0.1mm真鍮線でリノリウム押さえを再現してみる

リノリウム貼りの甲板ですが、そのままではのっぺりしているので、リノリウム押さえを再現してアクセントを付けると良い感じになります。
リノリウム押さえに使う真鍮線ですが、1/700スケールですと0.1mm(実寸換算7cm)程度の真鍮線がよさそうです。
しかし、残念ながら0.1mmの真鍮線が入手困難(製造メーカーが倒産してしまったらしい)で、店舗や通販で購入できるのは0.2mm~あたりの太さのものしか売られていません。
代わりになるものを…と探していたところ、金属の錆などを落とす真鍮ブラシのブラシ部分が太さ的にも使えるかも?と思いつき、チャレンジしてみました。

 

DSC_1552

真鍮ブラシですが、使用されている真鍮線は約0.1mm~0.15mm径となります。
上の写真のブラシは、東急ハンズで売られていた、一番真鍮線が細かったもの。
このブラシ部分は束ねられた真鍮線を、U字の金具で深いところに埋め込んでいますので、木製の柄から引っこ抜いて使用します。
そのまま引っこ抜くのは大変というかまず無理なので、木の柄の部分をニッパーなどでバキバキと刻んでいくと、簡単に取り外し可能です。
※写真のブラシの、左上が欠けているのは真鍮線を取り外したためです。

真鍮ブラシに使用されている真鍮線径は0.1~0.3mm程度と、かなりばらつきがあります。
ネットで売られているものはスペック表記がないものも多いため、太さが確認できません。
近くのホームセンターなどで、真鍮線の太さを確認してから購入されると良いかと思います。
※真鍮ブラシはホームセンターなどに行けばいろいろ売っています。

 

DSC_1005

引っこ抜いた真鍮線。
太さは0.2mmのピアノ線と比較してもかなり細いため、おそらく0.1mm~0.15mm程度(たぶん0.15mm?)と思われます。
ブラシで使うために波状の加工が施されており、さらに埋め込むためにV字型に曲がっているため、まっすぐに直します。

 

DSC_1006

ブラシ用の真鍮線は硬化処理がなされているため、そのままではまっすぐに加工できません。
そのため、焼き鈍し処理を行います。
350℃程度を加えればいいのですが、そのあたりの温度を安定して加えることは難しいので、ろうそくの先で軽く熱して焼き鈍しを行います。
あまり時間をかけてしまうと溶けてしまうので、さっと炙る程度でOK。
赤熱するまで加熱する必要はありません。
指で簡単に曲げられる様になれば、焼き鈍しは完了です。

 

DSC_1011

焼き鈍した真鍮線は表面が焼けて変色してしまうため、サンドペーパーで表面を磨きます。
私は1000番のスポンジヤスリを使っていますが、サンドペーパーよりも弾力があり、使いやすいのでオススメです。

真鍮の色が戻ったら、まっすぐになるように加工します。
加工に使うのは、真鍮板と真鍮ブロック。
真鍮板の上に焼き鈍した真鍮線を載せ、真鍮ブロックで押さえ込んで、ゴロゴロと転がしながらまっすぐに伸ばしていきます。

真鍮線を伸ばすには、素材と同じく真鍮のブロックと真鍮板を使うことをお勧めします。
安価なアルミブロックなどを使うと、真鍮線の表面にアルミが付着してしまい、色がシルバーがかってしまうので、よろしくありません。
この方法で伸ばす場合には、素材と同じ金属を使うことが一番良いと思います。

※下に置く板ですが、真鍮製よりもステンレス製のほうがいいかもしれません。詳しくはページ下記を参照してください。

 

DSC_1015

まっすぐに伸ばした真鍮線。
これを適当な長さに切って、甲板に貼り付けていきます。

接着には流し込みタイプのプラスチック接着剤を使っています。
プラスチック同士を接着させるもののため、真鍮線は強固にはくっつきませんが、プラスチック側を溶かすため、触っても剥がれない程度には接着可能です。
ただし、上からマスキングテープを貼ったりすることなどは出来ませんので要注意です(かんたんに剥がれます…)。
また、指やピンセットで強く押したりすると、アッサリと取れますのでこれまた要注意。

瞬間接着剤を使った方が接着力は上ですが、白化現象を避けたいことと、細かく位置を調整したあとにそのまま接着できない(接着剤塗布→接着なので、先に仮置きによる位置調整ができない)ため、流し込みタイプの接着剤を使用しています。

 

DSC_1551

途中まで加工した阿賀野の甲板。
手すりを付ける際にリノリウム押さえがあると浮いてしまうので、舷側に近い部分は0.5mmほど空けておきます。

 

阿賀野のリノリウム押さえ

こちらは張り終えた阿賀野の後部甲板。
接着剤がはみ出した部分などは、あとで塗装することで補修可能です。

貼り付けていくのはかなり手間がかかりますが、効果絶大です。
貼り付けたリノリウム押さえはそのままでは金属の光沢がかなり目立ちますが、組み立てたあとにつや消しクリアーを塗装すると光沢を抑えられます。
ゼヒ、お試しあれ。

なお、駆逐艦は真鍮ではなくブリキだったという記録もあります。
ブリキの場合は極細電線で使用されている芯線を使うのが一番安上がりです。
こちらをまっすぐ伸ばす場合は、アルミのさいころとアルミ板があると便利です。

 

Amazonで線径表示がある真鍮ブラシのなかでも、もっとも細いのがこれ。
0.14mmの真鍮線を使用しています。

 

真鍮を延ばすのに便利な真鍮ブロックと真鍮板。

 

駆逐艦の場合は、こちらのアルミのサイコロがオススメです。

 

リノリウム押さえの接着には、流し込みタイプの接着剤が便利。
接着方法については、下記の記事で補足していますので、宜しければご参照くださいませ~

リノリウム押さえの接着方法

 

—————————————-
2014/6/22 追記

真鍮線を伸ばすときに使う真鍮板ですが、真鍮板だと表面が汚れやすく、こまめにメンテしないと表面の汚れが真鍮線についてしまい、くすんだ状態になってしまいます。

DSC_2340

くすんだ状態の真鍮板。
このような状態で加工すると、真鍮線が汚くなってしまいます。

作業をする際、板側は真鍮ではなく、ステンレスのほうが良さそうな感じです。
ステンレスは固いためアルミのように真鍮線に銀色の金属粉が付着することもありません。
金属サイコロ側は真鍮線と擦れるためアルミだと銀色になってしまいます。
こちらは真鍮ブロックのほうが便利でした。
ステンレス製のさいころなどがあれば、代用できるかもしれません。

ハセガワ 1/700 伊168(伊68)完成しました

168i

“やった、海のスナイパーイムヤにお任せ!
正規空母だって仕留めちゃうから”


 雪風建造に要した時間が約1ヶ月。
次は扶桑を予定しているのですが、これまた気がついたらエッチングパーツに真鍮削り出し砲身、木甲板シートとオプションパーツをフルコンプリートしていましたので、おそらく建造には3ヶ月くらいかかるのでは…と予想しています。
ということで、息抜きがてら簡単なキットを作ってみました。

選んだのは、イムヤこと海大VI型潜水艦 1番艦、伊168。
「伊168よ。何よ、言いにくいの? じゃ、イムヤでいいわ…よろしくねっ!」
ちなみに、伊68から伊168へ名称が変更されてますので、キットのデカールは伊168ではなく伊68になっています。

赤城、加賀、蒼龍、飛龍という主力空母を一気に失うことになったミッドウェー海戦で、傷ついたヨークタウンにとどめを刺したのがこの伊168。
救援のため横付けしていた駆逐艦もろとも吹っ飛ばしていたりします(伊168は横に駆逐艦がいるのに気づかなかったらしい)。
01

作ったのはハセガワのキットなのですが、相当古いキットのように思われます。
パーツ点数もものすごく少なく、船体の上下パーツのほか、各艦にパーツが1枚だけとなります。

右側のビニールに入ったのはXパーツという大戦時の日本艦船用汎用兵装パーツセットなのですが、実は伊168ではまったく使いません。
おそらく、これを入れないと価格が500円とかになってしまうので、値上げ用に入れられているような気がします…
まあ、あると便利なんですけどね、このXパーツって。
02

本体はこんな感じ。
古いキットの割には細かくモールドされ、結構がんばっています。
船体中央の梯子がなぜか凹モールドになっているのが気になります。

潜水艦には無数の穴があいているのですが、キットでは凹みで表現されています。
そこで、今回はピンバイスですべて開口することにしました。
横長の楕円の穴ですので、一度穴を開けたあと、斜めにピンバイスを当て、削りながらピンバイスを立てていき、楕円の穴を開けることにしました。
03

穴を開けて塗装したのがこちら。
だいぶ雰囲気変わりますね。
奥にあるぶっとい潜水艦は、輸送型の丁型潜水艦、伊370。
こちらは回天搭載用に改造されたモデルなのですが、回天は積みたくないので伊371に改造予定です。
04

張り線を終え、作り終わったのがこちら。
潜舵ガードとスクリューガード、潜望鏡などは真鍮線で作り直しました。
潜望鏡は0.5mmと0.3mmの2本を組み合わせ、ハンダで繋いでいます。
05

ブリッジ周辺。
窓枠はエッチングパーツに交換していますが、一度窓部分をすべて削り取り、窓枠を固定した後プラ板で作った屋根を乗せています。
手すりは本当はもっと高さがある1段手すりなのですが、エッチングパーツがなかったため、高さの低い手すりで妥協しています。

潜水艦なのでウェットな感じを出すため、ウェザリングのあとのつや消し塗装は入れていません。
在庫で積まれていた期間が長かった為か、デカールを貼ろうと思ったら触れただけでボロボロに…(T_T
クラフトナイフの先で位置を整え、欠けた部分はエナメル塗料で補正しました。

 

06

艦尾方面から。
潜水艦なのでかなり強めにウェザリングを入れていますが、写真だとあまりわからないですね。
07

先日つくった雪風とのツーショット。
基準1,400トン、常備1,785トンの艦なので基準2,000トン、公試2,500トンの陽炎型駆逐艦の半分くらいの大きさとなります。
見た目もスマートな艦ですね。

ちなみに、我が家のイムヤはやっとこさレベル89。
他の潜水艦たちといっしょに、2-3のレベリング中なのであります。
夜戦が多く主要艦が大破しまくりだった5-3ですが、レベル上げをかねて潜水艦×6(まるゆ含む!)で突撃していたところ、潜水艦のみの艦隊で撃破してしまいました…
平均してレベル70をあたりからかなり安定するようになり、開幕雷撃でフラ軽巡を轟沈させてしまえば途中も割とダメージを喰らうこともなく突破可能でした。
最後の分岐は8割以上の確立で左下ルートでしたが、希にボスへ到達するので、あとは雷撃で旗艦を吹っ飛ばすのを期待、という攻略となります。
時間がかかるのでオススメはしませんが、潜水艦のレベルも上がるし、資材もあまり使わないのがメリットですね。

 

1/700 戦艦 扶桑

最近作った艦との集合写真。
真ん中の扶桑の右端手前にいる、おまけみたいなのはまるゆです。
ちっちゃすぎだろ…
左から、伊168、浦風阿賀野足柄扶桑まるゆ大井雪風陽炎子日…だったはず。
詳細はリンク先でご確認くださいませ~
あ、最近つくった”ぜかまし”こと島風が写ってませんね…というわけで、島風はこちら→島風

ピットロード 1/700 重雷装艦「大井」完成しました!

01

“作戦が悪いのよ……
あっ!いえ、私が至らなくてごめんなさい。”


重雷装艦「大井」です。
4連装の魚雷発射管を装備していますので、艦これだと大井改の状態となります。
ちなみに、大井改二は魚雷が5連装発射管になっています。

艦のほぼ半分にもおよぶ魚雷発射管用の甲板に、九二式四連装発射管を10基も搭載してしまった、一発屋な感じがたまらないです。
20射線の酸素魚雷、食らえば木っ端みじんだったでしょうが、登場した頃にはすでに雷撃戦は過去のものとなり、結局輸送艦として使われることに(T_T)

とはいえ、艦これでは雷撃能力が遺憾なく発揮されており、開幕雷撃で戦艦を吹っ飛ばすことも多数。
敵へのダメージが半端ないため、空母や戦艦を抑えてMVPを取りまくった結果、いつのまにかレベル99を達成しちゃいました。
二重人格的な台詞がきっつい大井っちですが、使っているうちにあの刺々しい台詞が可愛く思えてくるのが不思議w

1/700の艦船模型を作るときは、なにか新しい試みを一部でもいいのでなるべく取り入れるように心がけてます。
今回トライしたのは
・魚雷運搬軌条のエッチングパーツによる再現
・窓パーツの徹底的なエッチングパーツ化
・浮き輪、オールの再現
といった感じです。

 

02

エッチングパーツを使って再現してみた、魚雷運搬軌条。
どうみてもオーバースケールですが、立体になったほうが雰囲気は出ますね。
しかも、大井は甲板部分がかなり広いため、立体感がないとのっぺりしてしまいます。
アクセントにもなりますので、是非とも運搬軌条はエッチングパーツ化したいところです。

使用したエッチングパーツは水上機運搬軌条のものなのですが、一番小さいレールは魚雷運搬軌条として使えるということで購入したのですが… 大井はレールの長さがどえらく長いため、パーツが足りませんでした。
よって、オーバースケールには目をつぶり、一番ストックが多かった レールを使用してます。

 

03

ファンネルキャップはクラフトナイフと0.3mmのドリルを使って穴開け。
横から見ると穴が空いていない状態なのでちょっと微妙ですが、そのままよりはいいかな…と。

ジャッキステーを付けてみましたが、なかなか上手に接着できません。
ライオンロアのエッチングパーツは薄くてふにゃふにゃなので、取り扱いが難しいですね。
ジャッキステーの接着ですが、煙突に接着するには細かく接着剤を付けるよりも、ぐるっと一周させてしまい、重なる部分を接着剤でとめたほうが仕上がりが綺麗になります。
この頃は細かく付けていたので、微妙な感じになってしまってますね…

 

04

キットに付属する魚雷発射管は、シールド無しのタイプになっています。
簡易シールドが付いていたという乗組員の方の証言もあり、今回はシールド付きに改造してみました。

0.3mmのプラバンを加工してシールドを作成します。
上と左右の板をそれぞれ切り出し、接着剤で繋げて作ります。
左右で形が違うので、5つずつ作成しました。

 

05

小物である浮き輪も作ってみました。
細く伸ばした伸ばしランナーを0.3mmの真鍮線に巻き付けた後、100℃のお湯につけて形を覚えさせます。
その後、クラフトナイフで切り出して、切断部分を瞬間接着剤で輪っかにして形を整えます。
最後に、エナメル塗料で塗装して完成。

カッティングボードの格子が1cm四方なので、小ささがわかると思います。

 

06

カッター用のオールも作ってみました。
伸ばしランナーの先に0.1mm厚のプラペーパーをくっつけ、形を整えます。
ほんとうは柄の部分はもっと細くしたかったのですが、
伸ばしランナーだと曲がったり折れてしまったりするので
0.2mmの真鍮線がほしいところです。

 

07

完成した大井。

エッチングパーツのマスト、説明書だと取り付けが前後逆というトラップが…
手すり、窓枠、ボートダビットはエッチングパーツとなります。
張り線はいつものようにナイロン 0.15号の鮎釣り用テグスを使用しています。

 

img

ウェザリングは錆をメインに入れてみました。
艦底パーツが別になっているのですが、そのまま取り付けると
モールドの凹みが気になるので、
一度接着→パテ埋め→やすりがけ→マスキングして塗装、というように仕上げています。

 

08

ブリッジ周辺。
単装砲って、何気にわびさびよね~

浮き輪が良い感じでアクセントになっています。
マストの見張り台?には窓枠の一番小さいものを使用して
梯子を再現してみました。

 

09

メインマストの張り線は、外側のものを二重にしてみました。
次回は滑車とかつけて作り込んでみますか。

それにしても、単装砲がおまけみたいな感じですな…

 

10

後部甲板の内火艇&カッターなどなど。
手すりやオールを付けてみたので、精巧な感じになってます。

内火艇用のエッチングパーツセットとかもあるのですが、高いんですよね…
ファインモールドのナノトレッドもディティールすごい細かいのですが
これまた高いのよね…

艦尾にある梯子?っぽいのは、おそらく爆雷投下軌条。
大井に爆雷を搭載していたかは謎らしい(あまりにも情報が無い)のですが、他の方の作例にあったので伸ばしランナーで作ってみました。

 

11

奥から足柄、大井、子日と横に並べてみました。
こういった楽しみ方もできるのも、ウォーターラインシリーズの楽しいところです。

 

12

大きさはこれくらい違います。
やはり重巡洋艦、大きいですね…
大井の低重心っぽい姿と比べると、子日やばそうですw