ThinkPad X1 Carbon(2015モデル)とWQHD液晶+フルHD液晶のトリプルディスプレイで快適な業務環境を作ってみる

PCを使って仕事をする上で、必要不可欠なのがマルチディスプレイといっても過言ではないと思います。狭いモニター1つで作業するよりも、資料やメールソフトを常に表示しながら作業が出来る環境は、生産性が一気に上がります。私は業務でLenovoのX1 Carbon(2015年モデル、以下X1 Carbonと略)を使っていますが、今までは本体のWQHD液晶(2560×1440ドット)に加えフルHD液晶という組み合わせでした。ただ、これでも画面が狭いため、13.3インチのモバイルWQHD液晶を加え、トリプルディスプレイにすることで、さらに快適な環境を目指してみたのです… [続きを読む]

ロジクールのMX Masterのホイールを新品交換してみた

職場で使っているロジクールのMX Masterですが…ありゃりゃ、ホイールのゴムが劣化してボロボロに…。しかも汚れもひどいし、こりゃなんとかせねば、という状態。かとって、まだマウスが使えるのに買い換えるのはもったいない。ということで、ホイールだけ交換することにしました。この手の部品を探すのに便利なのが、AliExpress。中国のECサイトですが、原産国だけあってパーツのばら売りも豊富です。探してみたところ、送料込み1個$6で売られているのを発見したので、手配しました。先日届いたので、早速取り付けてみます。ネジを外してカバーを開けた状態。ギタギタのベタベ… [続きを読む]

Windows10を入れてNXパッドが使えなくなったNEC Lavie Z にドライバーを強制的に適用させる方法

900gを切る875gという重量で一時期話題となった、NECのLavie Z。会社でも3台導入しましたが、液晶のフレームが弱く、角をつかんで開閉すると液晶パネルに斜めの力がかかり割れる、キーボードの打鍵感がすこぶる悪く長時間の入力にストレスが貯まるなど、作り込みが甘かった点も多々ありましたが、軽さはさすがでした。あ、あとバッテリーがすぐに使用不可になっちゃったのもNGポイントですね…。そんなLavie Zですが、Windows10をクリーンインストールしてみました。NECのノートPCって余計なアプリがてんこ盛りで、起動した状態で重たすぎて使う気にならない… [続きを読む]

ThinkPad X1 Carbon (Gen3 2015)をPCIe対応SSDに交換する

仕事のメインマシンとして使っている、LenovoのThinkPad X1 Carbon。モデルとしては3代目、20BSと呼ばれるモデルです。Core-i7、2560x1440ドットの14インチ・ノングレア液晶搭載、8GBメモリ、250GB SSDと仕事をする上ではまったく不満がない…強いていえばメモリが16GBあると嬉しいのですが、今でもバリバリ現役で使えます。…のですが、長らく使い続けていたらOSが重たくなってきたので手持ちのWindows10のメディアでクリーンインストールすることにしました。今時のメーカー製PCってBIOSというかUEFI内にWin… [続きを読む]

Windows 10 April 2018 Updateで言語入力方式の切り替えショートカットを無効にする方法

Photoshopなどを使っているとビミョーに不便なのが、Windowsの入力言語(IME)切り替えのショートカットキー。MicrosoftのIMEだけ使っているような場合は良いのですが、私はATOKを使っているので、PhotoshopやIllustratorを使っているとショートカットキーが重複しているため、ATOKとIMEがコロコロと切り替わってしまうのです。というわけで、さっさと入力方式切替用のショートカットは無効にしてしまいましょう。しかし、このショートカットキーの設定画面、どえらくわかりづらいところにあります。Windows10ってコントロール… [続きを読む]

Synology DS216+ / DS216+ IIのメモリを増設する方法

アプリによる機能拡張がとても便利で、気軽にインターネット越しにストレージとしても使える、SynologyのNASシリーズ。OSであるDSMの操作性もマウスだけでほぼOK、ブラウザを介して操作していることも忘れてしまうくらい洗練されたインターフェースで、コストパフォーマンスも抜群によいのが特徴です。自宅ではDS215jを、職場ではDS216+を使っています。廉価版のjが付くモデルと異なり、+が付くシリーズはメモリの拡張が可能という大きなメリットがあります。※ただし、メモリを交換すると保証が無くなってしまうので注意してください。DS218+では簡単にメモリが… [続きを読む]

SAMSUNG 960 EVO M.2 SSDをRYZEN THREADRIPPERで使ってみる

今やストレージの定番ともいえる、M.2 SSD。実装面積も小さいし、マザーに乗せられるし、ケーブル繋がなくていいし、爆速だし。というメリットばかりのM.2 SSDですが、ネックはSATAと比べると割高な価格と、発熱。特に最近のハイエンドSSDは、自己の発熱で速度低下を起こすなど、無視できないレベルです。今回、RYZEN Threadripper 1950XのPCに、SAMSUNG 960 EVO M.2 SSDを使ってみたので、サクッとレビューしたいと思います。購入したのは、価格と性能のバランスが良い、960 EVO。今では新しい970 PRO/EVOが… [続きを読む]

マウスカーソルが動かず、故障したMX Masterを簡単な修理で復活する方法

先ほどMX Masterを分解する投稿を書き終わり、他にもMX Masterを分解している人がいるのかな?と思って、分解記事を探していたところ、以下の記事を発見しました。https://tipszone.jp/20160929_mx-master-trouble/症状としては、マウスカーソルが動かないスクロールや左右のクリックは問題なく働くということらしいですが、んんん?症状まるっきり同じでないですか。このサイトの記事だと、ジェスターボタンが押下しっぱなしになってしまい、カーソルが動かないとのこと。そこで、再度分解し、ジェスチャースイッチを横から見てみる… [続きを読む]

Logicool MX Masterを分解してみた。バッテリー交換も可能そうな感じ。

ある日突然ポインターが動かなくなった、MX Master。クリックとかは反応するので、レーザーセンサーの故障っぽい。補償を確認したら2年と半年…orzLogicoolは3年補償のモノもありますが、MX Masterは2年補償。ということで、早速バラしてみましたよ。裏のソールを剥がし、ネジを取ります。左側のネジはトルクスですが、マイナスドライバでも取り外し可能です。ネジを取ると、こんな感じでパカッと2つに分解できます。真ん中のハーネスはコネクタで固定されていますが、レバーを起こせば簡単に外れます。バッテリーはコネクタ式ですので、ケーブルを切断してつなぎ替え… [続きを読む]