NEC LaVie Z LZ550/Lの割れた液晶を安価に修理してみた

13.3インチ液晶を搭載、最厚部でも14.9mmながら重量は900gを切る875gと、究極のモバイル向けUltraBookとも言える、NECのLaVie Z LZ550/L。
実際持ってみるとあまりの軽さに驚愕します。
軽量化に伴い、キーボードのキーストロークや質感など、いくつか犠牲になっているところもありますが、最大の問題は、液晶部分の弱さ。
PC関連のサイトで剛性には問題なし、と書かれているところもありますが、正直液晶部分の頼りなさには不安がありました。

最初に触ったときから不安だったのですが、悲しいことに見事に予想的中。
会社で3台導入しているのですが、そのうちの1台の液晶が割れてしまいました。
割れた原因は、液晶パネルの開閉を液晶の角を持って行っていたこと。
液晶パネル上辺の中央、カメラが埋め込まれているあたりを持てば問題無いのですが、左右の端をつかんで液晶を開閉すると、斜めに力がかかって液晶が割れてしまいます。
そんなことで割れていいのか…とも思いましたが、ネットを確認する限り、同じような使い方で割れた方も複数いらっしゃる様子。
薄く、軽くするためとはいえ、ここはもう少しどうにかならなかったのか…

液晶修理は購入後1年以内であっても、有償修理となります。
NECに問い合わせた訳ではありませんが、LaVie Zの液晶交換は8万円を超えることもある様子。
これって、新品でもう1台買えちゃうじゃ無いですか…
かといって、購入後1年経たないPCをそのまま放置するのももったいない話。

というわけで、格安修理の業者を探してみましたが…LaVie Zは構造が特殊なこともあってか、対応している業者がほぼ皆無。
5~6社ほど問い合わせしてみたところ、半数以上が対応不可、残りも5万円以上とメーカー修理とあまり変わらない価格提示でした。
こりゃあきらめてメーカー修理かな…と思っていたところ、北海道にあるインフォムという会社から、「修理したことが無い機種で液晶型番がわからないため、PC到着後のパネル手配となるが、パネル代25,000~35,000円程度で修理可能」というありがたいメールが。
故障診断は無料とのことなので、早速インフォムまで送ってみました。

1週間ほどして診断が終了、提示された価格はパネル交換(パネル代含む)が32,800円、返送代金1,000円の合計33,800円でした。
メーカーに修理出すよりもかなり安いですね。
あいにく、一度手配したパネルが不良で、再度海外から取り寄せになったため修理に3カ月ほどかかってしまいましたが、無事戻ってきました。
液晶のドット抜けもなく、修理跡も目立たないので結果としては大満足。

LaVie Zで液晶が割れてしまった方は、インフォムへ問い合わせてみるといいかもしれません。
パネルの型番が解っているので、今後の修理は少し時間が短縮されるはず…

株式会社インフォム
http://www.infompc.com/

しかし…液晶修理も価格競争になってますねぇ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*