NEC N8103-130をMegaRAID SAS 9260-8iに改造してSATA3に対応させる方法

LSI LogicのMegaRAID SAS 9260-8iといえば、一昔前の定番RAIDカードです。
6Gbps SAS/SATAに対応、キャッシュメモリも512MBと大容量で、今でも十分使えるカードだと思います。
しかし…本格的なRAIDカードの例に漏れず、価格が高いのがネックなところ。
ヤフオクでもLSI Logicのカードはかなり高い値段で取引されています。

そこでお勧めなのが、NEC向けのOEM品である、N8103-130を安価に購入し、改造する方法。
N8103-130は中古で5000円~くらいで購入可能です。
※安価な掘り出し物の場合の価格で、よく見かけるのは執筆時点では10000円弱程度の価格帯です。

注意点としては、

  • DOSを使ってファームウェアを書き換える必要がある
  • キャッシュメモリが256MBと半分しかない
  • N8103-129を買ってしまうとRAID5が使えない

という点になります。
N8103-129とN8103-130の見分け方は、カード正面から見て左下に、小さい基板が載っているかどうかです。
基板があれば130、なければ129です。
※RAID5を使用可能にするためのハードウェアキーで、残念ながらFastPathではない

img

 

上の○部分に基板が載っています。

改造してみる

改造方法は割と簡単です。
わかりやすくまとまっているサイトがありますので、こちらを参考にされると良いかと思います。

N8103-130(LSIロジック製 9260-8iのNEC OEM品)のファームウェアを9260-8iへ書き換える(2013/01/13)
http://www.gun-soft.com/raid/n8103-130.html

●書き換え手順

  1. Creating FreeDOS USB boot stick for BIOS flashing(http://goebelmeier.de/bootstick/)より、bootstick.zipをダウンロードし、FAT32でフォーマットしたUSBメモリ上に解凍する。

    解凍したらコマンドプロンプトを起動し、USBメモリのドライブに移動。(Xドライブであれば、コマンドプロンプトでX:を入力してEnterキー。環境に合わせてXを変更)
    続けてコマンドプロンプトで次のように入力。
      
    syslinux\syslinux.exe -fma X: ← X:は環境に合わせてUSBメモリのドライブ名に変更にすること。
    xcopy usb-root\* X:\ /E /H /I ←

  2. 海外掲示板で9260-8i関連のSBRやBIOSをまとめている人がいるので、以下より、sas2108.zipをダウンロード。
     (リンク先の最初の書き込みの「sas2108」というリンクをクリック。
      SAS2108 (LSI 9260) based firmware files
     アーカイブを解凍して上記USBメモリーのルートディレクトリ(/)にコピーする。
      (色々ファイルが入っているが、基本的には書き換え用プログラムMegaRec.exeと、LSI版のSBRとクリア用のブランクSBRのみ使用する。)

  3. LSIロジックから最新ファームウェアをダウンロードして解凍し、romファイルをUSBにコピー。
    (mr2108fw.romというファイル。2013/1/11現在、最新バージョン4.9)

    LSIロジック 9260-8i情報ページより、純正ファームウェアをダウンロードしてくる。
    ページ中の、「サポートとダウンロード」部分をクリックし、出てきた中の「Firmware」をクリック。
    最新バージョンの一番右のdownloadの矢印を押して移動したページで、Acceptを押すとダウンロード開始。

  4. (1)で作成したUSBメモリーから起動する。(boot:という表示が出た後にEnterキーを押下)

  5. SBRをバックアップ

    megarec -readsbr 0 old.sbr

    ※コマンド中の「0」は最初に見つかったカードの通し番号です。
    もし、複数のカードを差している場合は、数字が変わる可能性がある為、間違いを防止するためには書き換えるカード1枚のみ差して作業するのが安全ではないかと思います。

  6. ブランクのSBRをカードに書き込み

    megarec -writesbr 0 sbrempty.bin

  7. 9260-8iのSBRを書き込み

    megarec -writesbr 0 sbr9260.bin

  8. flash領域をクリア

    megarec -cleanflash 0

  9. PCを再起動し、再びUSBメモリからDOSを起動

  10. 9260-8iのファームウェアイメージを書き込み。

    megarec -m0flash 0 mr2108fw.rom

 

