chorale製845真空管搭載アンプを買ってみた

300Bな真空管アンプを買う際に気になっていたのが、弩級出力管の211/845を搭載したアンプ。
電圧1000V(!)というスゴいスペックを要求する真空管で、それだけに上手く鳴らすには工夫も必要で、必然的にアンプの価格もかなり高額に属します。
しかし、そこはさすがチャイナパワー、845を搭載しているにもかかわらず1桁万円で買えてしまうアンプを作っております・・・。
そんな逸品が、chorale製のコイツ。
電源周りがかなりアレな設計なのと、中身もチープなこともあって845本来の音が出せていないという意見もありますが、パーツを買うより安く買えてしまうそのコストダウン能力はスゴイものがあります。

今回、放出されていた難あり品を見かけて、思わずポチってしまいました。
いいんです、一度845の弩級さを味わってみたかっただけなんです…
さて、さっそく真空管から見ていきましょう。

DSC_5091

……なんですか、このデカさ。
上に載っている箱は、一般的なGT管などを入れる箱。
下が845真空管の箱。
まあ、箱だけデカいってこともあるし。

chorale 845

中身もガチでしたーーー!
うん…6SN7がベース部分くらいの大きさだよ…。
いやー、デカいですね-!楽しみ!!
しかし…ベース部分の造形が雑ですね…

chorale 845

さて、ワケあり品なのには理由があって、インプットセレクターがガタガタしておりました。
これくらいなら簡単に直せるだろう、ってことでまずは開腹。

うーん、中スッカラカンですな。っていうかよく言えばシンプル、簡素、悪く言うとチープ。
まあ値段が値段だし。
真空管の持ち味を最大限活かすために余計なパーツを極力排除している、と前向きに考えることにします。
それにしても、部品点数もこんなに少なくて、スッカスカで大丈夫なのか…内部配線のケーブルの太さも頼りないし。
中のケミコンは日本製使っているようにも見えますが、中身は中国製の偽物という可能性も多々ありますので油断できません。
一応、BIAS調整用?っぽい可変抵抗器もついていますね。

ネットで他のchorale 845アンプを見てみると、どうも内部もいろいろとバリエーションというか手が加えられているっぽいです。
パーツの数が違ったりとか。
今回購入したのは内部配線かなり綺麗な方だと思います。

不具合の原因は、ボリュームに切られたネジが、ちょうどナットで締める部分だけ削れていて、噛み合っていなかった様子。
それならナットの方も変形させてしまえば宜し、ということでナットを軽く潰して取り付けたところ、しっかりと固定できました。

ちなみにこの845、1000Vもの電圧を必要とするだけに、初心者がいきなり自作して死人が出たとかいう都市伝説も存在するらしく。
まあ、1000Vだしね…。
その割には中の配線こんなんでいいのか?
実はchoraleのは電源貧相でアンペア数は大したことないとか…?

chorale 845

裏蓋を閉めて、いざスイッチオン!
無事、845のヒーターが灯って音が出ることを確認しました。
…ていうか、眩しっ!!!
300Bとかに慣れてると、なんですかこれ、電球ですか?って感じ。
正に煌々と輝いております。
これだけ光っていますから、当然放射熱もビシバシと伝わってきます。

chorale 845

触ったらやけど確実な845ですが、一体何度になっているか…ということで内部のプレートの根元を測定してみました。
…MAX196.7度。やばい温度です。このあとしばらくして測定したら、220度まで温度上がってました…。
いやー、これ、夏使えないよね…。
オーディオは暖房器具です。

chorale 845

845のある風景。
手前のiPhoneと比べて、その巨大さが解るでしょうか。
今はONKYOのスピーカーに繋いでますが、先日castleのブックシェルフを衝動買いしてしまい…orz
100% Made in UKなスピーカーで、真空管で鳴らすにはいいんじゃね?!TANNOY買えないし!!ということで納得して買ってしまいました。

chorale 845

付属する真空管は、前段もチャイナな安物だったのですが、手持ちで余っていたPhilipsECGな6SN7に交換しました。
黒ベースのほうがしっくり合いますね。
本当はコインベースのほうがデザイン的には845とおそろいなんですが、このアンプのために真空管買い直すのもなぁ…ということで。
しかし、845デカい…

肝心な音ですが、繋いでいるスピーカーが微妙なD-112E LTDなのでなんともですが、思ったよりはマトモ。
ただ、やはり電源周りの貧弱さに起因するためか低音域に厚みが無いのと、ボリュームを上げると歪んでいるような気がします。
とはいっても、音の雰囲気はやはり真空管の暖かさはあり、同価格帯のトランジスタアンプとはまったく違うと思います。

価格についてですが、為替の関係もありかなり上下しているようですが、個人的には5万円くらいなら買っても良いと思います。
その価格に音の良さの価値はあるかというと微妙ですが、3万円くらいのアンプに、真空管アンプという面白さ&845という巨大な真空管の面白さのプレミアが乗っていると思えば納得できます。
7~8万円になるのであれば、2A3などの中古アンプも買える価格帯ですので、おすすめはしません。同価格帯で、もっと音が良い真空管アンプは多々あると思います。
どうしても845がいい!というのであれば別ですが。
購入を考えている方は、ヤフオクで中古をのんびり探すのが、一番良さそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*