T31 エクストレイルにドアバイザーを後付けしてみる

購入後1ヶ月で4000kmを走破し、ものすごい勢いで積算計が増えつつあるT31エクストレイル。
シートが泥だらけや毛だらけになっても水拭きするだけで綺麗になる防水シートはとても便利で、犬を積んで移動するときに大活躍しています。
しかし、ドアバイザー(サイドバイザー)が付いていなく、少々不便だったこともあり、後付けしてみました。

ドアバイザーは純正のものもありますが、いかんせん高いのでサードパーティー製のものをチョイス。
今回はAmazonで5,590円という安価で売られていた、ドアバイザーセット(前後窓用4枚セット)を購入してみました。

取り付けは、両面テープと金具を使います。

ドアバイザーを取り付けるための金具。
右側をドアのゴムパーツの内側に差し込みます。
プッシュピンをドアバイザーの外側から差し込み、内側をゴムキャップで固定すればOKです。

こんな感じでゴムパーツの内側に差し込みます。
パーツが落ちやすい場合は、少しパーツを曲げてやると固定しやすくなります。

フロントガラス用のバイザーには、雨が回り込まないようにパッキン(エプトシーラー)が貼り付けられていました。
外側にめくれないようにする金具も付いています。

フロント側はこのように取り付けます。
固定用の金具を回転させて、ドアのパーツに咬むようにします。

T31 エクストレイル ドアバイザー取り付け

取り付けが終わったドアバイザー。
工具も不要で簡単に取り付けができるので便利です。
あとは耐久性ですが、こればかりは使ってみないとわからないのでなんとも。
といっても、6千円を切る価格ですから、気軽に取り付けられるのはいいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください