老犬介護用の歩行器というか姿勢保持器を自作してみる

飼っているダルメシアンがヘルニアで立てなくなってしまったため、歩行器を自作してみました。
目的は歩行というよりも、立っている姿勢を維持することで体幹を鍛え、足への血行を促進することなので、立った体勢を維持できるようにしました。
自作といっても作り方は簡単ですから、同じように犬の介護でお困りの方向けに、作り方を公開してみたいと思います。

1,材料

  • イレクターパイプ 2000mm ×2本
  • イレクター ジョイント J-5 ×4
  • イレクター ジョイント J-118B ×6
  • イレクター パイプインナーキャップ J-110A ×2 
  • イレクター キャスター YGR-50 ×2
  • イレクター キャスター YGR-50S(ストッパー付き) ×2
  • イレクター パイプキャスタースパナ
  • イレクター サンアロー接着剤
  • パイプカッター

加工が簡単なイレクターパイプを使うことにしました。
なるべく端材を出さないため2mのパイプを2本使っていますが、車に乗らない、配送が大変などであれば、短いものでもOKです。

キャスターはプラ製のものだと耐久性がなさそうなので、金属キャスターを選びました。
金属といってもゴムタイヤなので、きちんとグリップします。
室内用なので車軸50mmのキャスターにしましたが、段差があるところでの使用の場合は、75mmなどの大型のキャスターのほうが良いかもしれません。
キャスターの取り付けに、キャスタースパナEK-20が必要となりますので併せて購入しておきましょう。

キャスターですが、後ろ足のほうの2つを、ストッパー付きのものにすると、後ろ足が弱くなって食事の際などに後ずさりしてしまうことを防げます。

パイプカッターですが、イレクター専用のハンドカッター EK-1という商品もあるのですが、4000円を超えるため、安価な汎用のもので代用します。
SK11パイプカッターを使用しましたが、柄が短いため作業に少し力が必要ですが、問題なく切断できました。
ただ、やはり切断のしやすさからいうとEK-1の方が圧倒的に楽ですね。

接着剤ですが、amazonには200mlのものしか掲載されていなかったのでリンクは200mlのEY200ですが、30mlもあれば十分です。

2,設計

上記のような感じで部材を切り出します。
ダルメシアンのサイズで作成していますので、犬の体高にあわせてパーツの長さを変更してください。
Aのパーツが背中くらいになるようにするといいかと思いますので、Bの長さを調整します。
柴犬だとBの長さが40cm程度だとちょうどいいかもしれません。


3,制作

位置が決まったら、パーツを接着していきます。
先にAとBをジョイントJ-5で固定します。
ジョイントにしっかりとポールを差し込んだ後、サンアロー接着剤をスポイトで吸い取り、隙間に流し込みます。
その後横にした状態で固定されるまで数時間放置します。

横に渡すCのパーツは、先にAとBのパーツを接着した状態でジョイントJ-118BをBに通し、ジョイントは接着しない状態でキャスターを取り付けます。
その状態でジョイントJ-118BにCを差し込み(この段階では接着しません)、犬にちょうど良い場所を探り、固定する場所に油性ペンでマークをしておきます。

取り付ける場所が決まったら、残りのパーツをサンアロー接着剤で固定します。
完全に固まるまで24時間はかかりますので、1日放置します。

サンアロー接着剤ですが、多すぎてあふれると付着した部分のパーツが溶けますので、あふれないように注意してください。
接着剤を上手に流し込むコツは、スポイトを押して接着剤を出すとあふれてしまうので、スポイト部分に手を添えると、中の空気が暖まって膨張し、少しずつ接着剤が滴下しますので、それをそっと接合部分に吸い込ませることです。
また、一気に複数のパーツを接着せずに、パーツごとに分けてジョイントを接着し、完全に接着したら次の工程に進むといいと思います。

4,タオルを縫う

犬を保持するのに、バスタオルを使います。
バスタオルを2つに折り、縁をミシンで縫い、リング状にします。

穴の部分が裂けてしまってますが…こんな感じで、リング状にしたタオルを、歩行器の前側から通して取り付けます。
前足の部分ははさみで×字に穴を開けます。
できれば、裂けないように当て布をして補強するといいかと思います。
うちでは捨てるタオルを使っているのではさみで切ってそのまま放置ですが…。
単に通しているだけなので、おしっこで汚れてもすぐ洗濯できます。

5,使い方と注意点

歩行器を使うことで、足の弱った犬でも自立の体勢を保持できるので、体幹を鍛えるリハビリに使えると思います。
また、ご飯を立った状態で食べられますし、背骨のマッサージなどもしやすくていい感じです。
リハビリは運動になるので疲れる&動けてストレス発散になるのか、歩行器を使ったリハビリをする前に比べて、夜の無駄吠えが少なくなり、熟睡するようになりました。

