ソーラーパネルが白く濁ったLEDガーデンライトの復活方法

庭に設置するのに便利な、ソーラーパネル付きのLEDガーデンライト。
中国製の価格破壊が進み、1本数百円で購入できるものも。
耐久性が気になるところですが、購入してあまり時間が経たないのに、点灯時間が短くなった!という方もいると思います。
点灯時間が短くなったガーデンライト、ソーラーパネルの樹脂が白濁していませんか?
樹脂の劣化によりソーラーパネルが十分な日光を得られず、発電量が低下している可能性があります。

白濁したソーラーパネル

白濁したソーラーパネル。
下のパネルがまったく見えない状態になってしまっています。
これだと、発電量がかなり落ちてしまいます。

ソーラーパネル復活に必要なもの

ソーラーパネルを復活させるために必要なものは、以下となります。

サンドペーパーとコンパウンドは、白濁した樹脂を削り取り、表面を仕上げるために必要です。
サンドペーパーだけだと光沢面に仕上げられませんので、コンパウンドは必須です。
コンパウンドだけで作業は可能ですがかなり大変なので、併用するのがお勧めです。

クリアースプレーは、白濁を抑えるためにソーラーパネル面を塗装で保護するためのものです。

白濁したパネルをサンドペーパーできれいにする

サンドペーパーで下処理

サンドペーパーの#2000を使って、白濁した部分を削っていきます。
耐水ペーパーなので、水で濡らしてから削りましょう。
荒いペーパーを使うと深い傷ができてしまうので、#2000がお勧めです。

サンドペーパーで処理し、白濁が消えました。
縁にまだ残っていますが、ここは発電には影響ないのでこのままでも大丈夫です。
気になる方は端のほうもきちっとサンドペーパーをかけておきましょう。

コンパウンドで磨き上げる

続いて、コンパウンドで磨き上げます。
キッチンペーパーまたは適当な布にコンパウンドの極細を適量取り、磨き上げます。

磨き上げると、こんな感じでピカピカになります。
このままでも良い気がしますが、放置するとまたすぐに白く濁ってしまうので、塗料で保護します。

ソーラーパネルを塗装する

最後に、ソーラーパネルをクリアースプレーで塗装して、白濁しないように保護します。
ソーラーパネルサイズに切り抜いた厚紙を載せて、余計な部分が塗装されないようにします。

厚紙にソーラーパネルサイズに穴を開け、ソーラーパネルにスプレーします。
使用するスプレーは、クリアーであれば何でも良いと思いますが、日光にさらされますので、自動車用のものを用意しました。

仕上がると、こんな感じになります。

いい感じにきれいになりました。

購入当時は晴れの日だと夜1時頃まで明るかったのですが、パネルが白濁してからは10時過ぎには暗くなってしまっていました。
パネルを掃除したところ、購入時と同じ1時過ぎまで明るさを保ってくれるようになり、大満足です。
簡単に修理できますので、すぐ消えてしまう、という方はソーラーパネルの白濁を直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください