WoWs:ラグだらけのソフトバンク光ルーターを交換してみた

2階に置いたPCでWoWsをプレーしているのですが、回線がソフトバンクの光回線なのです。
回線自体は悪くはないのですが、問題は純正のルーターがあまりにも使えない、という点。
WoWsのクライアントアップデートですら暴走してフリーズする有様で、ゲーム中もラグが300msを超えたりして、まともにプレーできませんでした。
そこで、今回安価なルーターとWi-Fiアダプタを購入し、そこそこ快適な回線環境を整えてみよう、ということを試してみました。

今回購入したのは、以下の製品。



無線LANルーターは、安価でも割と使えるルーターを作っている、Buffalo。
今回は866Mbps通信が可能な製品をチョイスしてみました。
無線LANカードは、USBタイプもありますが、より高速さを求めて、PCI-E接続のものをチョイス。
intelのLANカードは性能も安定していますし、なによりドライバ類が探しやすくていいのです。
あとは、M.2タイプのWi-Fi無線LANカードをPCI-Eに変換するためのアダプタを購入。

変換アダプタに無線LANカードを装着し、カバーを取り付ければLANカード完成。
あとはPCI-Eスロットに装着すれば、勝手にドライバが適用されます。

無線ルーターのほうは、Yahooの接続情報を探してきて、あとはPPPoE接続の設定をすればサクッとつながりました。
ソフトバンクの標準ルーターではなくても使えますから、フリーズしまくってまともに使えない純正のルーターはとっとと返却して、お好みのルーターを使った方がいいと思います。

さて、ゲームはどうなったかというと、遅延も40msレベルに安定し、パッチのDLでも止まることがなくなりました。
素晴らしいですね…。
ただし、家の対称となるくらい離れているところにルーターとPCがあるためか、リンク速度は833Mbpsにはまったく及ばない、175.5Mbpsくらいで止まってしまっています。

無線LANで高速通信って、なかなか安定しませんね…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*