艦橋&煙突&主砲の取り付け完了~

一気に2隻同時建造中の愛宕と摩耶ですが、ともに艦橋と煙突が完成したので、船体に取り付けました。
ついでに主砲も作ったので先に取り付けることに。
なにせ2隻一気に造っているので、塗装用のクリップの数が足りないのですよ…
しかし、2隻作ってるとブログに載せるときに、どっちのカテゴリにすればいいのか悩みますね…って、両方のカテゴリに登録してしまえばいいのかw

愛宕・摩耶

しかし、愛宕と比べると摩耶のごちゃごちゃっぷりがたまりません。

基準トン数で比べると、
愛宕:13,400トン
摩耶:13,350トン
と、ほとんどかわらないんですよね。
摩耶、主砲を1基降ろしてるのがだいぶ効いているのかも。

愛宕・摩耶

艦橋ですが、こうやって比較すると、ほぼ作り直しに近いですな…
防御区画を短くするために、艦橋の下に巨大な煙突が潜り込んでいることもあり、このような巨大な艦橋になっています。

DSC_5729

正面から見ても、遙かに摩耶のほうがマッチョです。
空気の取り入れ口がやたらはみ出していて、凄いことに。
実物見たら凄い迫力なんだろうなぁ…

DSC_5704

純正のエッチングパーツですが、フライホークのものと比べると遙かに取り扱いが簡単です。
厚めの真鍮板で作られているので、取付が簡単なんですよね。
上はジャッキステーを比べたものですが、いつも使っているジャッキステーが右側、フジミ純正のエッチングパーツのものが左側です。
フジミの純正品は、あらかじめ煙突のカーブになっている上に、接着する部分が点ではなく線になっているので、接着がとても簡単なのです。

DSC_5706

煙突に取り付けるとこんな感じになります。
結構ぶ厚いのが見て解るでしょうか。
ジャッキステー、この形状だと取り付け簡単なのですが、精密さでは劣ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*