この歩行器というか体勢保持器ですが、素人が作っているものですので、必ずしも医学的に薦められるものかどうかは不明です。
作られる際は自己責任にてお願いいたします。


マウスカーソルが動かず、故障したと思ったMX Masterが修理で復活した件

先ほどの投稿を書き終わり、他にもMX Masterを分解している人がいるのかな?と思って、分解記事を探していたところ、以下の記事を発見しました。

MX Master でマウスカーソルが動かなくなった場合の対処法

症状としては、

  • マウスカーソルが動かない
  • スクロールや左右のクリックは問題なく働く

ということらしいですが、んんん?症状まるっきり同じでないですか。
このサイトの記事だと、ジェスターボタンが押下しっぱなしになってしまい、カーソルが動かないとのこと。
そこで、再度分解し、ジェスチャースイッチを横から見てみると…確かに常時押下状態になっている!!!

ジェスチャースイッチは他のスイッチと違い、プラパーツのバネの上にゴムが被った形状になっています。
ゴムが硬化する、あるいは変形するなどすることで、スイッチが戻らない状態となってしまい、ずっと押された状態が続いてしまうように見受けられます。

ゴムの劣化ということは起こりやすいと思いますし、同様の症状で故障したという方も多そうです。

 

 

分解して外したジェスチャースイッチ基板。
このスイッチが常時押下状態になってしまい、マウスカーソルが動かなくなってしまいます。

 

修理方法は簡単、プラスチックパーツ側にある、凸部分をニッパーでカットしてしまいましょう。
ニッパーが無ければ、カッターで削っても良いかと思います。
上の写真はニッパーで切断した状態で、ちょうどスイッチにあたる部分の出っ張りがなくなっているのが解るかと思います。

この状態でマウスの電源を入れたところ、見事にカーソルの動作が復活!!!
いやー、良い記事を見つけました。感謝です。

MX Masterの分解については、下記の記事を参考にどうぞ。

Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ
http://blog.pastime.ne.jp/personal_computer/hardware/2484

 


Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ。

ある日突然ポインターが動かなくなった、MX Master。
クリックとかは反応するので、レーザーセンサーの故障っぽい。
補償を確認したら2年と半年…orz
Logicoolは3年補償のモノもありますが、MX Masterは2年補償。
ということで、早速バラしてみましたよ。

 

裏のソールを剥がし、ネジを取ります。
左側のネジはトルクスですが、マイナスドライバでも取り外し可能です。

 

ネジを取ると、こんな感じでパカッと2つに分解できます。
真ん中のハーネスはコネクタで固定されていますが、レバーを起こせば簡単に外れます。

 

バッテリーはコネクタ式ですので、ケーブルを切断してつなぎ替えれば交換できそう。
バッテリーの容量は3.7V、500mAhでした。
一般的なリチウムイオンバッテリーですので、ガラケー用とかコンデジ用のバッテリーとかが流用できそうですね。
見たところ、バッテリーの上部には少し隙間がありましたので、もう少し厚い、700mAhとかに交換することも可能そうです。

 

マイクロスイッチはOMRON製のD2FC-F-7N。
マウスの故障原因でチャタリングをよく見かけますが、マイクロスイッチを交換すれば良いので修理は簡単です。
スイッチ以外が壊れたマウスからスイッチを外しておくと、後に役立ったりしますよ。

 

凝った作りのホール。
クリック有り無しを制御しているのは、押しボタンではなく、電動モーター。
このモーターのおかげで、回転数に応じて自動的にロックが外れる仕組みを実現しています。

 

メイン基板。
真ん中に実装されているのが、故障したと思われるレーザーセンサー。
左側の3ピンコネクタはバッテリーのもので、上から押し込むタイプ。
上のコネクタは別基板に繋がるコネクタで、センサー上部のコネクタがホイールのモーター制御用。
右側にある2つの黒い部品は、ホイールの回転検出用の光センサーです。

 

裏側のパーツ。
左の透明プラパーツは、3台のPCを切り替えるときの表示用のもの。
レーザーセンサーの周囲には、おそらくノイズ防止と思われるシールドが取り付けられており、アース端子を介して基板に繋がるようになっています。

 

こちらは上部パーツ。
これでもか!と別基板や別パーツが取り付けられており、複雑な構造をしています。
お金掛かってますよね…

というわけで、簡単ですが分解してみたレポートでした。
バッテリーを交換する場合は、適当な容量のバッテリーを買ってきて、オリジナルのバッテリーのケーブルを切断、+と-、あとはT(温度検知)のケーブルを間違えないように繋いで取り付ければ、使えると思います。
昔、MX Revolutionでバッテリー容量UP改造をしたことがありますが、同じように容量UPしても使えそうですね。
バッテリーがへたってきたという方、交換してみるのも良いかもしれません。

※バッテリー交換は下手すると出火したりと危険が伴いますので、個人のリスクで行ってください。
なにかあっても、当サイトでは責任を負いかねますので…