液晶が真っ白になって壊れたPioneer N-50が簡単に直った件

久々にオーディオを聴こうと思って、Pioneerのネットワークプレーヤー、N-50の電源を入れてみたら液晶が真っ白に…。
何度も電源を入れ直しても駄目で、これって修理に出さないといけないかな…と諦めかけたのですが、それなら一度分解してみようということで、カバーを開けて分解してみることに。

裏側5カ所くらいと、左右4カ所のネジを外せば、天板は簡単に取り外せます。
液晶パネルのフラットケーブルが繋がっている基板をごそっと外し、軽く接点復活材でコネクタ部分を掃除。
他にも取り外せそうなサブボードを取り外し、掃除して取り付けしなおしてみました。

組み立てが終わり、カバーを付けない状態で電源を入れてみたところ、液晶が復活しているではないですか!
どうも、単なる接触不良だったみたいです。
簡単な修理?というかある意味斜め45度チョップ的なもので直ったので一安心。
※斜め45度チョップは接触不良を直す方法

もし、同様の故障でお困りの方がいましたら、基板を取り外し→取り付けで直る可能性ありますよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください