屋外まで電波が届く!Bluetooth 5対応ドングル

仕事でヘッドセットを使っているのですが、今まではintel AX200内蔵のBluetoothを使用していました。
PCI-e形状のカードに搭載しているため、金属製のPCケース内部ということもあって、机の周りでは良いのですが、隣の部屋に行くと電波が弱くなり、ベランダに出ると完全に切断されてしまいます。

せっかくのBluetoothヘッドセットなので、せめて家の周り、庭などで問題無く使えるといいんだけどなーと思っていたところ、USB接続の外部アンテナ式Bluetoothドングルを発見したので、購入してみました。

RealtekのRTL8761Bを搭載したUSB2.0接続のBluetoothドングルです。
特徴は、外部アンテナ方式であること。
アンテナは無線LANと同じSMAコネクタなので、より高利得タイプのアンテナに交換すれば、通信距離が伸びるかもしれません。

Amazonのレビューを見ていると、Windows10の標準ドライバでは認識はするものの、ペアリングができないというものがいくつか見受けられますが、私の環境ではドライバーをインストールせず、Windows10環境のPCにそのまま装着したところ、Realtekのドライバが適用され、問題無くペアリングできています。
ドライバの日付が2021/4/1と新しいため、おそらく最近のUpdateによって、自動的にRealtekのドライバが適用されるようになったと思われます。

 

さて、期待していた通信距離はというと…家の周りは完全にカバーでき、大満足です。
田舎な我が家は敷地が110坪強あるのですが、2階の仕事部屋に置いたPCから、庭を含め家の敷地は100%カバーされるようになりました。
最大通信距離100mと謳っていますが、30m程度であれば、家の壁のような構造物があっても通信可能なようです。

アンテナが外付けのドングルなので、出来ればUSB延長ケーブルを一緒に買っておくと、アンテナを好きな位置に取り付けられるのでおすすめです。
個人的におすすめは、台座付きのもの。
これにドングルを刺せば、アンテナの台座として使用できるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください