーボードの詳細設定画面から「言語バーのオプション」を選択

 

6,テキストサービスと入力言語の画面が開くので、キーシーケンスを変更(削除)

 

これで、ショートカットキーが無効となります。
わかりづらいですよね…

また、どこかのUpdateで設定方法も変わる気がします。

 

Synology DS216+ / DS216+ IIのメモリを増設する方法

アプリによる機能拡張がとても便利で、気軽にインターネット越しにストレージとしても使える、SynologyのNASシリーズ。
OSであるDSMの操作性もマウスだけでほぼOK、ブラウザを介して操作していることも忘れてしまうくらい洗練されたインターフェースで、コストパフォーマンスも抜群によいのが特徴です。

自宅ではDS215jを、職場ではDS216+を使っています。
廉価版のjが付くモデルと異なり、+が付くシリーズはメモリの拡張が可能という大きなメリットがあります。
※ただし、メモリを交換すると保証が無くなってしまうので注意してください。
DS218+では簡単にメモリが増設出来るようになりましたが、DS216+およびDS216+ IIでは分解が必要ですので、少し難易度が上がります。
といっても、さほど大変ではないので、方法をまとめてみました。

用意するもの

  • DDR3L-1600 SO-DIMM
  • プラスドライバー
  • カッターナイフ、または大きめのマイナスドライバー、金属製の定規などの板状のもの

メモリはノートPC向けのSO-DIMMで、DDR3Lという低電圧版になります。
速度は1600の規格のメモリが標準搭載されていますので、合わせた方が良さそうです。
容量は4GBまたは8GBがお勧め。
なお、DS216+の上限メモリは8GBのようです。

上記のものはメルコグループのCFD販売による無期限保証が付いたメモリです。
チップもアメリカの半導体大手Micron製のチップを搭載していますので、品質も安心です。

交換手順

まずはディスクを取り外します。
左右どちらのスロットに装着されていたHDDか、メモを書いておきましょう。



ディスクを外したら、DS216+のケースを2つに分割します。
内側を覗くと、鉄のパーツに左半分のプラスチックケースの爪が引っかかっている箇所があります。(上の写真の、矢印の部分)
この爪を外す必要があります。
簡単なのは、ケースと金属パーツの間に刃が出ていない状態のカッターナイフを差し込み、持ち上げた状態でプラスチックケースを後ろに押す方法です。
カッターナイフを差し込んで爪を浮かせば、そう苦労することなくケースを2つに分解できます。



ケースを固定している爪が外れると、上のように左半分が後ろにずれ、2つに分解可能です。
ずらして外れたケースを取り外します。


続けて、裏側の矢印の部分のネジを外します。
ファンを固定しているネジは外さなくて大丈夫です。


ファンのコネクタを引っ張って外します。
LANコネクタの上に、アルミ箔のテープでケーブルが固定されていますので、これも外しておきます。
※テープを切ってしまっても大丈夫です。

 

その上にある、HDDのフレームをケースに固定するための金具を取り外します。
矢印のネジを外せば、金属パーツを取り外せます。
付けたままでは基板を取り外しにくいので、このパーツは外しておきましょう。

 

反対側にある、ファンを固定しているプラスチックパーツも外します。
矢印のネジを外せば簡単に取り外しできます。

 

ケースに基板&HDDフレームを固定しているネジを外します。
計4本ありますので、左右のネジを外しましょう。
外すのは矢印のネジで、頭が丸くなっているものです。
頭が平らのネジは外しませんので注意してください。

 

反対側も同様に2本外します。
4本外れたら、ケースから基板を取り外すことが可能となります。

 

基板の取り外し方は、上の写真のように、まずファンのコネクタ側に少し押し込むような感じで力を入れます。
続いてフロント側の基板を持ち上げるようにすると、簡単に取り外すことができます。
最後は上の写真で言うと右方向に基板とHDDフレームが一体化されたパーツを引き抜いてください。

 

メモリスロットは取り外した基板とHDDフレームが一体化されたパーツの裏側にあります。
ノートPC用のSO-DIMMスロットがあり、ここに1GBのメモリが装着されていますので、取り外して交換用のメモリを装着します。

 

今回取り付けたのは、MicronのPC3L-12800(DDR3L-1600)の8GBのメモリモジュールです。

 

メモリを取り付けたら、組み立てます。
分解とは逆の手順で組み立てれば簡単です。
最後にケースを閉じる際は、上のように取り外したケースをずらした状態で取り付け、そのままスライドさせて爪がカチッとはまるまで押し込みます。

 

DS216+のメモリ増設・組み立てが終わったら電源を入れ、コントロールパネルの情報センターからメモリの量を確認してください。
無事に8192MBが認識されていれば、メモリの増設は完了です。

分解は必要ですが、このようにDS216+、DS216+ IIのメモリ増設は簡単です。
メモリを取り外すと保証が切れてしまいますが、8GBにメモリを増設したDS216+は快適そのもの。
DSM用のアプリも便利なものがどんどん増えていますし、今後ますますメモリの消費量も増えると思います。
そうなると、本来のNASとしてのパフォーマンスが落ちてしまうことがありますので、できればメモリは多いに越したことはありません。
どうせ増設するなら最大容量である8GBを積みたいところです。