なお、私の持っているカードは9260のSBRを書き込もうとしたところエラーが出て完了せず、先に9260のファームウェアを書き込み→再起動→9260のSBRを書き込みで完了しました。
ファームウェア書き込み後、初回起動時はRAIDカードのBIOSを認識するのに2分くらいかかるので放置しましょう。

BIOSを書き換え、SATA3対応に改造したあとに、SAMSUNG SSD 840を繋いでベンチマークを取ってみました。

img

マザーボードのSATAコネクタに比べると遅いですが、SATA2の上限を突破しているのがわかります。

バッテリーを搭載してみる

キャッシュメモリ搭載のRAIDカードで怖いのが、停電によるデータ破損。
メモリ上にデータをキャッシュしているため、電源が落ちるとメモリ上のデータをHDDに書き込むことができず、破損してしまいます。
キャッシュメモリを読み込みだけに使うライトスルーにすれば回避できますが、パフォーマンスが上がらないのが欠点。
そこで、バックアップ用のバッテリーが重要になってきます。

しかし、このバッテリーがまた高い。
しかも消耗品なので買い換えないといけないし…

というわけで、ついでにバッテリーも中古品を買って流用しましょう。
狙い目なのは、N8103-120というバッテリー。
このN8103-120はN8103-116/117/118/116A/117A(MegaRAID SAS 8708EM2のOEMモデル)用のバッテリーですが、実はMegaRAID SAS 8708EM2も9260-8iも、どちらもLSIiBBU06というバッテリーを使用します。
コネクタも同一ですので、ちゃんと搭載可能です。

ただし、古い製品なのでバッテリーがへたっている場合が多いのと、もう一つ大きな問題があります。

N8103-120と、N8103-124という型番のバッテリーバックアップモジュール(両方ともiBBU06のNEC向けOEM品)を使ってみたのですが、フルチャージ時の容量が700mAh弱が規定値なのですが、ファームウェアを改造したことが原因なのか、最大容量が1215mAhと表示されてしまって、ステータスがFailedまたはDegratedになってしまう症状が発生しました。
iBBU06のバッテリー容量は675mAhなので、当然搭載されているバッテリーは1215mAhもの容量を持っていません。
この1215mAhという容量ですが、iBBU07の容量と一致するため、どうやらiBBU07と誤認している可能性があります。

誤認しているのであれば、N8103-120のバッテリーを1200mAhのものにしてしまえばいいのです(爆
バッテリーの電圧は3.7Vと一般的なリチウムイオン電池と同じですから、あとは同容量程度のものを探せばOKです。
お勧めはカシオのNP110というバッテリー。
薄型で容量も1200mAhですから、ピッタリです。
※中華製の互換バッテリーは容量スッカスカで表記は嘘っぱちですから、購入しないように。純正中古の方が全然マシです。

img

薄型で1200mAhと理想的なバッテリー。

改造は、バッテリーを外す→繋ぐだけ。
くれぐれも+と-は間違えないように。
T端子は温度センサーなので、接続しません。

 

img (1)

端子を繋ぐだけでOKです。
写真では外装を剥いてますが、これはやらないほうがいいです。
失敗するとバッテリーが死にます。

 

N8103-130 バッテリー交換

こちらはNP110に交換する前に使っていた、カシオの携帯電話用バッテリー。
600mAhなので大きさ的にピッタリでした。
端子の位置が違うので、リード線を使って配線しています。

 

N8103-130 バッテリー交換

NP110を搭載するには、ケースサイズが小さいので一部を切断しています。
バッテリー容量が倍近くなりますから、そのままではケースに収まらない為です。
厚みがないバッテリーですので、取り付けは問題ありません。

交換が終わったら、relearnを行い充電します。
容量が1200mAh近くになり、Optimalになれば成功です。

batt

 

中古のバッテリーを購入したため少し劣化していましたが、Design Capacity 1215mAhに対し、Full Capacityが1181mAhと十分。
現状少しへたって915mAhですが、まだまだ大丈夫でしょう。
ダメになったら、似たようなバッテリーに載せ替えるだけですので、長く使えると思います。


2 thoughts on “NEC N8103-130をMegaRAID SAS 9260-8iに改造してSATA3に対応させる方法

  1. 本当に助かります。以前から改造方法のN8103-110バッテリの交換探していました。追加にN8103-130を9260-8iに改造を試して見ます。結果はまた連絡を致します。

    • お役に立てたようで良かったです!
      Firmware書き込み後、初回起動はフリーズした?と思うくらい長い時間がかかりますが、気長に待って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*