真空管が50本に達しておりました…

DSC_7595

tube

…というわけで、備忘録を兼ねてメモってみたら、ちょうど50本ありましたorz
まあ、アンプが4組5台あるし、そりゃそれなりの数にはなるわな。

お気に入りの球もいくつかあるのですが、その中から3つピックアップするとしたら、以下となるでしょうか。
1位:KEN-RAD 2A3
2位:Westinghouse 6V6G
3位:RAYTHEON CK1006

KEN-RAD 2A3

KEN-RAD 2A3

なんといっても味わい深い音と、カーボンスートされた強烈なビジュアルが印象的。
すでに製造を終了している管で、RCAに比べて出回る数も少ないように思います。
2枚プレートですが、丸みを帯びていないアンドン型のプレートとなっています。

Westinghouse 6V6G

DSC_7605

製造元はMarconiですが、箱のデザインはこちらのWestinghouseの方が好み。
Electro-Harmonixの6V6と交換したら音が激変してびっくり。
現在ペアで使用中ですが、そこまで高くない球なので予備に2つ持っています。

RAYTHEON CK1006

DSC_6909

なんと言っても見た目が綺麗な真空管。
ガス入りなので、整流している状態だと青白く輝きます。
とても美しい管ですが、ノイズが載るのがデメリット。
よく見ると点滅しており、おそらく電源の周波数の50Hzでもって点滅を繰り返していて、それがノイズに繋がってるのかなーとか。
なんか蛍光灯っぽい??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

*