ゲーミングPCにCore i7は必要か? Pentium G3258 vs Core i7-4790で比較してみた

ゲーミングPCで重要なパーツと言えばまずはビデオカードが挙げられますが、では、CPUってどうなんだろう?
Core i7-4790Kでは標準時でも4GHzを達成し、今回比較に用いたCore i7-4790も標準時3.6GHz、Turbo Boost時で4GHzまでクロックが上昇します。
しかも、4コア8スレッドと並列処理が可能なアプリケーションではかなりのパワーを誇ります。

かたや素晴らしいコストパフォーマンスで知られる、Pentium登場20周年モデルのPentium G3258。
標準時のクロックは3.2GHzと控えめながら、オーバークロックをすると4.5GHz程度までクロックが伸びることで人気のCPUです。

両方とも動作クロックは同程度で動かすことが出来ますが、最大の差はコア数の違い。
Core i7-4790は4C/8Tですが、Pentium G3258は2C/2Tとなります。
コア数の違いはエンコード等では大きな差になってきますが、では、シングルスレッド処理が多いゲーム用途に限定するとどうなのか…という疑問が沸いたので、実際に実験することにしました。
今回は、「ゲームにおいてCore i7とPentiumで優位な差は出るのか?」ということを検証していきたいと思います。

比較に用いるCPUは以下の通りです。

■Core i7-4790

Haswell RefreshアーキテクチャのCore i7。
クロックは固定ながら標準3.6GHz、Turbo Boost利用時には最大4GHzととてもパワフル。
しかも、Hyper Threadingによる4コア8スレッドで、エンコードなどで底力を発揮します。

■Pentium G3258

Haswell世代のPentium。
20周年モデルなのですが、倍率がアンロックされているのが最大の特徴。
今回はCore i7-4790のTurbo Boost時のクロックに合わせるため、倍率40倍の4GHzにオーバークロックしています。

上記の2種類のCPUを使って、FF14ベンチマークとWorld of Tanksのリプレイファイルを使って、フレームレートを比較していきます。

検証環境は以下のスペックのPCを使用しています。
・マザー:intel Z97 マザーボード
・メモリ:DDR3L-1600
・OS:Windows 10
・モニター:SONY BRAVIA フルHD(1920×1080)

比較に用いるビデオカードは、GTX780、GTX660Ti、Radeon R9 270Xの3モデルを用意しました。

DSC_0034

 

GeForce GTX780

言わずと知れた一つ前のハイエンドカード。
現行モデルで言えば、GTX970とほぼ同一のスコアとなります。

World of Tanks

GTX780

GTX780を使ったWorld of Tanksのフレームレートテストでは、僅かながら差が出る結果となりました。
Core i7-4790に対し、Pentium G3258は約93%と、7%の差が生じています。
7%といえば、GTX980とGTX970くらいの差はありますので、価格差に換算すると2万円強、といった程度でしょうか。
ビデオカードがボトルネックになりにくくなるハイエンドビデオカードを使う場合は、Core i-7クラスのCPUを選ぶ価値はありそうです。

Final Fantasy 14 蒼天のイシュガルドベンチマーク

GTX780_FF14

上記はCore i7-4790時のもの。

GTX780_Pentium_FF14

そしてこちらがPentium G3258使用時のスコア。
Core i7の9656に対し、Pentium G3258は9513とほぼ誤差程度の差しか生じていません。
FF14をプレーするのであれば、CPUに求められるのはシングルスレッドの処理速度になりますので、Pentiumシリーズのデュアルコアでも快適に遊ぶことできます。

GeForce GTX660Ti

旧モデルのミドルクラス製品ですが、まだまだ重たいゲームでなければ使えるビデオカードです。

World of Tanks

GTX660

World of Tanksですが、こちらは有意な差はまったく見当たらず。
Core i7-4790に対してPentium G3258は99.9%のスコアとなっていますので、まったく同一と言って良いかと思います。

Final Fantasy 14 蒼天のイシュガルドベンチマーク

GTX660Ti_FF14

上記はCore i7-4790のもの。
フルHDの解像度であれば、このクラスのカードでも十分遊べます。

GTX660Ti_pentium_FF14

Pentium G3258時のスコア。
Core i7-4790と比べると、GTX780と同様誤差でしかないスコアとなっています。

Radeon R9 270X

リネームしまくりでよく分からないことになっているRadeonですが、モデルとしてはGTX660クラスの対抗馬としてリリースされた製品。
性能としてはGTX660より上、GTX660Tiにはちょっと及ばない、といったあたりになります。

World of Tanks

270

 

こちらもCPUの差による差異はほとんど見当たらず、Core i7-4790比で99.1%のスコアとなっています。

Final Fantasy 14 蒼天のイシュガルドベンチマーク

R9_270X_FF14

Core i7-4790時のスコア。
GTX660Tiよりも少し低いスコアになってます。おおむね性能通りという感じ。

R9_270X_pentium_FF14

Pentium G3258使用時のスコア。
こちらも差はたった3と、完全に誤差の範囲に収まっています。

結論

World of TanksとFF14ベンチマークという、少ない比較ではありますが、この2タイトルに限って言えば、「CPUはCore i7だろうがPentiumだろうがビデオカードが同じであればスコアはほぼかわらない」という結果となりました。
ビデオカードによりかなりのスコアの差がありますから、ソフトウェアの処理がどちらかというとビデオカード側に依存しており、かつプログラムもシングルスレッドで動作しているので、Core i7の恩恵を受けられていない、という状況かと思います。

限られた予算でPCを組む場合、CPUをPentium G3258…はさすがにビデオカード側とは不釣り合いなので、たとえばCore i7→i5/i3クラスに落として、その分ビデオカードをワンランク上げる、というのは有効な選択肢だと思います。
今回はHyper Threadingが有効なCore i7と無効なPentium G3258の比較ですので、シングルスレッドの処理速度が若干Pentium G3258に有利となっていた可能性はあります。
そう考えると、ゲーミングPCには物理コアはCore i7と同じ4コアを積んだCore i5シリーズが最適かもしれません。
※HTはCPUコア1つを仮想に2つに見立てて空いた時間で処理をさせるので、若干のオーバーヘッド分がある

Pentium G3258が8,000円ちょっと、Core i7-4790が38,000円程度。
この3万円の差をどう考えるかと言うと…上記2タイトルに限ると、CPUでCore i7-4790を買ってビデオカードはGTX960にする…というよりも、CPUはPentium G3258をチョイスし、ビデオカードはGTX980を買う!という非常に不釣り合いな、ピーキーな組み合わせが最も効果的になりそうな気がします。
ただ、エンコードとかマルチスレッドの処理はガクッと速度が落ちますから、そこは要注意です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*