フジミ 1/700 高雄と愛宕の違いについて簡単に比較してみる

2011年2月に発売になった、フジミの高雄ですが、姉妹艦の愛宕は2013年6月に発売と、かなりの間が空いています。 同型艦をリリースする場合、金型をある程度共通化させてコストダウンするのはよくある方法ですが、なぜにこれだけの時間が経っているかというと…キットを見ると解りますが、これ、まったくの別物だったりします。 ぱっと見、同じパーツが全くありません。ライナーのナンバリングとレイアウトも全く別物、パーツの分割ラインも別ですから、完全に別設計で金型を作り直していると思われます。 パッケージはどちらも似た感じで、それほどの差はあ… [続きを読む]

新規ブログのSEOとか

このブログで使用しているblog.pastime.ne.jpというFQDNは、かなり前に「ブログでも作るかー」ということで設定してそのまま放置状態だったのですが、当然ながらコンテンツもなく検索エンジンにインデックスもされていません。 とりあえずGoogle Webmaster Toolsを入れてサイトマップ構築といったオーソドックスな方法を行ってますが、なかなかインデックス数が増えませんね。 ※現時点のページ数は約30、インデックス数は4ページ(しかもその後ブログのパーマリンクルール変更でいくつかは404…) ブログSEOとかで検索すると、… [続きを読む]

PC構成に関する備忘録

自分のPC構成をメモしておかないと忘れてしまうので、備忘録を兼ねてご紹介。 スペックだけは凄いのですが、zigsowでのintelレビューキャンペーンで選出頂いたアイテム多数。 東京方面には足を向けて寝られないのであります。メインPC4970XにGeForce GTX 970と、これだけ豪勢なスペックでありながら…用途は主にブラウザでのWeb閲覧と艦これ(爆 あ、ちゃんとRAW現像とかPremiereとかAffter Effectとかもちょっといじったりします。 最近ではちょいっと復活したTeraやWoT、WoWsなどで3Dパワー活用中。 最近はAdob… [続きを読む]

阿賀野もちまちま制作中

扶桑を作るついでにちまちま進めている、阿賀野。 日本の軽巡洋艦としては他の艦とかなり外見がことなる阿賀野型ですが、結構好きなデザインだったりします。 水雷戦向けに作られた艦ですが、登場した頃には水雷戦などすでに消滅し、航空戦力がものを言う時代に。 結局、活躍することも出来ぬまま戦没してしまったのであります。 そんな不幸な阿賀野ですが、艦これでは4-3リランカ島マップで潜水艦を狩りまくり、めきめきとレベルが上がっております。 阿賀野型、いいわー。 でも、矢矧はどうやっても建造で出せる気がしません… そんな阿賀野ですが、今となっては… [続きを読む]

ある意味、高雄の最強セット

雪風の時に使用したライオンロアの陽炎型エッチングパーツセットも4枚組みでかなりの細かさでしたが、高雄用のフライホーク製エッチングパーツセットは、なんと11枚! ほとんど上部構造物がエッチングパーツじゃね?!ってくらい、てんこ盛りなのであります… まだ扶桑を建造中なのでこちらには手を付けておりませんが…作り始めたら、いったいどれくらい時間かかるんだろうか…ガクブル。 しかし、フジミの高雄、細かいですね~ 姉妹艦の愛宕も買ってみましたが、同型艦にもかかわらずまったくの別キットで、船体も作り直されているという気合いの入れよう。 愛… [続きを読む]

アオシマ 1/700 初春型駆逐艦「子日」完成!

“今日は何の日?子日だよー!” というわけで、4隻目は数多くの駆逐艦の中でも、割と扱いがかわいそうな子日を作ってみました。 「提督提督、今日は何の日??ねの」(殴 なんていうか…子日をメインで育てている提督っているのかしらん。 ちなみに、なぜマイナーな子日を選んだかというと…模型ショップが複合商業施設に入っているのですが、そこの駐車場が2時間で800円なのです。 1000円以上買い物をすると2時間無料券をくれるので、実質200円と言うことに。 で、1000円を超える一番安いのを探していたら、こいつだった、と…orz さてさて、そんな初春型駆… [続きを読む]

フジミ 1/700 まるゆ(三式潜航輸送艇) ※1/350キット特典 完成です

“初めまして…まるゆ着任しました。え?聞いてないって…そんなあ!” まさかの、まるゆ。 ていうか、こんなものまでキット化していたとは、恐るべしフジミ模型。 しかもまるゆ1号艇と1001号艇の2種類がキット化されております… Amazonのレビューには「箱を開けて目刺しが一匹というのが第一印象ですが、よくぞこんな物まで製品化して頂いたその根性を買うキットでしょう」とありますが、まさにそんな感じな誰得モデルとなっております。 で、大和レシピでまるゆ出た記念でネタとして買ってみました。 しかも初回限定版には、なんと1/700のサービスキットがお… [続きを読む]

艦これで艦船模型をはじめた方に : メーカーごとの特色について

大層なタイトルをつけていますが、艦これがきっかけでプラモを作り始めた私が何隻か作ってみて、思ったことなどをだらだらと書いてみよう、というそんなコーナーです。 メーカーごとの特色 1/700の艦船模型は、タミヤ、ハセガワ、アオシマ、フジミ、ピットロードといったメーカーが様々なモデルを販売しています。 かつては静岡模型教材協同組合に所属していたメーカー各社がくじ引きによって各種艦艇をモデル化していましたが、フジミが静岡模型教材協同組合を脱退し、シーウェイモデルを独自展開するようになってからは、各社からいろいろなモデルが登場するようになっています。 そ… [続きを読む]

ピットロード 1/700「菊月」 勝手に迷彩ver

“悪いが、ここが貴様らの墓場だな!” 睦月型駆逐艦9番艦、菊月。 1,315トンと小型ながらも、3連装魚雷発射管2基を備えています。 菊月にこの迷彩が施されていたかは不明ですが、睦月型初期の迷彩塗装を再現してみました。 筆塗りなので厚ぼったく…色は白黒、グレーのツートンといろいろ考察があるみたいですが、グレーのツートンに仕上げてみました。 今回は試しにいろいろチャレンジしてみました。 ・リノリウム押さえの塗装による再現 ・ボート押さえ用のベルト?を付けてみる ・艦首ポールを0.5mm→0.3mm真鍮線に変更、強度テスト ・ウェザリング… [続きを読む]

アオシマ 1/700 雪風を陽炎(改修前)に改造してみた

“やっと会えた!陽炎よ。よろしくねっ!” LionRoar製の陽炎型エッチングパーツセットを使ってフルカスタマイズするために購入したのですが…キットは割と簡略化されている感じ。 船体に窓も一切なし、舷外電路もなし、艦尾の爆雷投下軌条もなければドアのモールドもかなりビミョーな感じ…というようにかなり手を入れる必要があったため、フジミの雪風を買い直してそちらをフルカスタマイズして作ってみました。 で、残ったアオシマの雪風をどうするか…と思って放置していたのですが、扶桑を作るついでに一緒に塗装していたら、いつの間にか完成してしまいましたwww 結局、… [続きを読む]