ソフトバンク光で、光BBユニットを市販のルーターに交換して、IPv6で接続する方法

今の回線はソフトバンク光なのですが、付属する光BBユニットが使えなさすぎて、光BBユニットを外し、BuffaloのWHR-1166DHP3を使って接続していました。
どう使えないかというと、WW2前後の時代の軍艦で撃ち合うWorld of War Shipsのパッチでフリーズする始末。WiFiの電波も弱かったですしね。
しかし、市販ルーターに交換するのには一つデメリットがあって、IPv6接続が使えない、ということです。
ソフトバンク光はIPv6で使うと速いというネットの記事を見つけたのと、WXR-1750DHPの中古品が1980円だったため、思わず飛びついて買ってしまったので、IPv6で繋いでみることにしました。

■BuffaloのWXR-1750DHPを用意

ネットで探した情報では、WXR-1750DHPでIPv6に繋がったという情報があったので、同じものを用意しました。
あくまでも私の予想ですが、おそらく現行機種のWXR-1750DHP2もハードウェアはほぼ同一らしいので、問題ないと思います。


■ソフトバンク光はオプション契約の光BBユニットが必要

光BBユニットを契約しないと、そもそもIPv6が使えないらしいので、オプション契約が必要です。
467円/月のオプションですので、ルーターを使わずにIPv6のためだけに契約すると考えると微妙ですな…

■WXR-1750DHPを使ってソフトバンク光に繋いでみる

設定自体はものすごく簡単です。
LANケーブルをWAN側に繋いで、PPPOEのID(数字@ybb.ne.jp)とパスワードを入力すれば完了です。
管理画面は http://192.168.11.1、IDはadmin、パスワードはpasswordです。
インターネットに繋がったか確認したら、IPv6の有無による速度比較を行ってみましょう。

■Softbank光+WXR-1750DHPによるIPv4での接続

詳細画面にて、IPv6の接続状況を確認してみます。
IPv6を使用しない、になっており、接続状態が無効になっていますので、IPv4での接続となります。
速度の測定は、googleで「インターネット 速度」で検索した時に表示される、回線速度測定アプリを使います。

速度テストの結果は、以下となりました。

うーん、FTTHと考えるといまいち微妙だけども、ソフトバンク光としては検討しているか…?といった数値。
せめてアップロードとダウンロードが逆だったら…。

■Softbank光+WXR-1750DHPによるIPv6での接続

さて、接続方法をIPv6に切り替えてみましょう。
切り替え方は簡単で、詳細設定→インターネット→IPv6のメニューを開き、有効にするだけ。

設定項目は「インターネット@スタートを行う」にしました。
これで問題なく使えましたので、大丈夫でしょう。
下にある「IPv6ブリッジを許可する」のチェックですが、これはチェックしない方が良いです。
というのも、IPv6ブリッジを許可してしまうと、IPv6接続時にファイアーウォールが効かずに、ルーター配下のネットワークがそのままインターネットに繋がってしまいます。
要するに、IPv6のアドレスがわかれば、外部からPCの中身を見られてしまうだけではなく、ファイルの削除や書き込みなども可能になってしまいます。
セキュリティ上極めて危険と思いますので、IPv6ブリッジは許可せず、NDプロキシを使うことをオススメします。

実際にIPv6で繋がっているか、確認してみましょう。

IPv6の項目が、接続状態「NDプロキシ」になっていることが確認できます。

IPv6での速度ですが、以下のようになりました。

おおお…IPv4時に比べて、大幅に速度が向上しています。
よく「ソフトバンク光が遅い場合はIPv6を使うと良い」というネットの情報を見かけますが、きちんと数値を測定しているものがあまり見当たらず、光BBユニットをレンタルすることを目的としたステマ的なものが多いように感じていましたが、我が家では効果はあったようです。
測定については、数回試しておおよそ同じくらいの値が出たものを使っていますが、あくまでも簡易測定なので、ご参考までに。

■残課題

ここまでは良かったのですが、1つ大きな問題が。
我が家は1階にルーターがあり、2階の部屋ではWHR-1166DHP4をWDSモードにして有線LANに変換して使っています。
WDS部分がなぜか速度が全く出ず、5MB/sくらいに落ち込んでしまいました…。
とりあえず、チャンネルの重複など、設定周りを見直してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください