iPhoneをDoCoMoからFreetelにMNPしてみた

月1万円前後もするキャリアから脱出するため、iPhone6SはAppleストアからSIMフリーを購入していたのですが、やっとDoCoMoの2年縛りが解けたので、MVNO業者にキャリアを変更しました。
検討したのは、以下の4社。

■IIJmio

みおふぉんが大人気のIIJ。
企業としての信頼性とDoCoMo回線に魅力有り。
ただ、MVNOとしては少し割高(キャリアよりは激安ですが)。

■DMM Mobile

回線はiijと同じDoCoMo。
サービス形態も似ていますが、値段が割安なのと、利用料金の10%がDMMポイントとして付与されるのが最大のメリット。
しかし、10%のポイントは有効期間1カ月で持ち越しできないので要注意。
月額4000円程度の利用と仮定すると400円のポイントが貰えますが、これでなにしろと。
DMMだと艦これしかやっていませんが、400円で買えるのは燃料or弾薬800程度ですからね。

■Freetel

料金プランが1種類で、データ通信料によって請求額が変わるという独自のシステムを採用。
2年縛りはないものの、早期解約だとMNP料金が跳ね上がるので、要注意。
データ通信SIMが、5GBくらいなら1500円ちょいと、データ通信専用にもう1枚持っていても良いと思う低料金。
回線はDoCoMo。

・Freetelの料金体系

種類~100MB~1GB~3GB~5GB~8GB~10GB
データ専用299499900152021402470
データ専用+SMS4396391040166022802610
音声通話付99911991600220028403170

 

■楽天Mobile

こちらもDoCoMo。
楽天ポイントで1%還元があるのですが、楽天使わないしなぁ…
ということで、早々に対象外。


結局、データ通信料が3GB~4GB前後を行ったり来たりしているので、5GBプラン決め打ちよりも安くなる料金体系のFreetelにしました。
使ったデータ通信量に応じて金額が変わるのはうれしいですね。
あと、地味に有り難いのがApple Storeのデータ通信が無料という点。
アプリはあまり落とさないのですが、外出先でのアプリアップデートが無料になるのはありがたいです。

MVNOで予想外にうれしかったのは、DoCoMoのWi-Fiポイントを掴まなくなった点。
微妙な電波を捕まえたり、移動中だったりするとWi-Fiのおかげで通信できない、ってこともありますので。

来月から通信料金が激減しそうなので、楽しみです。

■MNPでFreetelに移行する方法

すごく簡単でした。

1,DoCoMoのサイト(My DoCoMo)にPCからアクセスし、MNP予約番号をゲット(即時取得可能)
2,FreetelのサイトからiPhone向けSIMカードを申込(クレジットカードおよび免許証などの身分証明書スキャンデータが必要)
3,FreetelからSIMカードがヤマト宅急便で届くので、開封→SIMを切り離しておく
4,Freetelの通話用プロファイルをダウンロード(Freetelに切り替える前にここまでやっておくと便利)
5,Freetelに回線切替実施の電話→5~10分程度で切り替わるので、その間に4でダウンロードしたプロファイルインストール
6,キャリアにDoCoMoと表示され、電波が入れば切替完了

という感じです。
ネットで申し込んでから、切替までに要した時間は僅か3日。
1日目にDoCoMoからMNP番号取得&Freetelに申込。
申し込んだのは2時頃ですが、当日出荷→翌日配達でした。
夜にSIMを受け取ったので、翌日朝イチでFreetelに切替の依頼を行い、僅か3分後にはFreetelに切り替わりました。

キャリアのメールが使えなくなりましたが、通信料が半額未満になるのはとてもメリットでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*