艦これからWorld of Tanksの山猫に浮気中

最近ブログの更新がほぼ止まっておりますが…仕事が忙しいこともあるのですが、ちょっと時間があるとプラモではなくWorld of Tanksをプレーしてしまっているからなのであります。
1戦5~10分くらいで終わりますし、展開もサクサク早いのでちょっと時間があるときにプレーしているのですが…なかなか勝てなくて、気づくと1時間なんてこともorz
そんなこんなで、プラモを作る時間と、艦これを遊ぶ時間は皆無なのであります。
艦これ、そういえば夏イベント以来放置だなぁ…

そんなWoTですが、今のところ好んで使っているのが、ドイツのPz.Kpfw.II Luchs(II号戦車L型 ルクス)。
Tier4に属する軽戦車なのですが、“山猫”というニックネームのように丸っこい愛嬌のあるフォルムに、軽快な足回りと小回りの効く俊敏さが相まって、とても楽しい車両になっています。
WoTでは、戦車の強さによってTierというレベルが設定されており、強さがある程度均等化されるよう、Tierによってチーム編成が自動的に行われます。
LuchsのTierは4ですが、少し前までは3だったとのことで、3でこの性能は強すぎだったんじゃないかな、と。

_shot_025

最近愛用している山猫ことLuchs軽戦車。
小回りが効いて楽しい車両です。

私の愛用しているLuchsですが、なぜかTier6~7の面々と組まされることが多く、大口径の主砲を搭載した重戦車相手に逃げ惑う日々が続いております。
主砲は3cm M.K.103を愛用していますが、95mm程度の装甲は貫通可能なので、Tier5程度の中~重戦車であっても、後ろや側面に回り込んで10発たたき込めば破壊できる可能性があります。
といっても、主砲を撃つと位置がばれるので、撃つのは市街戦や走りながらの接近戦に限られ、普段はほぼ茂みに隠れてずっと遠くを伺っています。

_shot_012

高Tier戦場に放り込まれた、山猫一匹。
後ろの方々の勇士が力強いです…

足回りは快適そのもので、減速せずに段差に突っ込んでしまうと、そのまま宙を舞って着地と同時に履帯破損、なんてこともしばしば。
斜めに突っ切るか、一時的に減速することを心がける必要があります…
ただ、この快足のおかげで、逃げ回ったり、HPが少ない敵の側面に回り込んでにとどめを刺したり、といったことが出来るのも楽しさのひとつ。
といっても、高Tierの戦場だと遠くからでも偏差射撃でぶち抜いてきますので要注意です。
あと、戦場をまっすぐ突っ切るのも要注意。すげー神業で自走砲をぶち当ててくるプレーヤーもいますので…

_shot_030

空を飛ぶLuchs。
これくらいなら着地しても履帯が破損しないギリギリのラインです。
砂漠のマップなどでは、砂丘の上から勢いよく飛び出して破損、
なんてこともありますので要注意です。

最近やっとPz.Kpfw.VI Tigerを手に入れたのですが、重戦車をプレーしていると軽戦車の視界のありがたさが身にしみてよく解ります…
というか、重戦車の戦い方がまだ慣れていないのもあって、速攻でやられたりしてます。
迷惑かけすぎですね…と思ってWikiを読んでいたら、Tigerって結構もろいんですね。
豆腐とか言われていたりするらしいのですが、確かに納得…
傾斜装甲で身を固めた同格戦車と比べると、立方体の車体に切り立った砲塔は、喰らうと明らかに痛そう。
結局、Tigerではなかなか経験値が稼げないので、Luchsでちまちま戦って経験値を貯めることにしています。

shot_018

やっと購入できたTiger。
主砲の長さがステキな戦車です。
ただ、切り立った車体は避弾経始なんて考えていないステキ仕様なので、
30~45度程度、常に敵に対して斜に構える必要があります。

Luchsで貯めた経験値でTigerを買い、Tigerに載ってみたら軽戦車の軽快さを再発見した感じです。
個人的に軽戦車のほうが似合っているのかもしれん…
というわけで、最高速度64km/hを誇るイギリスのCromwellを開発すべく、現在再度経験値貯蓄中。
Tigerですべて経験値を使い果たしましたが、やっとCovenanterを開発するくらいは貯まったよ…

Covenanterですが、なんといっても紙装甲で喰らったらまず吹っ飛ぶ感じなのですが、15度も取れる主砲の俯角がものすごい楽しいです。
主砲はOQF 3-inch Howitzer Mk.Iにしていますが、山なりに飛んでいく主砲が当たると、それもまた楽しいので、遊び甲斐があります。
あまりにも発射速度が遅いので、隣で他の戦車が遅れて発砲したのに、そちらのほうが先に当たっている…なんてこともあったり。
外れた?と思った頃に敵撃破のメッセージが聞こえたりする、なんとも楽しい車両に仕上がっています。

_shot_038

正面から見たCovenanter戦車。
砲塔の一部しか見えていませんが…

_shot_039

横から見るとこんな感じ。
俯角を取ることで、車体の露出を最小限に抑え、相手を狙撃することが可能です。
自衛隊の戦車は俯角が多めに取れるものが多いのですが、
山岳地帯や丘が多い日本に適した設計になっているから、という一面もあります。

「nuts2002」という名前でプレーしていますので、もし見かけたらお気軽にフレンド登録などしてくださいませ~
Tigerでもっさりしたプレーで撃破されてしまっているのを見かけたら、そっと放置しておいてください…orz

ちなみに、Luchsのプラモデル、国産だと無いんですね…
しかもWoT人気か輸入版もほぼ入手困難なレベル。
いつか作ってみたいですね~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*