オーディオ三昧

試しに300Bシングルのアンプを買って以来、再び楽しくなってきたオーディオ。
といっても、ピュアオーディオの沼は恐ろしく、なんかカルトっぽく感じるところもあるので片足を突っ込んだくらいの軽いところで留まるように心がけております。

今年買ったのは、結構いろいろあって、

 

■Pioneer N-50 ネットワークプレーヤー

img


■Cayin AS-300B MkII Special Edition

img1


■Chorale 845(テーブルの上に載っているアンプ)

img2


■Cayin A-300B

img3


■Castle York(左側のスピーカー)

img4


■DENON SC-E717R

img5 

■Topping D20

img3 (2)

…といった感じ。
アンプだけで3台買っておりますが、余ったのは売ればいいやーと次を買い、聴き比べるとどっちも良さがあって手放せず…といったダメっぷりを発揮しております。
アンプを除けばだいたい1~2万円台なので、買い物としては比較的お手軽。

今年のベストバイを決めるとすると、個人的には
・アンプ部門:Cayin AS-300B MkII Special Edition
・その他部門:Castle York
でしょうか。

アンプは音質的にはA-300Bのほうが真空管らしい、暖かみのあるサウンドですがAS-300B MkIIがすべてのきっかけとなった点、スピード感ある今どきな真空管アンプということでベストバイに推したいと思います。
その他部門はスピーカーのCastle York。2万円台で手に入れましたが、いやー、良いですよ。真空管アンプとの相性最高。
おかげでメインシステムより鳴らす時間が多くなっています。

ということで、今年のオーディオ総括でしたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*