Windows Helloに特化したWebカメラ、 Lenovo 500 Full HD Webカメラを買ってみた

赤外線を併用した顔認識でログインできる、Windows Hello。
使っている方は少ないと思いますが、一度使うと便利すぎて手放せなくなります。
Lenovo ThinkPad X1 CarbonがWindows Helloに対応したカメラを搭載していたので、デスクトップ機で使うWebカメラも、同様にWindows Hello対応のものにしてみることにしました。

それにしてもWindows Hello対応カメラって少ないですね。
数機種程度しかなく、カメラの性能もイマイチな割にはお値段はそこそこ。
通常のWebカメラと比べると顔認識に必要なハードウェアが必要でコストが増すけれども、Windows Helloを必要としているユーザーはそれほど多くなさそうということで、積極的にリリースする会社もあまりない、という感じでしょうか。
通常のビデオ会議であれば、Windows Hello対応である必要はありませんからね。

数少ないWindows Hello対応のWebカメラの中でも、一番マシそうだったものがこの4XC0V13599 Lenovo 500 Full HD Windows Hello対応 Webカメラです。

カメラ自体はこんな感じでシンプルで良い感じ。
スタンドには三脚固定用のネジ穴もあります。
カメラは前後左右に動かせますので、モニターの上に置いた場合でも、少し下を向けてセットすることで顔を中心に捉えることが可能です。

Google Meetで試した画質はこんな感じ。かなり青みがかった色で、イマイチ不自然な感じです。
縮小していればまだマシですが、解像度こそフルHDでも画質はかなり微妙です。
というか、3000円くらいのフルHD対応Webカメラに負けるのでは…?
まあ、このカメラ、Windows Hello認証がメインであって、Web会議でも使えるよ!という製品だと思えば納得です。

ただ、使うWeb会議ソフトによって異なる?のか、Zoomだとかなりマシな感じでした。

画面がちっちゃいのは、クライアントとのMTGの最中、カメラの調整機能を使って撮った画像だからです…
ほぼ正しい色になっていて、いい感じです。
画質もこれくらいのサイズになれば、荒れも気にならないので、十分実用的と言えるでしょう。

顔認証特化Webカメラなので、マイクなんてものは無い!

この製品の極めつきが“マイクが無い!”という潔い仕様であるということ。
このことからも、「俺はWindows Hello認証のためのカメラなんだよ!Web会議なんてオマケなんだぜ!」という立ち位置がヒシヒシと伝わります。
いや、ね、せめてマイクくらい付けてくれませんかね…。

まあ、性能の悪いマイクを使ったWeb会議ほどストレスがたまることもないので、デスクトップ機にもBluetoothアダプタを取り付け、Voyager Legendを繋いでいますので問題ないのですが。

Webカメラとしてはおすすめが微妙(値段の割に画質は微妙、マイク無いし)なのですが、Windows Helloの快適さと、別途マイクを用意できる環境であれば、おすすめとも言える製品です。

まあ、なんというか、相当ニッチな製品であることは確かですね…。
万人にはお勧めできませんが、私みたいな用途だとバッチリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください