愛宕と摩耶の艦橋の比較

愛宕、摩耶のリノリウム押さえの貼付を気合いで完了しましたので、さっそく艦橋作りにいそしんでいます。

高雄でフライホークのエッチングパーツに苦しめられたのですが、純正エッチングパーツはめちゃくちゃ扱いが楽でサクサク作業が進みます。
フライホークのエッチングパーツは、部品を置き換えるものが多かったのに対し、純正エッチングパーツは部品の上に追加するものが多いので、エッチングパーツの取説とにらめっこせずに、先にプラパーツをサクサク組み立てられるのです。


DSC_5682

途中まで艦橋が出来上がりましたが、摩耶と愛宕、かなり違います。
左が愛宕、右が摩耶ですが、遙かに摩耶の方が複雑な作りです。
愛宕は艦橋縮小工事を受けていますが、摩耶は竣工当時の艦橋のまま、さらに対空機銃をうじゃうじゃと取り付けられていますので、かなりボリュームがあります。
この重厚さ、たまりませんねぇ。 

DSC_5674

同じアングルから比較してみました。
艦橋を縮小した愛宕ですが、縮小っていうか作り直しに近いんじゃないか、これ…
しかし、摩耶、格好いいですな…フライホークのセットで作れば良かったか(死ぬ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*