マウスカーソルが動かず、故障したと思ったMX Masterが修理で復活した件

先ほどの投稿を書き終わり、他にもMX Masterを分解している人がいるのかな?と思って、分解記事を探していたところ、以下の記事を発見しました。

MX Master でマウスカーソルが動かなくなった場合の対処法

症状としては、

  • マウスカーソルが動かない
  • スクロールや左右のクリックは問題なく働く

ということらしいですが、んんん?症状まるっきり同じでないですか。
このサイトの記事だと、ジェスターボタンが押下しっぱなしになってしまい、カーソルが動かないとのこと。
そこで、再度分解し、ジェスチャースイッチを横から見てみると…確かに常時押下状態になっている!!!

ジェスチャースイッチは他のスイッチと違い、プラパーツのバネの上にゴムが被った形状になっています。
ゴムが硬化する、あるいは変形するなどすることで、スイッチが戻らない状態となってしまい、ずっと押された状態が続いてしまうように見受けられます。

ゴムの劣化ということは起こりやすいと思いますし、同様の症状で故障したという方も多そうです。

 

 

分解して外したジェスチャースイッチ基板。
このスイッチが常時押下状態になってしまい、マウスカーソルが動かなくなってしまいます。

 

修理方法は簡単、プラスチックパーツ側にある、凸部分をニッパーでカットしてしまいましょう。
ニッパーが無ければ、カッターで削っても良いかと思います。
上の写真はニッパーで切断した状態で、ちょうどスイッチにあたる部分の出っ張りがなくなっているのが解るかと思います。

この状態でマウスの電源を入れたところ、見事にカーソルの動作が復活!!!
いやー、良い記事を見つけました。感謝です。

MX Masterの分解については、下記の記事を参考にどうぞ。

Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ
http://blog.pastime.ne.jp/personal_computer/hardware/2484

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*