久々に阿賀野制作中

ここ1カ月ほど、時間がほとんど取れなかったのでプラモデル作りも滞ったままでした。
今日は久々にプラモ日和~ということで、阿賀野の作成を進めてみました。

四十一式 15.2cm(50口径)連装砲が特徴的な阿賀野。
排水量7710トンですから、軽巡としてはかなりの大型艦です。

DSC_1734

艦橋の窓、電探などはエッチングパーツを使用しています。
対空機銃用のスポンソンや艦首部分などには、阿賀野用エッチングパーツに付属する滑り止め鋼板を貼っています。
舷外電路は雪風で使用しなかったエッチングパーツを流用しています。
主砲には酒匂の写真を見つつ、窓を開けたりジャッキステー代わりの1段手すりを付けてみました。

リノリウム押さえは真鍮ブラシをバラした真鍮線を貼り付けています。
かなり手間がかかる作業なので、まだ前方1/3くらいしか作業を行っていません…

DSC_1732

煙突にはジャッキステーを取り付け。
ジャッキステーの本数が多いので難儀しました…。

飛行甲板はエッチングパーツ製。
リノリウム押さえを取り付けていないので、まだ固定していません。

扶桑も半分以上完成しているのですが、先に阿賀野が完成しそうだなぁ…
扶桑はフジミの純正エッチングパーツセットで細かいところまで手を入れてますが、こちらの阿賀野はキットが古いこともあって、エッチングパーツの使用以外はあまり細かいところまで手を入れていません。
雪風並みに作り込むと、それだけで数ヶ月かかっちゃいますorz

割とアッサリ作ったり、たまに細かいところまで作り込んだり、艦によって結構むらがあったりします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*