ウェザリング完了~~~!

高雄 ウェザリング

高雄ですが、無事ウェザリングが完了しました。
最後につや消しクリアーを吹くのですが、そうするとウェザリングが薄くなるので、少し濃いめくらいに入れた方がバランス取れて良い感じになります。
つや消しクリアーを吹いたあとでウェザリングを入れると、薄めた塗料が表面の凸凹の間を毛細管現象で伝わって勝手に広がっていってしまうため、思ったようなグラデーションが出ません。
つや消し塗料は粒子が大きく光を乱反射することを利用してつや消しになっているので、ウェザリングとあまり相性良くないんですよね。
なので、私は先にウェザリングしてしまいます。
つや消し吹いたあとにウェザリングの調整が出来ないというデメリットはありますが、仕上がりはこちらのほうが良い感じになるような。

 

DSC_5396

艦橋周りをアップで。
武装をすべて取り付けているので、かなり情報量が増してます。
ボートダビットもナノトレッド+エッチングパーツを使う予定なので、さらに情報量増し増しになる予定。

 

DSC_5385

今日は取り付ける予定のボートダビットを製作していました。
奥の割り箸に固定されているのが、キット付属のもの。これでもフジミのパーツはかなり精密な方なんですよ。
手前がナノトレッドなのですが、圧倒的な違いです。一度使ってしまうとやめられないのよね、ナノトレッド…

ナノトレッドの先端に、フライホークのエッチングパーツから切り離したリールとフックのパーツを取り付けています。
ボートダビット自体をエッチングパーツにしてしまうと、ペラペラ過ぎて違和感あるのでナノトレッドがお勧めです。
ナノトレッドのボートダビットですが、内側を向くようになっているため、今回は基部を切り離して逆向きに接着し直しました。

今週末には完成するかな…?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*