Logicool G700sのホイールが壊れたので交換して修理してみた

長年愛用している、LogicoolのG700sですが、ホイールの回転がどうも調子悪いと思って分解してみたところ、ホイールの軸が根元から折れておりました…。
そりゃ、回転しづらくなる訳だ。
気に入っているマウスなので修理しようと思い立ち、AliExpressで部品を探すことに。

AliExpress、おそらくLogicoolの製造工場から横流しというか流出?したと思われる補修パーツが山ほど売られています。

G700sで検索すると、出てくる出てくる、パーツたち。
基盤からソール、マイクロスイッチ、当然ホイールユニットも売られています。

G700sのホイールはセンターにゴムが埋まっているのですが、このゴムが劣化する&汚れがたまりやすいので、今回はG502のアルミ?製ホイールを購入しました。
G700sとG502のホイールユニットですが、違いはフリースクロールをON/OFFするスイッチの上に、黒いパーツがあるかないか、という点です。
それ以外は同一で、黒いパーツを取り付けるための穴もありますので、G502のホイールを購入し、黒いパーツを移植してやれば、問題無くG700sで使うことが可能です。

手前が故障したG700sのホイール、奥が購入したG502のホイールです。
ホイールのロック機構用のボタンを押す用途のプラパーツは、G502のユニットへ移植済みです。
それにしても、G700sのホイール、こうやって見ると汚れてますね…

G502のホイールを移植して復活した、G700s。
ゴムパーツが無い分、汚れも溜まりにくいですし、何より見た目がいい感じです。
パーツ代金は送料込みで$12.87でしたので、1400円ちょっとくらい。
この程度の金額でホイールが新品になるのであれば、お得だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください